2012/12/9  20:37

シーズン2日目  スキーレポート

日本海側を中心に大雪となっている日本列島ですが、志賀高原は内陸に位置するためさほどでもなく、今日も降りはしましたが、空は明るくバーンも見やすく、降り方も穏やかで滑るには全く支障がない程度でした。

気温は朝からずっと−10℃をキープしたままでしたが、志賀にしては多少水分が多い雪が柔らかくも硬くもないイイ感じで圧雪され、第2ゴンドラ、第2高速をローテーションしてノンストップで滑りまくり、とっても楽しい大満足な一日でした。

今年から販売されているシーズン初めと春スキー期間のエリア券は今年のようにゴンドラが稼働しているとかなりお得感があります。
今日の焼額山は一日3,600円、半日3,000円とさほど安くない印象ですが、この時期ゴンドラで回せることを考えるとお得感満載ですね。

今日の滑走データーは19リフト、滑走距離36キロ、標高差6,276m
http://www.skiline.cc/skiline?slc=1m1v07vt2hh&apiKey=aba74274315f11e195008f30ce1bd58f&type=pdf&locale=ja

今晩から大雪予報で長野北部の多い所では60センチ位積もるそうなのでいよいよ冬本番ですね。

来週末にはかなり多くのスキー場がオープンすることでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

霧氷が綺麗でしたが、水分が多い証拠です。
ハイシーズンになると水分が無くなるので木に雪が着かなくなるのです。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ