(注 このブログは美容室での残念な出来事がこれから数多く出て参りますが、

けっして残念な美容院ってなわけではございません。

ご理解いただけますと大変書きやすいです。

("`д´)ゞご協力願います!

2006/5/14  形状記憶デジタルパーマ  日記

最近。。というより、店始まって以来夏のパーマは嫌いだった隊長が初めてみんなに勧めているパーマ☆デジタルパーマ!!

だいたい夏に大きなパーマでカールを出したがる心境が私にはわからない。ただでさえ湿度高いのに、再現性の低い大きなカールを出したがる意味がわかんない(^^;

だってみんなブローやセットを家でするの嫌いでしょ??少なくてもうちに来ている人はほぼ全員きらいな人か、放棄している人ばかり。。(もう少し女を磨こうよ。。)


簡単に家でスタイリングできるようなカットは隊長は出来る。

ただ、簡単に再現できるいまどきの巻き髪系パーマなどのスタイリングは家で簡単に出来るはずが特に夏は無い!そう断言し続けて夏のパーマはかたくなに“パーマいらんでしょ??”ってやってきた。この8〜9年。とうとうというより初めてパーマを勧めたいと思うくらいの革命的な技術がここ日本に生まれたw

もともと韓国で火がついて、ここ日本に入ってきたのがここ2〜3年前。このデジタルパーマにはまった方が非常に興味深く実験や失敗を繰り返しながら成功への道を築き上げてきたのを目の当たりにしてきて時期はとうとうきた!!って思い、昨年の夏の終わりにこの技術を買った。

あとは臨床試験を実際にやりながら奈良でデジタルパーマが流行るのを待つだけw



って思ってたww


なかなかはやんない


縮毛矯正のころを覚えてる??
最初は2〜3万だったのが今の奈良の店はなんぼディスカウントしたことか この熱で加工する施術内容を私の知人たちはこぞって

“美容界のパンドラの箱を開いてしまった施術”

と評価した。つまり、私の考えは経験や勘ではお客様に出来ない技術で化け学を勉強しないと何度も出来ない施術ということ。

先に書いたが、矯正はほとんどの店がディスカウントしないといけない状況になった。これは、ちゃんとした勉強をしなかったからこうなってしまったってだけのこと。正直、勉強しないならさっさとこのメニューをやめてほしい。失客して他店に流れてくる女性を直してあげないといけないからだ。これはまさしく“パンドラの箱”であり、経験や勘で提供する技術ではない。

って、ここ2年くらい新規のお客様に愚痴ってきたことをあえてここでさらに愚痴ることはないんだけど、あえて愚痴りたかったww


はっきり迷惑やし。。。


前置きが長くなったが、デジタルパーマもまったく同じ。ちゃんと施術できないくせに金とったり、お客様に勧めんなよ。。。って言いたい。。だから全国的にものすごい勢いで普及しているこのパーマが奈良でまだ流行らないんだろうけどね。

ってなわけで、矯正のときと同じ、流行って廃れるのを待ってたんだけどたぶんまだまだ時間がかかりそうなんで隊長が初めてそのリスクを背負うことにした。元祖デジタルパーマの店って奴をねww

流行って廃れてきたとこで始めたほうが本当は楽。矯正のメニューがそうだっただけに、こんなリスクは背負いたくなかったけど高い機械を買って、タオルしか干せないままの使い方じゃもったいないし、矯正のメニュー展開を考えてたときより宣伝費持ってるしwwww





クリックすると元のサイズで表示します



早い話、デジタルパーマのページを作るのめんどくさいから、ここで書いちゃおうというのが本音wなんだけど、この画像はかけて乾かしてオイル付けただけの仕上がり。

再現性というより、素晴らしい仕上がりでしょ??コテで巻いて仕上げたと思わない??本当に適当に乾かして油つけただけの写真です♪

さて、かけたい人がいたらすぐに電話くれ?
それとまんどくさいからこの画像をかけたいうちに来てるデジタルパーマをまだかけてないみんなは見といてくれ。

すごいでしょ??



隊長とってもこのパーマにLOVEです。


本気で愛してますw


みんなでこの夏は毛先からフェロモンビーム出していこうぜwww
いい男見つけろよ??隊長がんばんから!!









































はい。。酔っ払い日記でしたww
0




AutoPage最新お知らせ