愛あるかぎり戦いましょう  スクールランブル

――前略 お元気ですか?
昨日はマジで死んでました、ハバネロです。
クリックすると元のサイズで表示します
まさにこんな状況でありました。よって更新も出来ませんでした…orz
今日も起きたのが12時過ぎでした。もうしんどくてしんどくて…。
下手すりゃ一日中寝てたかもしれません。
そんな僕を目覚めさせたのは、今日が蒼星石の最萌出場日だという事実。
思いださなかったら今頃起きてたかどうか。
「好きな人のためなら頑張れる」ってね。(何のセリフでしたっけ、これ)

今日から国体休業につき6連休です。イエイ。できるだけ有意義に時間を使わないとね。

で、昨日更新できなかったお詫びと言うか代わりと言うか、久しぶりに水銀魂を更新しました。
今回は次から始まる第二部への繋ぎですので、オチもヤマもない酷い出来ですが。
とりあえず第二部に期待して下さいな。

<スクールランブル二学期 最終話「.(ピリオド)」感想>
八雲の前に現れた幽子。
播磨の好きなのはあくまで天満であると思うがゆえに、自分の気持ちを捨ててまで播磨の所に天満を差し向けた八雲。それは本当に自分の意志なのかと問いかけて、幽子はさって行きました。
八雲はいい子なだけに、自分を押し殺して他人を優先する節がありますからね…。
それがおにぎり展開が進まない最大の原因なのですが、かといって自分優先な八雲ってのもねえ。
…ってアレ?
天満が好きなのは烏丸。そして、播磨が好きなのは天満。
八雲は「姉さんの幸せをいのって…」って言ってますがおかしいよソレ。
天満の幸せを祈るならば烏丸とくっつけてあげなきゃ駄目じゃない?

ちっちゃい頃の八雲と天満の話をここで入れるとは中々うまい構成ですね。
でも塚本父のシルエットがどうみても言峰のオッサンに見える僕はどうすれば。

一方天満は播磨があの時の変態さんだと気づいてしまいます。
必死に弁明を試みる播磨ですが、どうしてかこういう時の天満は強情なので、聞き入れてくれる気配なし。
そんな時、ジンガマの編集から播磨に電話が入り、「二条先生(=烏丸)が事故にあった」という知らせが。

烏丸の事故の一報に動揺する天満を連れ、嵐の中バイクで飛び出す播磨。
しかし、雷が…!!
病院で目覚めた天満。どうやらかすり傷ですんだ模様。
安心する八雲の微笑が…。
一方の播磨は腕を骨折。トラックに跳ねられてその程度とは…。
絃子さんも呆れてますね。
そして烏丸が五体満足で登場。
事故じゃ無くてジーコかよ…。なんてか微妙。
そういえばジーコは、トルコ一部リーグのフェネルバフチェというチームの監督に就任しましたが、「失点が多すぎる」という理由で、チームは首位にも関わらず、クビにされそうな勢いらしいですね…。

少し横道にそれました。
冬休みが終わり、新学期が始まります。
播磨の手には退学届けが。そして、天満を避けようとする播磨ですが、天満が追っかけてきてエライ事に。
そして何故か東郷&ハリーも追走。最終回まで笑わせてくれるぜ…。
そしてイマイチが鉄板なようで安心した。

ついに屋上にまで到達した2人。
が、どうやら天満は昨日の記憶をなくしてしまった模様。
そして「三匹が斬られる!」のビデオを播磨に渡し、「また一緒に盛り上がろうね」と言ってその場を後にします。
まだ俺は終わってねえ…と退学届けを破り捨てる播磨。
いやもう王道展開は終わってる気がするんですが

EDはまあいい感じでした。修学旅行の話し合いから何故か枕投げ大会になって、枕の直撃をくらってしまう姐さんが何かイイですね。ムキになって反撃しまくるのもイイね。
(何だかんだいいつつ、僕は晶が好きですね…)
そして花井は可哀想。
原作でアソミコが消滅してなかったら僕はやるせなくて泣いてたに違いない。
でもこのEDを見る限り、何か第三期やりそうな予感。
修学旅行編だったら最悪見ないかもしれませんが…原作のラスト次第ですね。

そして、夕暮れの街を歩く八雲とサラ。
アレか、やっぱり八雲×サラ展開なのか?(ぇ
いい感じで終わろうとしてたのに、最後のオチで何ともやるせない気分に…。

作品全体としては、「原作よりマシ」という評価が妥当でしょうか。最終話のアレは無いよ。一期のようにギャグでまとめるならまだしも…。
やっぱり文化祭編以降のパワーダウンは否めない気がします。
第三期、あるいは続編としてOVAを作るならば、その辺の調整というかテコ入れが必要になるかもしれません…。特に原作で最も評判の悪い修学旅行編をやるのであれば。
全体的なパワーとかテンションとかは、やはり第一期の方が上回っていた様に感じました。

<レス>
★洸さん
ええそうです。
もし今日じゃなかったら多分今日も更新してなかったことでしょう。
支援感謝です。蒼星石も喜んでくれてますよ。
結果を楽しみに待ちましょう。


それでは、次回の更新でお会いしましょう。
体は剣で出来ている(挨拶)
0

Hammaer to fall  バトン回答

――前略 お元気ですか?
二日連続で模試が返却されるという地獄を体験しました、ハバネロです。
結果は昨日返ってきたヤツと似たりよったりでした。
またしても国語が暴走…友人には、「文系じゃねーの?」とまで言われました。
そう言えば、昨日帰ってきた方、うちの学校から受けた奴は軒並み判定だったそうで。
ちょっとびっくりでありました。
しかし、この程度で負けるわけには…!!

<先にレス>
★鰯鰤さん
ありがとうございます〜…うりゅりゅりゅ…(涙)
実際に経験した方からのアドバイスはやっぱり重みがあるです。
俺は頑張りますよ、師匠!!


以下、戸塚本さんの所から持って来た強制バトンです。
見た人はやっちゃって下さいね〜。
続きを読む
0

安定しないね、色々。  ARIA

――前略 お元気ですか?
夏に受けた模試の結果に打ちのめされているハバネロです。
志望大対策の模試だったんですが…悲惨でした。
国語の偏差値がバカみたいに高く、英語も平均を越えていました。
なのに、理系教科が軒並みノックアウト。
…私はホントに理系なんでしょうか?
判定も普通にDだし…。
この悔しさをバネにして頑張ると致します。
まだだ、まだ終わらんよ!!

昨日は内燃機関が不調でした、私の。
(関係ないかもしれませんが、クラスの友人の一部は私がサイボーグだと言う説を唱えております…暁か!!)
家に帰ってローゼンを読み、ホスト部を見て夕飯を食い、更新を終えたあと、いつもの様に日参サイトさんを巡ってたんですが…パソコンつけたまま途中で寝てました。
目覚めて、これはイカンと勉強に向かったんですが…問題考えてたら寝てました。
頭は重いし鼻は詰まるし目は痛いし…本当にコンディション最悪の一日でありました。


<ARIA the NATURAL 第25話「その 出逢いの結晶は…」>
いつも通りの感想の前に、まずひとこと言いたい。
スタッフさん、作画は安定させてください!!
特に前半は酷すぎます。後半はそれなりに持ち直してたと思いますが。
レデントーレのエピソードは原作の時から大好きな話だったのに。
アリスちゃんがとっても可愛かったのに(ぇ
でっかい残念でした。

何だあの酷すぎる作画は…あんたらホントにプロなのか?!
ずっとハイクオリティな作画なんて無理は言いません。だけどせめて、質を安定させる努力はして欲しいです。
これ以上文句言っても仕方ないので、とりあえず、来週は、せめて来週だけは、最終回にふさわしいクオリティをお願いします。
何と言ってもアリシアさんがメインですからね!!

…さて、柄にも無く取り乱してしまいました。
それでは本筋に参りましょう。

灯里たちは衣替えも済ませて、ネオ・ヴェネツィアはもう秋。
灯里は、アイちゃんからメールが来なくなり、ちょっと心配の様子。
今年のレデントーレについて話し合う三人ですが、アリスちゃん、去年寝てたの?
らしいと言えばらしいような…?

ARIAカンパニーに戻った灯里たちを待ち受けていたのは、アリシアさん、晃さん、アテナ先輩。
三人に、また特訓…?というイヤーな予感が走りますが、見事的中。
何と、灯里たちにレデントーレの屋形船を一艘用意し、接客をすると言う修業を行うそうです。
何となく言いだしっぺは晃さんのような気がしてなりませんね…。
以下、私の妄想。

―in ARIAカンパニー
晃さん「あいつらに修業をさせようと思うんだが…?」
アリシアさん「そう言えばそろそろレデントーレの時期ね」
晃さん「…そうだな。それならこういうのはどうだ?あいつらにレデントーレ用の屋形船を一艘用意してやって、接客をさせるってのは」
アリシアさん「あらあら」
アテナ先輩「…いいと思う」
晃さん「よし、決定だ!!」

きっとこんな会話があったに違いない(ぇー
はい、妄想終了!!

早速準備にとりかかる三人。
あらあら、アリスちゃんたら招待状まで作っちゃって。
実は楽しみなんだね、と灯里に言われてちょっと赤くなるアリスちゃんが可愛い。
原作より屋形船の定員が増えたのは、原作ではアテナ先輩が未登場だった事と、アイちゃんを乗せるためでしょうね、きっと。

そして、いよいよ当日、招待したお客様がどんどん集まってきます。
郵便屋さん、アリシアさんに晃さん、アテナ先輩、あかつきんにウッディー、アルくんにグランマ。
アルくんが来たシーン、藍華とアルの会話に、「誰だ、新婚夫婦みたいな会話してる奴は」ってツッコむあかつきんがナイスだ。
そして、グランマの登場に心底嬉しそうなアリスちゃんがイイ。
しかし、アイちゃんが来ないまま、舟を出す時刻になります。
ところが、ギリギリセーフでアイちゃんが登場!!
憎い演出するじゃないかよ…。
ようやくの全員集合で、和気藹々な雰囲気で進む宴の席。
料理が美味しそうで美味しそうでたまりません。
グランマに料理を褒められて嬉しそうなアリスちゃんが可愛いですね。
気配り上手なアテナ先輩がアイちゃんに料理を勧めてるのがまた良かったなあ。

余興としてアリア社長と一緒に踊るアイちゃん。可愛いなぁ、どっちも。
そしてアテナ先輩「わたしも踊るー」…ってええ!?
ちょっ、アテナ先輩!?
三大妖精の一角が何か凄い踊りを踊ってる…。
相変わらず読めない行動をする人だ…でも踊ってるのがなかなか良かったのでOK。

宴もたけなわ、皆の雰囲気もイイ感じ。
特にアテナ先輩となんか仲良しさんな雰囲気だしてるアイちゃんが。
ARIAのネトラジの中で、灯里ちゃんがラジオをやってるコーナーがあるんですが、一回アテナ先輩が幼稚園で子供達と遊んでるシーンがあったりしたので、もしかしてアテナ先輩は子供に好かれるのかもしれないと思ってみたり。

時刻は十二時。
屋形船の電気を消すと、空には大輪の花火が。キレイだなぁ…。
思わず見とれる皆。
そして、灯里たち三人に、お礼の言葉を述べるアリシアさん。
「ここにいる全員は、灯里ちゃん達三人が居なかったら、出逢えなかったかも知れない素敵な出会いの結晶です」っていうセリフは良かったですね。
そうですよね、地球には60億人からの人がいて、その中の特定の二人が出会う確率って30億分の1ですからね。本当に出会いってのは奇跡なんだと思います(恥ずかしいセリフ禁止!)

今回もいい内容でしたね。これが最終回でも文句なしですね。
ストーリーに関してはですけど。
そして来週はいよいよ最終回!有終の美を飾ってくださいな。

…気づいたらこのブログのアニメ感想史上最長を更新したかもしれないくらい書いてますね。
ああ、ホントに自分ARIA好きなんだなあって思ったり。

<レス>
★戸塚本さん
あの独特の声と口調で、「○○が、○○で、○○に、出会った〜」と言われると、どことなく和んでしまいます。

そんな事無いです!間違えてしまった僕自身の責任ですから、気にしないで下さい。

あの頃の冬木は輝いてましたね…。そしてスクランと言う作品もまた…(遠い目)

★鰯鰤さん
確かに衝撃でした。
昔から、「体を奪われる」って言う展開は何だかとっても怖くて…。
きらきーの狂気が恐ろしい…。


それでは、次回の更新でお会いしましょう。
ブラッドフォート!!(挨拶)
0

薔薇×薔薇  桜蘭高校ホスト部

――前略 お元気ですか?
どうやっても英語の時間が眠くて仕方ないハバネロです。
起きてなきゃいけないんだって分かってるのに何故。

…と、まあそんなところで(?)
ローゼン七巻買ってきましたよ!!
戦友Aと本屋へ出向いたら、めがっさ沢山置いてありました。
あの夏の日の悪夢はいったい…?
しかし、雛苺が…雛苺が…また泣きそうになったではないか…。
めぐぎんだったり、カナが頑張ってみたり、ジュンの新たなる一歩だったり。
そして蒼星石はいずこへ…?
ネタバレを避けるべく、あえてぼかし気味な発言をしてみる私。
うん、やっぱローゼンは面白いですね。
連載分のストック使いきってる感があるので、次の巻はいつ発売になる事やら…。

<桜蘭高校ホスト部「そして鏡夜は出会った」>
サブタイがウルルン滞在記みたいだ(笑)
中等部三年の頃、鏡夜は今以上に打算的なキャラだった。
そして、桜蘭に転校して来た環。
鏡夜は父の言いつけに従い、仲良くしようとしますが、環に振り回されっぱなし。
出会って二日で神に昇格、しかも「モナーミ、鏡夜ー!!」って何なのさ環。
環はバカだけど、そこがいいと思うのですよー。

鏡夜のお姉さんがことあるごとに「あらあら」って言ってるのはアリシアさんを思いだして仕方ない。
そう言えば、中の人・井上喜久子さんははドラマCD版の方でアリシアさんやってたなあと思い出したり。

家にやってきて、いきなりピアノ弾いてる環。その音色に思わず涙する鏡夜。
須王家の跡継ぎである環に対し、努力しても跡継ぎの地位を得る事が出来ない鏡夜は激昂。
「何故諦める」との問いに「努力して無いのはお前の方だ」と返されてハッとします。
そして何故だか高笑い。
「おお、悪そうな顔」っていう環の感想は、そのまま僕の感想ですね…。
悪くなくちゃ鏡夜じゃ無いやい…つうのが私と妹の共通見解でもあります(ぇー
(どうでもいいが一人称統一しろ、自分)

今回は心理描写のキーとして「額縁にはめられた絵」ってのがあったんですが、それも効果的に使われてましたね。
ラストの茶柱もよかったのう。
にしてもハルヒのセリフが少なかったのがちょっと、ね。
まあ過去話ですから致し方ないんですけど。

<レス>
★戸塚本さん
ま〜ち〜が〜え〜た〜!!
よっぽど気を抜いてたんでしょうかね…直しておきます。
にしても人様の名前を間違えるなんて…僕はゴミです、クズです、ザザムシです!

何となく、イメージが重なったので…。昔のって言うと…生写真即売会の頃ですか?

★YSさん
ありがとうございます。
コムイ室長の理知的なところと、ちょっと飛んでる所が似てるような気がしましたので…。
いやホントにイメージというかフィーリングですから。


それでは、次回の更新でお会いしましょう。
モナーミ!!(挨拶)
0

そっと零れてくる涙の意味さえ分からない(いや、それ花粉症のせいだから)  バトン回答

――前略 お元気ですか?
体育の授業でテニスをやった際、元テニス部の友人に「型は出来てるのに当たってない」と言われました、ハバネロです。

何かもう気力とかその辺が著しく不足してまして、先週分のホスト部をまだ見て無いとかホントどーでもいいのかも知れませんが言ってみたり。
夕飯食ったら見る事にしよう…。
ああもう鼻と目がヤヴァイから脳までヤヴァイ事になってる感じが出てる、この文章。

発売日一日前ですが、やっぱりローゼン7巻はまだ出てませんでした。
仮に明日出てなくても、国体休業中の来週、所用で姫路まで行かねばならないので、その時探そうかなとか思っている次第。

とりあえず目の方が今ヤヴァイですので、戸塚本さんからもらったバトンをとっとと回答して行きましょう…。

『自分とキャラクターを重ねてみようバトン』
★回してくださった方に似ていると思うキャラクター

スクランの冬木。何となく雰囲気がそんな感じ(適当ですいません)。

★貴方が似ていると言われるキャラクターは?

妹に、「お前は花井」と断言されました。
「変態入ってる所が似てる」そうです…。
でも、時々カッコよくなったりしません、私は。

★貴方が自分に似ていると思うキャラクターは?

ウッディー(ARIA)。
ちょっとドジなところと、超絶方向音痴なところ。
あと、何かに乗って走り回るのが好きなトコ。
(僕の場合はエアバイクじゃなくてチャリですが)

★貴方があこがれているキャラクターは?
アリシアさん(ARIA)。
あんな大人になりたいなって本気で思います。
藍華や灯里ならずとも、たとえ男でも憧れますとも。
優しく、かつエレガントに…。

★バトンを回す人3人 (似てると思うキャラ付き)
・YSさん→コムイ(Dグレ)
よろしくお願いしますね…。
・baiokunさん→ウソップ(ワンピース)
てか、僕の事覚えてらっしゃいますか〜?
・ayameさん→白崎(ローゼンメイデン) 
お時間あったらで結構です。

<レス>
★鰯鰤さん
落ちる所まで落ちたら、違って見えるもんですね…。
坊ちゃまの成長を、これからも見守って行きましょうぜ。

★洸さん
ありがとうございます…。
また今度やってみますね。とりあえず鼻より目が今は大変…。

団長vs読書係、どっちが勝つのやら。

頼みますよ、斎藤さん!!
次は是非谷口・妹・国木田の三枚で(ぇ


それでは、次回の更新でお会いしましょう。
wawawa忘れ物〜♪(挨拶)
0




AutoPage最新お知らせ