ミクの日?ザクの日?  アイマス/ニコマス関係

――前略 お元気ですか?
流れる季節の真ん中で、ふと日の長さを感じます。ハバネロです。
しばらくあんまり更新してなかったからいっぱい書くことがある件について。


●祝・四周年!
まずはオメデタイお話から。
例年通り(笑)、本日をもって当ブログ開設から四年が経過しました。
よく続いてるもんだと我ながら感心しますねw
もう時候の挨拶みたいになりつつありますが、これからもよろしくです。


●大阪オフ三連戦
先月末からやたらめったらオフづいておりますw
今ならオフ充けまらしいと言う気持ちを抑えられる!
2月28日はナファランPを迎撃に。
3月5日はゆうパックPを迎撃に。
3月7日はびたみんPを迎撃に。

二週間で三回も大阪行ってるとかどういうことなんでしょう。
某Pとは京都で会うよりも大阪で会っている回数のほうが多い気がします。何故だw
リアルの知り合いに会うよりもオフのほうが頻繁に開催されているとかどうなの。

皆さんホントに遠いところをおこしくださって、真に感謝カンゲキ雨嵐でございます。
遠くから来た人を迎えるのは楽しいものですが、迎えられるのもいいですよね。
夏こそは俺、東京に行くんだ……(ただし夏コミと院試の発表がかぶらなきゃ、だけど)


●新作あがったよ!!
と言う感じで、2月の半ばくらいからバイトとオフの合間をぬって動画など作っておりましたが、ようやく完成しました。

絵理誕生祭参加作品です!
アゴアニキPの「HAKOBAKO PLAYER」を使わせてもらいました!
これでひとつ、宿題が片付いたような気分ですw


さて、今回の選曲は私的には今までで一番素直に選んだと思うのですが、どうでしょうかw
この曲はヒキコモリの曲なので、元ヒキコモリのネットアイドルという設定を持つ絵理ちゃんにはぴったりじゃね?というインスピレーションが降りてきたのは去年の秋頃。

この曲自体は、それよりも前に友人から教えて貰ってかなり好きになってたのですが、アイマスで作るにはなかなかハードルが高いかな?と思ってました。
しかしそこで、絵理が登場したことによって「むしろこれしかないだろう!」という流れになったというw
何がどう転ぶやら分かったものではないですねw
しかも、ある程度色んなことが片付いて、ちょうど目の前に絵理誕生祭がやってくると言うまさに渡りに船な状況。

喜び勇んで製作に乗り出したはいいものの、今回も何だかんだで難産でした。
作品のコンセプトとしては、「絵理が最初の一歩を踏み出すまでを描く」ということをメインに据えて。
というのも、恥ずかしながら自分はDSを未だプレイしたことがないので、「どういうイントロで物語が始まるのか」しか知らないのです。
だったら、そのイントロまでをきっちり描ききろう、曲もぴったりあってるし、ということでこの内容になりました。

今回もオンリーロンリーグローリー同様に、ラストサビでハッピーエンドに持っていくためにかなり悩む羽目に。
最終的にプリコグの歌詞とHAKOBAKO PLAYERの歌詞をシンクロさせてあのような感じに仕立て上げてみましたが、どうだったでしょうか?
演出はもうひとつの絵理の持ち歌である「クロスワード」ともちょっとかけてますw

残る演出面の話としては、「箱」の存在を意識して、正方形、四角形、あるいはキューブっぽいトランジションなどをかなりふんだんに使ってみました。
窓、部屋、あるいはディスプレイ。
そういうものを「箱」として扱ってます。

絵の話。
今回はモノクロじゃなくて、主線も塗りも全部青っぽい色調で統一してみました。
結果的に、あんまり暗くなくてちょっと爽やかで繊細?みたいな感じが出てよくなったんじゃないかと。
実は最初に描いた一枚だけ青の色調が若干群青寄りになってるのですが、直すのがめんどくさいのでそのままにしました。怒られそうですねw

今回の作品も、(数字の話はさておくとしても)なかなか面白いことが出来たんじゃないかな、と思います。
ただ、誕生祭に結局遅刻してしまったことだけが悔しい!
たぶん当日の0時に上げられてたらもうちょっと沢山の人に見てもらえたかなあ、とか。

これを教訓にしてもうちょっと余裕を持って動画を作れればなあ、と思うんですけど、まあ無理でしょうねwww

というわけで、これからも崖っぷちで動画制作に勤しむ僕をどうかよろしくお願いします。


それでは皆様、Ci Vediamo!!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ