2012/12/2  18:43

シーズン開幕  スキーレポート

2012/13シーズン開幕の初滑りは例のごとく焼額山です。

本当は土日と行こうと思いましたが、土曜日は雪だけでなくガスも出ていたので見送り、日曜日に賭けました。

朝起きてライブカメラでチェックすると志賀は雲の上の様です。
早朝営業で6:30から第2ロマンスが動いてはいますが、さすがにそこまでは元気がないので通常営業の8:30に合わせて7時に出発。

いつも長野インター〜中野インターまでは高速移動ですが、いきなり中野から先がチェーン規制とのこと。
シーズン中だと中野インターでのチェックのため手前2キロ位から渋滞するので小布施のスマートインターで降りますが、今日はほとんど車が走っていなかったので一か八か行ってみると全く渋滞は無く、すんなり中野インターを降りることができました。

中野市内を抜け山ノ内に入る頃には道路にも雪が積もり、上林の手前からは完全圧雪。
シーズン初めの雪道ドライブはいつも緊張しますが、今年はスタッドレスも新しくしたので全くストレスなく登りきることができました。

途中の景色はもうハイシーズンそのもので、今週オープンしなかったスキー場もゲレンデを整備すれば滑れそうな感じでしたが諸事情が色々とあるのでしょうね。一昔前なら本日全山オープンだったかもしれませんね。

焼額山に着くとゴンドラ駅舎前の駐車場は既に満車に近く埋まっており、私の後数分後には一段上の駐車場に誘導されていました。

ゴンドラ2番機で山頂に上がるとハイシーズン同等の柔らかグルーミングバーンがお出迎え。
パノラマコースを滑って行くと見事な雲海が広がっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

パノラマコースからサウスコースに入ると雪質は人工雪とのミックスになり、さっきまでのフカフカバーンから既に早朝営業で荒らされたコースとなり、これはこの先どれだけ荒れてしまうのかと思いきや、柔らかい雪は多くの人が滑ることで自然圧雪となり徐々に滑りやすい走る雪に変化していきました。

クリックすると元のサイズで表示します

お昼過ぎには曇ってきてバーンも見づらくなって初滑りの身体は徐々に疲れてきたので1時で撤収としました。

来週も天気予報では雪マークが並んでいるので多くのスキー場、コースがオープンすることでしょう。
願わくば焼額山も1ゴンも動いて、GSコースが滑れると一気に楽しさ倍増となるのですが、さすがにそれは厳しい(コスト的に?)かと思うので、第2高速・唐松コースオープンを期待したいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

一の瀬・高天ヶ原も一番下の短いリフトのみの営業でしたが来週は上から滑れるでしょう。
ダイヤモンド、山の神も営業すれば一気に繋がって志賀らしくなるのですが。

ちなみに今日の滑走記録は
http://www.skiline.cc/skiline?slc=125aaeadaku&apiKey=aba74274315f11e195008f30ce1bd58f&type=pdf&locale=ja
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ