2013/1/21  19:14

志賀の新しい楽しみ方  スキー雑談

昨シーズン導入された志賀高原の新しいリフトゲートシステム。

Skiline
クリックすると元のサイズで表示します

カード型のリフト券で今までのICチップ型に比べ、センサーにかざさなくてもゲートを通れば認識する感度の良さはなかなかだ。

それよりなんと言ってもPCやスマホでリフト券番号を入力するとその日のリフト乗車データーがグラフ化され出てくるのが素晴らしい。
何時何分に何処のリフトに乗って何分で降りてきたか、一日でどれだけ標高差、距離、リフト本数を稼いだかも一目瞭然。

そしてそれは順位となって表示されるのだが、ランキング1位の人は「おいおい、本当にこんなに乗ったの?」と疑いたくなるほど尋常ではない乗り方だ。
ちなみにこんなですから
http://www.skiline.cc/skiline?slc=vif88p184f&stats=14e16eeadf96f7d2687b716ea3520f5c&type=pdf&locale=ja

順位を付けられるとおのずと闘争本能に火が付いて、今までだったら「さてこの辺で止めようか」って思っていたのが「今日は1万mに届いていないからもう少し滑るか」となってしまうので今度は怪我が心配。

私の最高記録はこんなで現在21位です。
http://www.skiline.cc/skiline?slc=12ddkh0t4lu&stats=14e16eeadf96f7d2687b716ea3520f5c&type=pdf&locale=ja
今シーズン何万人が志賀に来ているのか判りませんが、21位でも相当なスキー馬鹿でしょうが(笑)
これでも相当頑張っているから1位の2万m超えって想像がつかない世界です。

それと今まであった全リフトを制覇するチャレンジカードは当然スタンプなどいちいち押さなくてもSkilineが勝手にやってくれるので楽になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ