Don't say……  アイマス/ニコマス関係



いやはや、なんとも凄い出来だ。
トレスによる手描きアニメ、というのはとても力があると思う。
分かりやすいし、ハイクオリティだし、背後にある労力や努力、そんなものまで見えてくる。
しかも社会現象とまで言われつつあるけいおん!ネタだ。
ここからアイマスに興味を持ってくれる人がいれば、僕はとてもとてもうれしいです。
かつての僕がそうであったように。
作者様GJ。
アイマスオールスター総出演なのが個人的にポイントメチャ高し。

ただ、コメントが荒れてるのがとても残念。
今の世の中はえてしてツンデレ主義、というか、人の努力を素直に認められないやつが大多数を占めている印象があるような。
むしろ、よくできているものに対して、なんとか揚げ足を取ろうといういやな風潮がないでしょうか。
ランキングに上がった作品が荒れる、という傾向はなんだかそれを示している気がしてならない。
凄いものを凄い、と褒めたたえることは、そんなに難しいですか?

そんなくだらない事なんて、どうでもいいのですけど。
楽しい動画があるなら、それを思いっきり楽しめばいい。そう思います。
3

Team Rock  けいおん!

――前略 お元気ですか?
怒涛の一週間を終えてようやく休日に突入しました。ハバネロです。

昨日は実習で炎天下歩き回って死ぬかと思いました。
いや、距離的には大したことなかったんですがw 異常な暑さに勝てる気がしないw
とまあそんな状況でしたので帰ってくるなりぶっ倒れておりました。

というか今週はそんなのばかり。一週間で片付けるべきことがちっとも片付いてない現状に恐怖せざるを得ない。

しかも土日は部室に缶詰で作業なんだぜ……時間とれねえwww
この記事書きあげてから行ってきます。


<けいおん! 第12話「軽音!」>
「みんな聞いてくれ、ムギの眉毛はたくあんだったんだよ!」
「な、なんだってー!?」
という夢から始まる今回のお話。
原作カバー裏のシュールなネタをここで持ってくるかw

そんな悪夢(?)にうなされる唯は風邪っぴき。そして相変わらずの姉妹愛。
文化祭を目前にしての離脱ですから大変でしょうなあ。
あずにゃんのツンデレにニヤニヤしたりしなかったり。

唯と憂がこんなに似てるとは……!!
しかも唯よりギターうまいとかちょっとw
姉より優れた妹なんて存在しねえんだよ!!とかいうセリフが脳裏をよぎったりしました。
しかしさわちゃんレーダーはどうなってるんだw胸のサイズを正確に測れるとかそんなスキル僕も欲しいです。

そしていよいよライブ当日。
和の語るおバカな幼少期のエピソードから、なんでこんな泣ける演出につながるのw
なんかもうね、わけのわからん涙がぽろぽろ。
あと、唯×梓は素敵だと思います。あずにゃんがツンデレなのでなおさらよいよい。

ギー太を家から持ってくる道程(しかも僕が普通に見たことある風景)が第一話のリフレインなわけですが、そこで挟まれる唯のモノローグがなんかもう素敵過ぎて涙涙。

あとさわちゃんの本気に驚いた。

なんか、音楽教師らしいことやってるの初めて見た気がします。しかもフライングVとかカッコよすぎるだろうJK。

そしてステージに唯到着!!
アニメ史上最高のライブシーンを俺は見た。
なんていうか、ステージに向けてカタルシスを爆発させる、というか、そこで一気に盛り上げるための演出の上手いこと上手いこと。
ニコマスでいえば、七夕PのFix Youのあのシーンを思わせるような。
ともかく最高でした!!アニメ見ててテレビに向かってヘドバンすることがあろうとは思わなかった……!!
ホントみんな楽しそうに歌って演奏するんだもん……こんなもんで感動しないわけがないではないか……。

軽音最高!!
唯も叫んでましたが、本当にこの一言に尽きます。
ストーリーとしてはそんなに見るところないかもですけど、まさに「楽しい」アニメでした。
いやー楽しかった!!
来週の番外編も楽しみ。


というわけで今週ラストの修羅場を戦い抜いてきます。
それでは皆様、Ci Vediamo!!
0

あふぅうううううう  雑文

――前略 お元気ですか?
なんかねむいです。ハバネロです。

春眠暁を覚えずという季節はとっくのとうに過ぎているのに眠いです。
「あふぅ」では済まず「あふぅううううううう」と形容するしかないような大あくびが漏れる今日この頃。

ちなみに今日は愛ちゃんの誕生日らしいです。
なんというか、まだ人生始まったばかりなんで頑張ってくださいとしか。
ゲームまだ発売されてないのに誕生日公表されてて、しかも多くの人がお祝いしている、この事実にちょっとアイマスファンの優しさを感じて涙を流さんばかりです。



というわけで誕生日にかこつけて、というわけでもないですが愛ちゃん描いてみた。
思えばREMINDER作って以来ですよ描くの。ほぼ四週間ぶり。
めずらしく鉛筆ツールで描いてみました。ホントはこういう線でやりたいのだけど、なかなか難しかったりします。ねむねむ。

眠いと言いながら友人に「飲みに来い」と半ば強制的に誘われたので行ってきます。
明日起きれるといいんだけど。

それでは皆様、Ci Vediamo!!
0

Summerend never come?  涼宮ハルヒ

――前略 お元気ですか?
明日の朝バイトなのにハルヒ見るため夜更かしとかばかなのしぬの。ハバネロです。
ハルヒを見るためなら仕方ないね。

というか8月にキャラソン集出るのか……欲しいなあ……


<涼宮ハルヒの憂鬱 第12話「エンドレスエイト」>
オープニングがなんか慈風Pっぽいとか思った。ニコマスの見過ぎかこれは。


なんか実に何の変哲もない夏の一日。


プールのシーン、長門可愛いよ長門。
盆踊りと花火のシーン。長門可愛いよ長門。
蝉取りのシーン。古泉の絵が実にうざいです。あとなぜヘラクレス。
バイトのシーン。キグルミって絶対危害加えてくるガキいるよね、うん。

あと、僕も夏休みの宿題は七月中に仕上げるタイプでした。
そのあと思いっきりだらだら過ごすタイプでした。
断じて真面目なんじゃねえ……面倒事はさっさと終わらせたいタチなんだ……
がんばろう、うん(謎の激励

なんていうか、今回のお話は京アニ節全開というかなんというか。
僕は俗に言うところの京アニ信者にカテゴライズされると思うんですけど、単純にクオリティ高いとか絵が可愛いとかそういうので京アニスキーなわけでは断じてなくて。
何気ない日常描写にも一切手を抜かないそういう姿勢が大好きなのです。
あ、つまり高クオリティだってことなのかこれ。
いや、でも素晴らしい映像ですよ。花火のシーンはお気に入りです。

まあ、それはさておき、次週にどうつながっていくのですかねえ(にやにや
というかこれは何周目なのかしら。


次週も夜ふかし決定です。
それでは皆様、Ci Vediamo!!
0

さわやかノンフライ律子さん  アイマス/ニコマス関係

――前略 お元気ですか?
中山律子がわかる、っていうと明らかに年齢詐称疑惑が噴出しそう。ハバネロです。

というわけで(何がだ
本日は律子さんの誕生日でした。おめでとう!!

そしてまた動画作れなかった自分……残念だったね!!
なんか前にも書いた気がしますが曲の世界観と律子がびしっとハマってくれるような曲との出会いがなくてですね……
なんか春香も伊織も誕生祭の後にいい感じのネタが浮かんでいることを思うと、なんかまた後々出てきそうではありますが。

その代わりと言っちゃあなんですが、かたくりこPのこちらの動画にイラストにて参加させていただいております。

というかかたくりこPは頑張りすぎです。
あんまりに頑張ってるので、まだ全然追えてないです……orz
ちなみにかたくりこPに送らせていただいた絵はPixivにも上げてるのでデカイの見たい方はそっちでどうぞ。リンクはトップ記事にありますので。


というわけで、当日になる前から大にぎわいだったりっちゃん誕生祭ピックアップデスヨ!

うしわかP。
いわゆる「うしわカラー」の魅力は今回もバリバリ発揮されてますが、特筆すべきは後半からのエフェクト演出でしょうか。前半のステージ主体の展開と素晴らしい対比になってます。
これはまさに新境地。

dodoP。
この人も最初期からやってる人だけあって、その高いシンクロ技術はやっぱりすごい。
ちょっとダークな雰囲気も似合うリッチャンハステキデスヨ。

通りすがりの律子も好きなP。
誰だよwと突っ込んで投稿者名クリックしてちょっと吹いた。あとコメント自重。
それはさておくにしても、背景の与える印象が実に強い作品の様な。
なんだろう、ガチで「PV」してると思います。うん、いい。

くるみP。
ぐっと来る主コメ。動画そのものはシンプルなシンクロなんだけど、それが逆にしみわたる不思議な感覚。りっちゃんの愛され具合が分かりますなあ、うんうん。

ヤマネコP。
冒頭とラストのシルエットの使い方と、全体的に漂うリズミカルな感覚が素敵。
この手のシンクロってあんまり見ない気がします。何が違うの、と言われると説明に困るのですが。それでもPのはしくれか自分。

ほっちP。
「アンジェラ・アキヅキ・リツコ」タグに吹いたwww
それはさておき、ほっちPの作品の一つの傾向として、白背景ってのがあると思うんですが、それが作品によって全然違いますよね。
今回は静謐ながらも温かい感じ、と言うか。その雰囲気がとても素敵だと思います。

DSP。
やっぱり来ると思ってました!!
というかこの曲は実は今回誕生祭に使おうかと思ってたんですが……その、なんていうか……挫折…しちゃいましてね……
それをある意味最高の形で見せられた格好です。
やっぱりこの温かい雰囲気は最高だなあ、と改めて実感した次第。
ホントこの人の描く絵はりっちゃんだけじゃなくてみんながみんな暖かくて可愛くて。
見てるこっちまで幸せになれそうです。

僕もそんな絵が描ければいいなあ、なんて。
と、たまにはきれいに締めてみたりするのでした。


それでは皆様、Ci Vediamo!!
0




AutoPage最新お知らせ