2014/6/12

セラフィンのレクイエム  SPレコード


クリックすると元のサイズで表示します
Victer Japan JAS-175 78rpm(80rpm)


イタリアの名匠、トゥリオ・セラフィンが指揮をしたヴェルディのレクイエムである。同曲の全曲録音としては、2度目らしいのだが、録音が古いとは言え、78回転盤特有の硬質感と音そのものの勢いは、とても聴き応えがある。収録年は、1939年8月である。私の所有するレコードは、見た通りの国内盤だが、この頃の盤質は、とてもムラがある。幸いこれから紹介するものはプレスの状態も普通程度だが、ものによっては酷いものもあるそうだ。とは言え演奏は素晴らしい。「怒りの日」での大袈裟な演奏が多いせいか、有名過ぎる代償として、外的なものもよく耳にするが、巨匠の演奏では寧ろ楽曲の静的な面が活かされており、改めて「死者の為の鎮魂曲」である事を知らしめてくれる。しかしながらこのレコードは、楽曲の一部にカットがある。恐らく収録時間の関係だろうが、聴いてみると演奏が充実しているせいか余り気にならない。それに独唱者も当時のイタリアでのベストである。紹介すると、ベニャミーノ・ジーリ - Beniamino Gigli (テノール)・エツィオ・ピンツァ - Ezio Pinza (バス)・マリア・カニーリア - Maria Caniglia (ソプラノ)・エベ・スティニャーニ - Ebe Stignani (メゾ・ソプラノ)の面々であり、合唱と管弦楽は、ローマ歌劇場合唱団とローマ歌劇場管弦楽団である。此処で一言加えるが、ローマ歌劇場管弦楽団の音を始めて聴いた時は、物凄く地味な音色の楽団に聴こえたのだが、後年の録音で聴いてみると繊細で、柔らかい音色で関心してしまった覚えがある。実はその印象は、只硬質なだけにしか聴こえなかった、ドレスデン・シュターツカペレにも同じ事が言えるのだが、つまり録音技術の恩恵は、そんな処に現れるものかと思った訳だ。印象とはそんな事でも変わるものだ。前置きが長くなった。此処からが、このレコードの感想である。「もう充分ではないか?」とも思うが、掻い摘んで述べよう。導入部は深刻だが、伴奏が柔らかく受け止めているので程々の緊張感で深刻過ぎないのが良い。そして合唱も何となくラテン系気質が感じられてバランスも取れている。「キリエ」の独唱は流石に聴き応えがある。特にジーリの空っとした明瞭な歌唱には惹かれが、ピンツァの安定感も然りである。だが、女性陣も決まっており、手堅い巨匠の指揮も統制が取れており、安心して聴ける。そんな感じなので、「怒りの日」も度を過ぎないので聴きやすい。何故かと言えば、下手に細工をすると全体の印象が、とても安っぽいものとなり、只、それだけの演奏で終わっているものも多々在るからだ。審判の喇叭も楽曲の流れに添っており、次に歌われるピンツァの独唱も節度を極めているので、他の独唱者との調和も取れていると思う。スティニャーニの歌唱も格調高い。三重唱を聴いていると、まるで歌劇の一場面かと勘違いをする位だが、歌手が此処まで揃っていれば何も言う事もない。それにこの楽章は長いので、そんな落し処がないと聴いている方が疲れてしまう。勿論、四重唱も美しい。処々の間も「阿吽」の呼吸を感じさせる。時に演奏者達が渾然一体と音楽に没頭してしまっている箇所も在るが、その真摯な姿勢こそが真の芸術であり、再生音楽をも超越した瞬間を感じた。「我あやまちたれば嘆き」と歌うジーリは名唱だ。長大な怒りの日は、そんな感じだ。「奉献歌」は、流石に素朴だが、ヴェルディ故に光の当て方が違う感じがする。此処でも独唱者達の充実した歌唱が魅力だ。「聖なるかな」は、やはりイタリア人としての気質を感じずにはいられない。これを聴くだけでもヴェルディの醍醐味を堪能出来る。オール・イタリアン・メンバーで聴くヴェルディはやはり良いものだ。リズムの間とかには、確かに他の民族が成し得ないテンペラメントがある。続く「神の子羊」は、スティニャーニとカニーリアの歌唱技術に惹かれる。それと「絶えざる光を」の澄み切っていながらも力強い表現は時に何と信仰心に溢れた慈悲深いものだろうかと思う。終章に辺る「我を救い給え」は、神に対する主張だが、交互に怒りの日が表現される。だからこその願いだろうが、切実な孤独感は強い説得力を持っている。



クリックすると元のサイズで表示します

ND 632-41



人気ブログランキングへ 

0

2013/2/22

世界初録音の皇帝  SPレコード


クリックすると元のサイズで表示します
H.M.V D 625/629 05694/05703 78rpm
wax.Cc1182T.Cc1183T.Cc1184V.Cc1185W.Cc1186U.Cc1187T.Cc1188U.
Cc1189W.Cc1190V.Cc1191U



リスト最後の弟子と言われたフレデリック・ラモンド(1868-1948)のレコードである。リスト他界時のラモンドは、17歳であった。古くの音楽ファンには、SPレコードで聴かれて御存知の方も居るだろう!録音歴は古く喇叭吹込時代から記録が在るが同時期にピアノ・ロールにも記録が在る。ここでは、世界初の全曲録音に成った皇帝協奏曲のSPレコードを紹介しよう!収録は、1922年である。楽団は、ロイヤルアルバート・ホールのオケである。指揮は、ユージン・グーセンス(1867-1958英)である。当初、私は感違いをしていたのだが、例のポルノ写真所持スキャンダルの息子(1893-1962英)では無く、ヴァイオリニストで指揮者の父上の方である。さて、この演奏は、歴史に残る貴重な部類のレコードである。ピアニストのF・ラモンドは、F・リストの最後の弟子でH・V・ビューロにも師事した事の在る人である。そのピアニストが弾くこのレコードが歴史的に重要で無い訳が無い!録音年代的に蓄音機で聴くのがバランス的にも良いので是で聴いてみた。


クリックすると元のサイズで表示します



さて鳴らしてみると意外に鮮明な音質に驚くが、喇叭吹込みも末期なので改善されているとみて良いだろう!テンポも快適で流れる様な軽やかな滑り出しはラモンドが技巧的にも絶好調だったと言う事が解かる。こんな滑らかなピアノは、この曲で聴いた事が無い!実は、この曲は、私は苦手で下手な演奏に掛かると、只大仰なだけで音の塊しか感じられない!これは伴奏者にとっても難しい曲なのかも知れない!しかしグーセンスも古い録音にも関わらず卓越したリズム感で見事に答えており、卒が無いのに品が良い事にまたまた感心してしまう!色彩感も感じられるのだから見事なものである。ピアノの音もエレガントの極意で流石にリストの弟子と唸らせる。歴史的な名盤と言う物は、数多く在るが、何故そう言われているか由縁が解かる気がする。こんなに洒落た第1楽章は稀である。似た様な傾向の演奏にK・ベームとM・ポリーニのレコードが在るが技巧は見事なものの洒落たリズムに乏しく、全く、これには及ばない!第2楽章も傾向としては同様だが、天に向かって音楽を奏でている様で、天衣無縫の世界観が在る。確信に満ちたタッチで在りながら少しも無骨に成らないのも素敵である。終楽章の出だしもエレガントの極意である。ピアノの素晴らしさが本当に解かる演奏だ!これぞ音楽に満ち溢れた名演と言えるだろう!

尚、指揮者については拍手コメント欄により御指摘が在りました。情報ありがとうございました。

人気ブログランキングへ 


2010.5.14 投稿記事より訂正
2

2012/6/2

作曲者確証に難儀した曲  SPレコード


作曲者確証に難儀した曲が在る。それは通称「おもちゃの交響曲」と言われる小曲なのだが、私が始めてこの曲を知った時は確かアマデウス・モーツァルトの父上であるレオポルト・モーツァルトの楽曲として認識していたが、更に過去に遡ってみると何とヨーゼフ・ハイドンだとも言う?とても不思議なので何故そんな経緯となったのか気に成る処なので参考としてウィキデペアから検証結果を転載しよう!http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%82%82%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%AE%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2


「迷走した作曲者探し」

「おもちゃの交響曲」の真の作曲者探しは迷走に迷走を重ねた。自筆譜が存在しないこと、またこの交響曲の成立に関する手紙等の二次資料がないため、確証は得られなかった。18世紀からもっぱらフランツ・ヨーゼフ・ハイドンの作品ということになっていたが、これは当初から嫌疑がかけられていた。つまりヨーゼフ・ハイドンの他の作品と比較して、あまりにも単純、よくいえば田園的だからである。次なる候補は・ハイドンの5歳年下の弟ミヒャエル・ハイドンであった。ミヒャエルはザルツブルク在住でモーツァルト親子とも親交があり、モーツァルトの最後の交響曲第39番、第40番、第41番のモデルとなる交響曲を作曲した程の才能の持ち主であった。しかし、これも確証が得られなかった。さらに同時代の大天才モーツァルトの作品に違いないという、半ば夢想的なことも言われてきた。

事態が大きく動き出したのは20世紀も半ばにさしかかった1951年、レオポルト・モーツァルトの作曲とされるカッサシオン(全7曲)が、エルンスト・フリッツ・シュミットによりバイエルン州立図書館から発見され、その一部が『おもちゃの交響曲』と同一であることが判明した。

モーツァルトの父として、音楽史に燦然と輝くレオポルトであったが、作曲家としては、ほとんどその作品を後世に残していない。その父モーツァルトが『おもちゃの交響曲』を作曲したというニュースを、世界中の音楽ファンは納得をもって受け入れた。またこの事実から、今日の音楽解説書では、レオポルトの作品ということが定着している。

1992年、オーストリアのチロル地方から驚くべきニュースが入ってきた。それはチロル地方シュタムス修道院(Stift Stams)の音楽蔵書の中から、1785年ごろ、当院の神父シュテファン・パルセッリ(Stefan Paluselli, 1748年-1805年)が写譜した『おもちゃの交響曲』の楽譜が発見されたのだ。そこには同じくチロル出身で、今日全く忘れ去られた作曲家エトムント・アンゲラーが1770年ころに作曲したと記されていた。

エドムント・アンゲラーの活動とこの交響曲の作風、あるいは木製玩具の製造地であるバイエルン州の著名な保養地ベルヒテスガーデンがほど近いことなどから総合的に判断して、今日これを覆すだけの説は出ていない。

なおベルヒテスガーデンの木製玩具は18世紀のヨーロッパでは広く知られており、今日なお名産品となっている。またこの交響曲が最初に出版された時、作曲者としてハイドン、またタイトルとして『こどもの交響曲』が出版社の判断で付けられた。『おもちゃの交響曲』は英語圏でのタイトル「Toy Symphony」に由来する。



クリックすると元のサイズで表示します
Nippon Columbia W83 wax.6046,6047 78rpm



結局、現在ではエトムント・アンゲラーが作曲したと言うのが定説の様だ。しかしながら私の頭では未だにレオポルト・モーツァルトの印象が濃い!皆様は如何だろう?此処でレコードを紹介しておこう!SPレコード時代では恐らく代表盤だと思われるフェリックス・ワインガルトナーの演奏だが、巨匠がこの曲を録音したのは、1931年なので勿論、ヨーゼフ・ハイドンと表記されている。楽団はレコード用に編成されたブリティッシュ交響楽団である。さて演奏評だが、テンポはどちらかと言うと早めでサラリとした印象で品良くまとめられている。私の持っているレコードは、日本コロムビア盤だが盤質も良く何の問題も無い!

人気ブログランキングへ
 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ