真誕生祭とかいろいろめでたい話とか  アイマス/ニコマス関係

――前略 お元気ですか?
暑さとかいろんなものにやられそうですが、めでたいことは割とやってくるものですね。ハバネロです。


まずは院試ですが一昨日に合格発表がありまして、無事受かりました。
自信あったか無いかで言われると微妙なラインだったんですが(試験前割と遊んでたしな……)、まぁそれくらいで落ちる試験なら遊んでようが遊んでまいが落ちるだろう、というのが持論なのでw
なにはともあれ無事受かったのでよいよい。


とまぁそんなことは置いといて(ぇ
ここからが本番。
8月29日は真の誕生日でした。おめでとう!!マジおめでとう!!

はじめて真に出会ってアイマスに触れたのが三年前の今日……と考えると長いような短いような。
なんにせよ、自分とアイマスとの妙に深い関わりは彼女の存在なくしてはありえなかったでしょうねw

公式ではついに17才になったわけで、ありがとう、2になってもよろしくね、っていうのが自分の素直な気持ちですね。
なんだかんだで長い付き合いになりそうだw


ということでそんな感謝の気持ちを込めて動画を作りました。

曲は、高田梢枝の「メダカが見た虹」です。
アニメ「おおきく振りかぶって」の第一期エンディングだった曲ですね。

今回は原点回帰というか、いつもみたいに派手にいろいろ動かすよりはじっくり絵を見せること、そこに込めた真の心情を見てもらう、ということを意識したつもりです。
(その分画面がかなり地味になったのは否めないところですが……w)

当初は全然別の曲で作るつもりで院試終わってすぐに動き出したんですがなかなか進まず(いつもどおり)、この曲で動画を形にすることになりました。
テーマとしては、「等身大の揺れ動く真の心」みたいな感じでしょうか。

真はその性格も相まって、雪歩みたいな気弱さとは無縁のように思われがちなんですがそんなことないんだぜ、っていう。
むしろ、「世間に求められる自分」と「自分がなりたい自分」のギャップに一番苦しんでるんじゃないだろうか、って思うことがあります。
歌詞にある「自分が好きで」と「自分が嫌で」っていう言葉そのものですね。
それでも、一歩一歩踏み出して、自分の描く夢へと進んでいく、そういう強さを持った子だと思います。

そんな思いのたけを込めた動画です。


あとはもう、ダメPに誘われてこんな企画にも参加してたり。

自分の担当箇所がわかるようなわからないような合作ってなんだw
なにはともあれ豪華メンツをふんだんに無駄遣いしたバカ企画となっております。
素材としてお使いくださいw


企画のおはなし。

現在ツイッターでの包囲網が原因で二つほど企画を抱えております。
まずひとつはこちら。

MMD杯に対抗して、MMR杯、すなわちまこまこりん杯。
2が出る前に最強の真動画を決めようぜ!!っていう趣旨のお祭りです。
レギュレーションなどに関してはコミュニティや、↓の2960Pによる告知動画を見ていただければ。

レギュレーションの細かいところはこれから詰めていく段階ですが、真好きみんなで盛り上がれるような企画に出来れば、と思っております。
新年一発目のでかい祭りになる!!……予定!!!


もうひとつはこちらのコミュにてこっそり起動中の、アイマス×HTT合作。

こっちはアイマスとけいおんで合作やろうぜ!な企画なのですが。
ただいま人員募集中だったり。コミュに入ってくれる人は少しずつ増えてきてるのですが、もうちょい周知する努力が必要なようで……。
昔と違ってニコニココミュニティをそんなにみんな見なくなってるのでお知らせ更新しても人が来ねえ!!っていう。
興味ある人はIRCの「#im@s_HTT」まで来てくれると僕が泣いて喜びます。

大規模合作は同期合作以来かつ自分がメインになって進めるのは初めてなので分からんことだらけ……どうなるかなあ。




ということで久々に大量更新でした。
リアルの方もまた忙しくなりそうですがニコマス企画の方もバリバリ気合入れて頑張らねば。
それでは皆様、Ci Vediamo!!

1

最高のステージに、ありがとうを込めて。  けいおん!

――前略 お元気ですか?
心身ともに夏バテ気味。ハバネロです。

やらなきゃならないことはあるのにやる気がでない時ってどうすればいいんだろう、と考えているだけで一日が終わるとかマジしんどいですな。
動画の方はじわじわ進んでるんですが、リアルが割と詰みかけている予感がします。
己の怠惰が招いたことだから致し方ないっちゃあそうなんですがねw
逃げることも進むことも出来ないびっくりするくらいのどん詰まり。停滞を強いられるのは何よりも辛いと分かっていながらも、気づいたら自分を追い込んでるバカさ加減にはたまーに飽き飽きしてきますなw

とりあえずはやれることから片付けていかざるを得ませんね。


と、愚痴はここまでにしよう。

21日は律の誕生日でした。おめでとう!!
澪や軽音部の皆といつまでも仲良くね!
ってここまで書いて今週のけいおんを思い出して涙腺がアップを始めたりしたわけですが、それは後述。
本来ならイラストの一枚でも描くべきところなんですが、主にやる気が死滅しているせいで描けませんでした。
ごめんよりっちゃん……


●けいおん!! 第20話「またまた学園祭!」

ようやく待ちに待ったライブ回。
な、わけですが今までとはやっぱりちょっと雰囲気や意味合いが違いますね。
皆で円陣組んで気合入れるシーンで既にもうなんか込み上げるものが。
これで終わり、なのは多分皆心の奥底で気づいてる。それでも、ライブ終わった後のケーキの話をするんだよ唯は!!
もうどうすればいいんだ。

開演の幕があがる前に、「最後」じゃなくて「三回目」って言う唯がもうヤバイ。
終わる前に、最後だなんて言いたくないよね。


あのHTTのTシャツめっちゃくちゃ欲しい。
Tシャツ全員に配るサプライズとか、さわちゃんと和ちゃんGJ過ぎる。
これはステージに立つ立場からしたらめっちゃくちゃ嬉しいよね。
そして見てる側もめっちゃくちゃ楽しいはず。
ライブの楽しさってやっぱり会場の一体感にあると思うし!

ごはんはおかず、唯らしいコミックソングなのになんか妙に胸に来るのは間違いなく環境のせい。
私がごはん党な所為もあるか。
「いちにーさんしごーはーん!!」が楽しすぎてヤバイですね。
会場のテンションもめっちゃくちゃ盛り上がるし。これライブで聞きたいなあ。また年末イベントやるのかなあ、とか想いを馳せる私です。


MCは唯からみんなへの、「ありがとう」なんだなー、って思うとここですでにぶわーって涙腺が崩壊しそうに。
部員の皆、部室、そして支えてくれる人たちへの精一杯の感謝を。

ここで梓がよろけるのがもう、動揺してるのが凄く見えて泣きそう。
そして最後に、みんなから唯へのありがとう。
大好きとありがとうがあれば、きっと世界はこんなにも輝く。
放課後ティータイムは永遠に放課後。きっとそれは無理って分かってるんだ。でも共有した時間は輝き続けるんだ。そう信じたい。
永遠に放課後、って言ったこの時のことを、笑って思い出せる日が来ますように、と祈らざるを得ないですね。

ラストの曲を紹介するところの「もう時間が来ちゃいました」っていうセリフにもう全部が全部集約されててホントどうすればいいか分からない。

そして大本命のU&I、大好きすぎて困る。メロディラインもドツボ、さらに歌詞がもうたまんなくて。
会場の演出もめっちゃくちゃ良かったですね。ケータイでサイリウムやってるのとかもうホント、ホント楽しそうで。

ライブ後の部室。
完全燃焼してへたり込む皆。緊張もアクシデントもなかった、最高のステージを終えて。
次はなにしよう?って相談するけれど、「来年」はもうないんだよね。

終わる、なんて誰もホントは信じたくないんだ。でも終わるんだ。
でも楽しかった思い出はきっと消えないんだ。
そりゃ目から汗もでますよ。

それぞれの反応がもう、みんならしくてたまらないわけですよ。
一人膝を抱えて号泣する澪とか。
一番楽しい時間が終わって欲しくないだろうムギの涙とか。
唯の鼻水ズルズルな泣き顔も。
きっと一番終わりを予感してたけど、笑ってみんなを励ますのが自分の仕事だって分かってるりっちゃんの涙ぐんでる様とか。
そしてめっちゃめちゃ気丈に涙を見せなかったあずにゃんが最後みんなと一緒にわあわあ泣いてるところとか。

永遠に放課後。そうあって欲しいのはきっとみんな一緒で。
でも終わるんだ。
どんなに居心地のいい時間だって、永遠につづくことは決してないんだ。
それでも、思い出にして前に進む事はできる。
エンディングで、「思い出なんていらないよ」って歌ってるけど、どんなにキラキラしてる今もいつか思い出になっていくんだよ。
それでも、「大好きをありがとう」って言えるのはきっと楽しかったから。
その一瞬が終わることはみんな知ってたけど、一瞬を全力で楽しんだから。

そんなことを、皆の寝顔を優しく見守るさわちゃんと和の目線を通して思ったりしました。


今を思い出に変えて前に進むんだ、っていうテーマに昔っから死ぬほど弱いなあ自分w
きっと明日もやってくる日常は、いつか終わりが来るものなんだ、っていう純然たる事実に詰め込まれたなんともいえない感情に、どうしてこうも揺さぶられるのやら。

それでもまだ、けいおんはもうちょっとだけ続くんじゃ。
0

祭りの舞台裏というのは何故こうも楽しそうなのか?  けいおん!

――前略 お元気ですか?
お祭りの裏ではそれを支える人々の努力あり……。ハバネロです。

今頃は有明の頃でコミケという名の祭りにして戦争が行われているころでしょうが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
僕はと言えば、コミケにもライジングサンにも行くことかなわず敷居亭のにゃんこのお世話をしたりバイト行ったり動画作ったりしてます。
土曜からバイト五連勤ってなんだよwww
だいたい世間一般がお休みだなんだで居ないときに限って暇だったりするので、こういう時にお鉢が回ってくる体質みたいです。

っていうか俺だって暇じゃねえんだよ!!主に動画とか(そこかよ
あと卒論とか。


と、山を超えてもなお気が休まらぬ日々を癒してくれるものといえば、そう、けいおんだ


●けいおん!! 第19話「ロミジュリ!」

ロミジュリ!
すなわち、律澪!!!!
そしてコメディリリーフ兼空気清浄機としての唯の厨性能ときたらw



お話自体は今回もわりとあずにゃん視点なんですが、それに加えて唯のクラスの舞台裏の雰囲気がまたなんとも素晴らしい。
舞台裏ってなんでこうも見てると楽しいんでしょうかね?

そして舞台裏といえばアクシデントがつきものなわけで、今回は大事なシーンの大道具である墓碑が行方不明に……
オカルト研に友達がいる子(名前忘れた)まじGJ過ぎる。
あとくしゃみに耐えて頑張って木の役を全うした唯もGJ。

そして何よりも律澪!!
ロ澪とジュ律エット!!
やっばいな!!りっちゃんかわいすぎる!!!!

芝居のおかげで女言葉が抜けなくて恥じらうシーンとかもう……アレと米があれば三日くらい生活できる自信があります!(ムギみたいな顔で力説


閑話休題。
さて、今回のあずにゃん。もはやあずにゃんはけいおん二期を語る上では完全にキーパーソンと化してますなー。
劇で先輩たちが頑張ってるのを見て、「軽音部のことはどうなんだろう?」って勘ぐってしまう。
唯たちから直接、頑張ろう、軽音部も大事だよ、って言われたときのあの安心した表情がいいですね。
きっと心の底ではそんなことないって分かってるんだと思います。
自分だってクラスのことで忙しくしてたわけですしね。
でもやっぱり直接聞きたいんだろうなー、と。そうしなきゃ伝わらないし確認できないことだってきっとある。
一人でムスタング抱えて練習してるところに唯たちが入ってくる、その瞬間のあの表情、ホントいいですね。


さて、若干シリアス目な話は置いといて。

オカルト研もなんかめっちゃくちゃ楽しそうね!!
澪がキャトられる、とかいうと中の人の別の外の人思い出すのはなぜだ(オカルト的意味で
自分も高校時代に、学祭の折に生徒会にいた同級生にさんざん世話や手間をかけたりしたので、そういう部を超えた交流ってのは楽しいよねよくわかる。


それにしても学園祭の準備ってなんであんな楽しいんだろうね!!
とくに徹夜で準備とかマジで楽しいよね!!
唯や律じゃなくともテンション上がるし!!
日付変わってちょっとするとどんどん壊れ始めるし、夜食とか食べるとテンション上がっちゃいますな!

あの空気感はいくつになってもたまらない。
大学でサークル入ってもそれに近いことは結構やってたし、動画なんか作ってると締め切りやお祭りの前日に徹夜とかいまだにザラw
和の言うフシじゃないですけど、ワザとやってるわけじゃないけどなんか楽しくてそうしちゃう、っていうか。
そしてその時間を共有できる人が居るってことがホント楽しい。
夜の学校とかマジで楽しいよ!!

だからそうやって時間を共有できる楽しさを、あずにゃんにはたっぷり味わってほしいなあ、とか若干保護者視点で見てしまってますw
(もっと言うと、和やさわちゃんの視点で唯たちを俯瞰するように見られるようになったら、それは多分自分がホントに大人になったときなのではないかと……)


で、まあ何が言いたいかって言うとですね。
あっちこちからの衣装の発注受けてハッスルしちゃって連日徹夜なさわちゃんの気持ちは死ぬほどわかるぜ、ってことで一つ。
Tシャツはマジでさわちゃんグッジョブ。来週のライブが死ぬほど楽しみ。


明日朝からバイトだけど四時間しか眠れない疑惑。
それでは皆様、Ci Vediamo!!
0

やっと夏休みが来た感が  アイマス/ニコマス関係

――前略 お元気ですか?
ひとつ山を超えてやっと夏休みが来たような感じです。ハバネロです。

というわけで院試はなんとか終わりました。
筆記試験では問題傾向をいきなりひねられて虚をつかれ、面接では喋ることまとめてから望んだはずなのに噛むし早口だしで不安要素は割とあるわけですが。
まぁ多分大丈夫……かな?

そんな感じでひとつ終わったので、友人たちとカラオケ行ってガルデモと放課後ティータイムを熱唱したり、Fate/EXTRAを買って聖杯戦争を戦ったり、真誕生祭動画をぼちぼち進めていたりしてます。
盆休みが開けたら卒論の方もなんとかせんといかんのでますます忙しくw


そんなこんなですが、明日からはもう東京の方でコミケが開催されますね。
僕は主に金銭的余裕の面から今年も参加を見送りました(血涙

なのですが、合同誌のゲスト原稿を描かせていただいたので、僕の描いた漫画だけはコミケに行きます!w
三日目東ポー47a サークル名「RED亭」にて、「Colorful STARS!! 2010夏」に三ページ寄稿させて頂きました。

詳細はRED.Pのブログで。大RED亭総帥自らの手によるかわいい表紙が目印です。
初めて同人誌の原稿とか描いたわ!!
それなりに頑張りましたので、他の方の素晴らしいイラスト漫画ともどもよろしくお願いします。


というわけで夏休み満喫される方は満喫してきてね!!
8月の残りはバイトと動画と卒論でいっぱいいっぱいだよ!!w

それでは皆様、Ci Vediamo!!
0

あきらめないで、さぁ行くよ!!  けいおん!

――前略 お元気ですか?
気づけば大一番は目の前に。ハバネロです。

てなわけで、ここ一月半くらい割と全力で勉強してました大学院入試がいよいよ明日(というか日付的には今日)!!
はええよ、びっくりするくらいはええよ!!w

割とわたわたしながら準備してた感が無きにしもあらずなんですが、過去問を十年分問いてみた感触では、「よっぽどひねくれた問題でない限りは大丈夫!」な感じでした。
それでなくても一年半勉強してきた専門分野です。いざってときはその積み重ねが力になってくれるはず!!

律Figmaも無事届きましたし!
律シャーペンはとっくのとうに購入済みですし!!
律のイラスト付きで北野天満宮に合格祈願の絵馬奉納してきましたし!!!

これだけ律パワーを充填すれば行けるはずだ!!(それはどうなの
そして自信はないといえばうそになる!!
何事も勢いとタイミングって誰かが言ってた。

というわけで久々の大一番でございます。
まぁいっちょ頑張ってきますかねー。肩肘はらず、でも懸命に。このバランスで今回も突撃だ!!!


●けいおん!! 第19話「主役!」

というわけでさらなる精神の充足を計るべくけいおんを見る私です。
ロ澪とジュ律エット。
そう、律澪だ。
そりゃふたりとも嫌がるわその配役w
っていうか律澪はもはやクラス公認コンビなのか畜生!いいなあ……(何が

やるき失いまくりの澪をうまく誘導して(というとアレですが)励ます和。
けいおんにおける和の立ち位置ってホント特殊ですよね。
唯たちから見れば同世代の友人、のはずなんですが、視聴者としては立ち位置がすごくさわちゃん的というか、大人サイドに近いというか。なんなんでしょうね?

閑話休題。
あずにゃんはおろか弟にまで笑われるりっちゃんがちょっと可哀想w
律を女の子らしくさせよう、澪を男らしくさせようとするシーンは笑ったw
澪の鎖骨がセクシー過ぎてやばいでしょう。

そしてふと引っかかったのが、律が何故、女の子らしさというか、おしとやかさ的な概念を嫌うんだろうなー、ということ。
自分には似合わないのが分かってるから恥ずかしがってるのかしら?
弟や澪の保護者的(というよりも兄貴分的?)立ち位置が染み付いてるせいもあるのでしょうか?
前者が原因で後者につながってたりするのでしょうか?
いずれにせよ、今のポジションが馴染みすぎてるというのはあるのかも?


なんだかんだで一念発起して仲良く練習する二人がですね。
「お互い、相手の演じる自分の役柄」を想定して演じたら上手くいく、っていうのは実にこのコンビらしいですね。
自分より相手のことの方がきっとよく分かってる。
そういう信頼関係はやはり素敵です(きらきらしたムギちゃんの目をしながら


喫茶店で特訓!原作のあの話をここで持ってくるか!!
またしてもスタッフ上手いな!!と感心する私。
というかこのコスチューム可愛いですよね。メイドカチューシャじゃなくて帽子、さらにロングスカートって言うのが、「正統的19世紀イギリスのメイド」って感じで!
本来のメイドさんってこう言うのだよ!!ミニスカメイドとか幻想だ!!

話はそれましたが。
ここでも笑うあずにゃんwww いい意味で律には遠慮しないあずにゃん、っていう構図も好きだったりします。そういう先輩ひとりはいるよねw
そしてやっぱり澪の背中を押すのは律の役目。
そう、律はやっぱり、澪のことをよーく分かってるんですよね。
背中押してくれる人がいれば、震えてても進んでいける。
あと、接客業は慣れだよね、うんw(バイトの経験から)
すっかりうさんくさい営業スマイルとなけなしのイケメンっぽいボイスを振りまくくらいのことは慣れっこになった私です。

気疲れで固まってる澪に向けた律の視線がホント優しくていいなあ、と。
しゃーねぇなあ、っていうあの目。あれがすごく好き。



やはり律澪は夫婦であるということがよく分かったお話でした。
で、ライブの方は大丈夫なんかいなw


よし、百合力の貯蔵は十分だ。
それでは皆様、Ci Vediamo!!
0




AutoPage最新お知らせ