カムバック私!!……なんて、多分やらなくても大丈夫なんだよ  けいおん!

――前略 お元気ですか?
修羅場はいよいよもって佳境になってまいりました。ハバネロです。

もう二週間後くらいに院試が迫ってきてて正直色々ヤバイ!!w
最後の追い込みをかける時期に来ています。
結局ギリギリにならないと頑張らない自分のダメっぷりときたらw

それでもけいおんを見ることはやめない私なのでした(てへぺろ


●けいおん!! 第16話「先輩!」

もう第二期の主人公はあずにゃんなんじゃねーの、ってくらいにあずにゃん視点のお話が多い訳ですが。
しかもその手の話は大体神回と呼ぶにふさわしい訳で、今回もそれに違わぬ神っぷり。
てなわけで今回は語るネタが多いよ!!w


しかし二期のあずにゃんは異常に可愛い。
「カムバック私!!」がなんともたまりませんw
そして先輩たちの影響をいい感じに受けてるあたりもまたいいなぁ、とw

で、そんなあずにゃんから見た先輩たちの印象、が語られるのが今回のお話。


まずはムギ。
ムギはやはり誰から見ても軽音部のムードメーカー(律とは逆の意味で)なんだなぁ、というのが。
軽音部独特のほわほわとした雰囲気はこの子あってのものだし、活動の半分を占めている(ミーティングという名の)お茶会もムギあってのものだと考えると、やっぱりその存在は大きい!w

そしてその独特の距離感の取り方がすごくいいんですよね、あずにゃんとの。
あずにゃんはメインでは唯や澪との関係がクローズアップされることが多いので、確かにこのコンビは新鮮でした。
誰であっても和ませてしまうムギの力はやっぱり凄いなあって思った次第。
多分それは彼女が、自身を取り巻く世界に対してとても積極的でありながらも、優しい感性で受け取ろうとしているからなのだろうと思うわけです。
なんかもう思わず2828。多幸感がすごいw


で、続いて澪。
やっぱりあずにゃんにとっては誰よりも頼れる先輩だし、一番シンパシーのようなものを感じる相手なんだろうなー、と。
真面目に話できる相手が集団の中に一人居ると凄く良いよね、という。
そしてそれを全力でぶち壊しに突っ込んでくるりっちゃんのKY力マジ半端ない。

そしてボタン付けは得意なのにミシンはダメなりっちゃん。
なるほど、僕と同じですね!!
ボタン付けとかちょっとした破れ目の修理は割と得意だったりしますが、ミシンを扱わせると惨憺たる状況になるのは僕も同じです。
小学校の時に家庭科の授業で苦労したのはいい思い出。結局、憂にやってもらった唯よろしく、母上に助力を仰いだのを覚えております。

でもってりっちゃんの嫁力ホント半端ない。
憂と比べても遜色ないレベルなんじゃねえの!!結婚しようぜ!!!
テキトーな様に見せかけて実は結構世話焼きでスキルも高いとかなんなのそのハイスペック。
聡マジでうらやましいぞぉぉぉぉおおおお!!!!
そんでもって澪ともそれなりに知り合いだろ!!許せん!!

横道にそれましたがりっちゃんがご飯党なのがちょっと嬉しかったり。
なるほど僕と同じですね(大事なことなので二回言いました
けいおんはアニメ見れば見るほどりっちゃんが他人のような気がしないので怖いw

しかしまありっちゃんは普段はバカやっててもこういう処でなんか頼れる先輩っぽさを出しちゃうから油断できないですね。
四人の中ではあずにゃんからは割とぞんざいに扱われている印象がなきにしもあらずですが、なんだかんだで頼りにしてたりするんでしょうね。萌えますね。


そんでもってラストは唯!ゆいあずですよ、ゆいあず!!
大体毎度のことながら、マイペースでぽけぽけした唯にあずにゃんが振り回されるという構図。
そして臨界点に達するとちょっとぷちーんってきちゃうあずにゃん。
アレですのう、第一期であずにゃんが新しく入った頃のおはなしを彷彿とさせますね。

で、あの時と同じようにここでもそのゆるゆるな感覚であずにゃんをふわって包んじゃうのが唯ってのが憎いわけです。
「あずにゃんはあずにゃん」って言うこの言葉にもう何もかもが集約されててよいよい。
やっぱり唯は天才型の人種なんだよな、って思うのはこういう所なのです。
物事を理論じゃなくて、言葉に出来ないレベルの感覚で捉えてなおかつ本質をズバーンって突くことが出来る。
そんなこと、なかなか出来るこっちゃないですよw

それゆえに理論型のあずにゃんは振り回されちゃう訳なんですが、それでも一番安心して側に居られちゃうんだろうなー、って思ったり。


そして今回地味に重要な伏線だった唯のシール。
このへんにも唯らしさが溢れててすごく好き。
今回、あずにゃんが大事もののキーホルダーを無くさないで済んだのは唯がシール貼っててくれたおかげ。
唯はホント無意識に他人を救っちゃったり、魅了しちゃったりするタイプだなーってしみじみ思います。
だから近くにいる人が安心してしまうのだろう、とも。
和も憂も、近所のおばあちゃんでさえも。もちろん軽音部のメンバーは言うに及ばず。


こういう、他のキャラクターから見たキャラの魅力が語られるってのはいいですねー。
なんかもう、妙に幸せいっぱいな感が。


その幸せをリアルを生き抜く力に変えつつ、今夜もおやすみ。
それでは皆様、Ci Vediamo!!
0

都会を走る猫  けいおん!

――前略 お元気ですか?
暑さで溶けそう。う〜い〜、あ〜い〜す〜……ハバネロです。

梅雨がどうやら明けたようですが、いきなりこの暑さってなんなの……
京都盆地を囲む山の一角爆発しろ!!


そういえばしばらく前まで世間的には三連休でした。
日・月と久しぶりにARIAな面々(火星猫BさんとD伯爵さん)と京都をめぐるオフ会に行ったりしてました。
Blue Lagoonが全盛期だったのが既に四年前とか怖いw
しかし逆に考えるとそれでもまだ付き合いがつづいているのも凄いw


当初の目的地である伏見稲荷についたらDさんの靴がいきなりぶっ壊れ、靴を探して三千里をさ迷う羽目になったり。
ARIA原作一巻を片手に伏見稲荷をめぐったり、とりあえずマルガリータくおうぜって事でイタリア料理屋さんに行ったり。

そのあとはカラオケでオールして二日目。
早朝の清水寺はいい雰囲気だったんですが眠くて僕のテンションはストップ安を記録していました。
その後京都タワー地下の銭湯に入って三人して一時間くらい休憩所で寝てましたがw

そのあとは二条城→北野天満宮→東寺という京都をあっちこっち飛びまわるコースでした。
北野天満宮はけいおんに出てきた所為かあっちこっちに痛絵馬がw
自分も院試の合格祈願を兼ねてりっちゃん描いて絵馬を奉納してきましたがw

というか二日間ホント歩きっぱなしでしかも暑かったので疲労がががw
そして京都の公共交通機関の不便さを改めて思い知ったりしました。自分が全然把握できてないのもありましたが。
次はもうちょっとまともに水先案内人やれるようになりたいな……
目指せ京都のプリマウンディーネ。



●けいおん!! 第15話「マラソン大会!」
学校行事でテストと並んでもっとも忌むべきもの、それがマラソン大会だ!!

高校のときはマラソン無かったんですけど、中学の時は嫌だったなーとしみじみ。
逆さてるてる坊主吊るしたりする唯の気持ちはよくわかるw

そろそろ京都の街をさわちゃん痛車(さわちゃん愛用のスズキワゴンR)が走ってもおかしくない頃だと思いつつ。
先生は先生で色々大変よね、と思ったりそうじゃなかったり。


さてさて本番。
目立つのが嫌なのでひとり走りだした澪、結局終盤では皆のところに戻ってきちゃうのがなんかすごくそれらしいな、とw

あと純ちゃんが意外に持久力ないキャラなのね!!なんか萌えた。
そういう絶妙にイマドキの子らしいところがよいですな。

ランニング中に歌う、はよくやりました。今でも自転車で走ってるとついつい歌がですね……(そして周りの人に変な目で見られる)
なんにせよ乗ってくるとついつい歌が飛び出す人間なのです。

そしてマイペースで行方不明になる唯。
どこいったのかと思ってたら近所のおばあちゃんの家かい!!w
そして本当に憂は出来た子。

お餅のために全力をだすみんな。この辺はじつになんかそれっぽい。
澪は転ぶ、という律の予言が見事的中してて吹いたwww
そして和ちゃんのメガネ光らすのやめなさいw乾思い出して爆笑したじゃないかw

こーいうどうでもいい日常の話ってのもまた乙。
第二期のけいおんはなんとなく雰囲気が「君と僕。」に似通ってきたような気がしますが……(分かる人にしか分からんネタ)。
男の子と女の子の違いはあれど、高校生の日常をゆるーく描いてるという点で僕はどっちも好きだったりしますが。


というわけでこのへんで。
それでは皆様、Ci Vediamo!!
1

叩かれたいお年頃  けいおん!

――前略 お元気ですか?
やっと原稿の下書きが終わってほっと一息。ハバネロです。

四コマだとコマ割り考え無くていいので、だいたいいつもと同じことやればいいのですっげー楽ですね、などと言ってみる。
あとはセリフ入れと清書が待ってますがなんとか日曜が終わるまでに片付けてしまいたいところです。午後バイトだけどな!!

それが終わったら一ヶ月間死ぬ気で勉強することになるわけですが。
これが最後の一花です。
(少なくとも真誕生祭までは)


<けいおん!! 第14話「夏期講習!」>

ついに待ちに待った時がきたのだ……!!
待ちに待った律ムギ回だひゃっほおおおおおおう!!!

原作でこの話読んだ時からアニメ化が楽しみで楽しみで。
そしてやっぱりアニメ化されて凄まじくすごいことに。

序盤の律澪展開はもちろんご馳走様でしたなわけですが。
今回はムギが攻めまくる!!(受け攻めの話ではなく。いや、どっちかというとムギは攻めでりっちゃん受けっぽいけど。そうじゃなくて)


基本的にムギはいっつも楽しそうにしてるキャラなんですが、今回のハッスル具合はほんともう可愛らしいことこの上ない。
そしてそれを見守るりっちゃんの視線の優しさよ……
テキトーなようで面倒見がいいのはやはりお姉さんだからでもあるのだろうし(ゲーセンとか駄菓子屋とか行き慣れてるのも弟がいるからだったら萌える)、やはり部長なんだなーとひしひし。
こうやって他人のために一生懸命になれるのが律のいいところ。澪に対しては世話焼きが行き過ぎてイジリになってるのもまた善し。
遠慮しない距離感ってのもいいよねえw

そしてムギ。
なるほど、彼女はスキンシップを欲していたわけだ……
部内には律澪、ゆいあずという鉄板カップルが二つあるわけで、百合好きのムギとしてはそれを見てるだけで満足……なのかと思っていたらそうじゃなかった。
いままでだったら見てるだけで満足だったんだろうけど、そこから一歩踏み出したムギ!
ああなんか凄くいいぞどうしようw

叩かれたい、という願望のためにボケ倒すもことごとくから回ったりしてるのがまたなんかいい。
そしてそれを必死こいてサポートするりっちゃん。
ああもう、たまりませんわー……


そしてケーキのいちごは取られると怒ります。
今回ばかりは唯に全力で同意。だけどあずにゃんに愚痴るのはどうかと思うけど夫婦だからいいか(ぉぃ
澪が静かに号泣するのも分かる。


ラスト、りっちゃんはきっと男の子ならモテモテ、というムギとそれに照れる律、どうしていいか分からなくてムギ叩いて結果的に大団円!という流れでもうホクホクです。
りっちゃんのエスコートの上手さ、というか世話焼きさんなところは男の子相手にも十分に通用するって思うな!!!
とりあえずふたりとも可愛すぎてどうしような回でした。
ヤバイこれはハッスルせざるを。


そして今回から変わったOPED。
いや、ヤバいっすね!!
さらにトリッキーさを増したOP。また楽しいけど歌いづらそうな曲に……w
これ愛生さんどんだけ噛んだんだろw

そして90年代邦楽ロックの王道へとさらにパワーアップしたED。
ヤバイ、これはヤバすぎる。
音も歌詞も映像も好みどストライクのど真ん中に打ち頃の球飛んできて場外ホームランなんですが。

あんまりにも好きすぎる。これフルで聞いたら間違いなく泣いちゃいそう。
でも間違いなくCDは買いそう。
あんなカッコいいモノクロ基調の画面にあんなかっこいい曲流されたら死んじゃうw
2クール目突入で自分の中ではさらに盛り上がってます。


それでは皆様、Ci Vediamo!!
0

真夏の白昼夢  けいおん!

――前略 お元気ですか?
絶賛風邪ひき中。だいぶ楽になったけどね。ハバネロです。

やることいっぱいあるのに停滞しまくりでどうもイライラが溜まってますが。
ライブ以後やる気が満ちている分余計にキツイ……
とりあえずさっさと直して頑張っていきたいですね。

原稿ェ…勉強ェ……


●けいおん!! 第13話「残暑見舞い!」

なんともかんとも不思議な回でしたな……

けいおんらしいギャグっぽい展開をさらにめっちゃくちゃにしたような夢の中身。
どこが現実でどこが夢なのやら。
あ、日焼けしてるかそうじゃないかが境界線なのか。意識してないと分からんw

それにしても日焼けあずにゃんの可愛らしいこと。
憂のおっぱいに目が妙に吸い寄せられてしまうのは何故。あの絶妙なプニプニ感がですね(ry
律はナチュラルにスライダーで焼きそばもたせそうだけどwww

今回の話見て、やっぱりあずにゃんはひとりになることを怖がってるのかなあ、と思ったり。
いくら強く振舞ってても、やっぱり残されるのは怖いよね。
花火大会のシーンで唯の手が離れるシーンのあの絶妙な表情とか。
あるいは、純ちゃんが入部してもいいかも、って言った時の期待に満ちた表情。
その端々に、やっぱり寂しさが見え隠れしてなんとも言えない気分になります。

次くらいで原作(単行本既刊分)のストックも無くなるし、なにやら原作の方も次の四巻で最後のライブがどうとかいう情報も来てるので、やっぱり終わりに向かっていくのはもう確定路線なのかなあ、と思ったりするんですが。
それでも、その終わりはあたたかなものであるようにと祈らずには居られないですね。

第二期のあずにゃんプッシュのせいですっかりあずにゃん株が上がってきてる私なのでした。


それでは皆様、Ci Vediamo!!
0

My favorite idols will never die  アイマス/ニコマス関係

――前略 お元気ですか?
ライブでの喉の痛みが原因で風邪気味。ハバネロです。

そんななかうっかり動画のネタが降りてきちゃったんだ。
作るしか無いよね!!(キラキラした笑顔で


というわけで、ライブの感動とアイマスがまだまだ続くんだぜ!!って思いを載せて勢いのまま作ってみました。
実に2年半ぶりくらいにダンスシンクロ的なことやってみたんですが。
難しいね!!ワケ分からん!!
とりあえずスピード調整せずに曲に乗せてみて、合うところはそのままで、合わないとこは速度調整かけてやってみたんですがどうなってるやらw
動きがある素材を音に合わせるのってホント難しい。
アイマスMAD界隈を見渡せば僕が普段やってることよりもこっちのが多数派ってのはある意味スゴイな、と。


選曲については、聞いてたら映像が浮かんできたので、としか。
結果的に悪くない感じになったと思うんですが、もうちょいハードな演出を入れてみてもよかったかなー、と。
演出的には分かりやすく卓球さんリスペクトだったりするわけですが。

あと、この曲は去年のNicom@sRockFes09の最終日にぶつけようと思ってた曲だったり。
途中くらいまでは作ってたんですがインフルエンザに倒れあえなくお蔵入りに。
結果今回一年越しのリベンジになりました。
エルレで作るという目標はとりあえず達成できたのでよしとしますかね。

ああしかし本当に春が楽しみ過ぎてやばいね!!


これで動画は真誕生祭までしばし打ち止めです。
リアルと原稿がヤバイ!!


それでは皆様、Ci Vediamo!!
0




AutoPage最新お知らせ