2019/2/17  19:59

今日は民族大移動、10名で遠足したよ!  スキーレポート

当たり前のように、今日も志賀高原ですが、今日はいつものヤケビではなく奥志賀スタートです。

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず1番機ポジションをゲットしました。
土日の奥志賀は8:00スタートなので、今日はダウンヒルを2本滑って、焼額山の通常営業の1番機より少し早めに焼額山に戻る作戦です。

朝の奥志賀は雪が舞い、気温はマイナス10℃とそこそこの冷え込み。

クリックすると元のサイズで表示します

で、1番機に乗って山頂を目指すゴンドラからは、まっさらなノートラックなバーンが!

クリックすると元のサイズで表示します

うっひゃー!
これはヤバイ!
マジで見ただけで昇天してしまいそう!

クリックすると元のサイズで表示します

滑るのに夢中でろくな画が撮れませんでしたが、圧雪の上に板が被る程度の新雪が乗り、朝イチダウンヒル最高でした。

2本目になると、すでに何本もの跡がありますが、コンディションは同じです。

クリックすると元のサイズで表示します

で、朝2本のダウンヒルを堪能したので、連絡路をガン漕ぎで焼額山に戻ります。

が、第4ペア下の雪がだいぶ増えたようで掘り下げてありました。

クリックすると元のサイズで表示します

コレだけの雪があれば通常はGWまで安泰なのですが、この後3月は気温が高い予報があるのでどうらる事やら・・・

さー昨日はロイヤルクオリティーで最高なコンディションだった焼額山。
今日はどうでしょうか???

クリックすると元のサイズで表示します

すっきり晴天とはいかないものの、昨日に比べれば視界は一億倍イイです!

クリックすると元のサイズで表示します

予定通り、通常営業組みより早めにコースインして、誰もいないGSコースを一人占め♪

クリックすると元のサイズで表示します

いや〜楽しい♪
ホントに楽しい♪

でだ、いつもならこのままGSコースを回すところだけど、今日の私はちょっと違う!

2本目は白樺に行くのだ!

その前のパノラマだって、朝一はガラガラですけど!!!

クリックすると元のサイズで表示します

で、白樺にやってきました〜

クリックすると元のサイズで表示します

これまた貸し切り!
私のためにこんなに素晴らしいコースを提供いただき、焼額山スタッフの皆様ホントにありがとうございます。

この時間ではまだ一の瀬方面からの流入は少なく、2高もまだ空いていまして・・・

クリックすると元のサイズで表示します

サウスコースもまだまだ余裕でスイスイです。

クリックすると元のサイズで表示します

で、今日はこの後天気も良くなりそうだし、久しぶりに遠足にでも行くか!
って、イチゴンに戻ると、なんだかいつもの見慣れた団体さんと遭遇。

いつもの焼額山メンバーの子供たちが久しぶりに勢ぞろい!
そんな、ファミリーに紛れ込んで今日は志賀高原遠足だ〜♪

メンバーは下は小学1年生の女の子2名、高学年男女3名、お付きの大人が5名の計10名。

普通に考えると、小学1年の女の子がいる時点でとても大人のペースで滑れるわけも無く、休み休みで待っていることが多くて遠足にならないのでは?

と、思っているるそこの貴方!

おそらく滑りを見たら度肝を抜きます!マジで!

パリパリのジャイアントや一の瀬ファミリーの上部を、大人と変わらないスピードで平然と降りていくスーパー小学生たち・・・・

だれがこんな子に育てたんだ(笑)

とういわけで、焼額山を後に、一の瀬〜寺子屋〜東館〜タンネと回ります。

クリックすると元のサイズで表示します

一の瀬はパリパリながら、エッジもかかるコンディション。
スーパーキッズはスイスイ降りて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

寺子屋に来ると、寒さが一段違います。
晴れ渡ると素晴らしい景色が見れますが、キッズたちにはそれほど重要なことではないようです(笑)

東館に来ると、かなり蒼い空が見えるようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

キッズたちはオフピステに入ったりと、自由気ままで子供らしくて見ていてとても楽しそうでした。

今日は大人数なので、席が確保できる早めの時間帯にランチタイムです。

クリックすると元のサイズで表示します

いつ食べても、コストパフォーマンス最高なチウのビーフシチュー。

お昼をさっさと済ませ、ゲレンデに出るといつの間にか快晴に!

クリックすると元のサイズで表示します

いや〜、やっと来ましたこの天気!

ならば、なおさら滑走意欲が増すというもの♪

午後は西館を降り

クリックすると元のサイズで表示します

ジャイアントまで足をのばします。

クリックすると元のサイズで表示します

このパリパリのジャイアントを、小学1年生の女の子が躊躇せずスイスイと降りていく姿にあっけにとられる引率の大人たち(笑)
高学年組はキレキレでカットんで行きます。

そんな子供たちにとってはブナ平なんて、お遊びゲレンデでしかありませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

一の瀬に戻り、パーフェクターでも子どもたちはお構いなしに攻めまくります。

クリックすると元のサイズで表示します

この子たちには怖いってフレーズはないみたいですね。

で、ただただ暴走してスピードを出しているだけなのでは?
ってお思いでしょうが、しっかり板を踏んで、スピードやターンコントロールをしているのが素晴らしい!

さーそろそろ、焼額山に戻るとしますか!

焼額山に戻ると、サウスコースは凸凹もありますがお構いなしにぶっ飛んでいくスーパーキッズ!

クリックすると元のサイズで表示します

GSコースはさらなるコブ斜面に!

クリックすると元のサイズで表示します

上部はそこまで荒れていなかったのですがね。

クリックすると元のサイズで表示します

奥志賀に行く手前の斜面も、けっこうな凸凹が・・・

クリックすると元のサイズで表示します

そんな斜面もキャッキャ言いながら滑り降りるキッズは、

オクシガ行きたーい!

ハイハイ、分かりました。

ここまで来たら行きましょう。どこまでもお供しますよ。

クリックすると元のサイズで表示します

すでに、ダウンヒル、エキスパートともにコブコブの奥志賀ですが、ここはやっぱり雪が違いますね。

そして寒い!

そんな奥志賀でも子どもたちは元気いっぱいです!

結局、お昼休憩30分足らずで朝一からリフトストップまで滑りまくった子供たち。

今日の遠足、私たち大人のペースと言うより子供たちのペースでしたが、そんじょそこらの大人ではついてこれないペースだったかと。

おそらくスキーラインがあれば、10,000mは超えているんじゃないかな???

小学1年生の女の子が二人いて、普通1万は滑らないでしょ!

というわけで、今日もリフトストップまでたっぷり滑りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いや〜ホントに今日は楽しかった♪

みんなまた一緒に滑ってね〜。

15



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ