2013/5/6  22:28

2012/13シーズンは  スキー雑談

今日で志賀高原の通常営業が終了。
例年だと明日からは、熊の湯、横手山、渋峠のみの営業になりますね。

今シーズンは12月初めから順調に降雪があり、焼額山なんていきなり2ゴンが動くと言う素晴らしいシーズンイン。

その後1・2月は冷え込みも厳しく、ゲレンデコンディションは何処に行っても最高なシーズンだったのですが・・・・
3月、あの黄砂が大陸からやってきた週から、まさかの史上稀にみる最悪な3月に。

誰もが今年のGWはムリ!って思っていたら、今度は4月半ばから冷え込みが続き、GWに至っては記録的な冷え込みと降雪で最高の春スキーを楽しむことが。

個人的には滑走日数21日。
・志賀高原:17日。
・栂池:2日。
・八方尾根・飯綱:各1日。
という内訳だが、17日滑った志賀でさえ、前売り券や地域限定券など格安チケットを上手く使ったのでシーズン券はやはり元が取れない計算になる。

12月第1週の焼額山でシーズンインして、土日どちらか天気の良い日に滑ると言う目標を確実にクリア(笑)と言うことは、滑りたくなくなる程の悪天候が土日連続した週が無かったと言うことになる。
やはり志賀って晴天率で言うとそれほど悪くは無いスキー場だと言えるであろう。
逆に野沢、黒姫、妙高等の県境は冬の間ずっと雪が降っているという印象だ。
でなければアレだけ積もらないしね。

でも、今年はあまり練習もしなかったし、コブやパウダーもあまり滑らず、ひたすら整地を大回りしまくったシーズンだった気が。

志賀のSkilineの記録を見ると、
一日での標高差ランキングが14221mで19位。
シーズントータルが160992mで82位。一日平均は9470m
547回リフト・ゴンドラに乗り、一日の平均は32本。
滑走距離は1008km。一日平均59キロ滑り、
リフトに乗っていた時間は一日平均2時間19分で、
17日間トータルでは2日と21時間46分乗っていたらしい。
それと志賀高原チャレンジは1周のみ。

まー年を考えると良く滑ったほうでしょうか。

いつもだとGW明けにもう一回くらい横手山・渋峠に滑りに行って本当にシーズンファイナルなので、終了宣言はもう少し先になりそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
最高のシーズンインだった焼額山
クリックすると元のサイズで表示します
今シーズン一番の景色
クリックすると元のサイズで表示します
仕事を休んで行った平日の八方も最高でした
クリックすると元のサイズで表示します
こんなパウダーの日もあり
クリックすると元のサイズで表示します
これまた平日の焼額山も最高だったな〜
クリックすると元のサイズで表示します
GWだと言うのにこんな粉雪で滑れて幸せ〜

最悪だった悪夢の3月は記憶から抹消しました。
嫌なことは忘れるタイプなので・・・
1

2013/5/6  21:48

家BBQ  美味しいもの

GW最終日は家でBBQ。

以前は毎年ゲレンデサイドでやっていたけどね・・・

クリックすると元のサイズで表示します

道具も炭火のBBQコンロは壊れちゃったので、簡単にガスコンロに焼き肉プレートとやっぱりカセットガスで簡単に網焼きができるイワタニの「炉端大将」ってヤツ。

炭火はおこすのも片づけも大変だけど、こいつらは本当に簡単。
ただ風には弱いから風よけは必要だけどね。

またいつかゲレンデサイドでやりたいな〜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ