2013/5/19  12:48

LA&LV 3日目  アメリカ旅行

アメリカ3日目は早朝5時にLAから空路で1時間掛けてラスベガスへ

LAを飛び立って20分もすると、ほとんど砂漠の世界へ。
LAがいかに砂漠の中に人工的に作られた街かが空から眺めると良くわかりますね。

クリックすると元のサイズで表示します

ウトウトする間もなくラスベガスに到着。
飛行機を降りるなり空気がLAとは明らかに違うのが分かります。
着いた日は33℃、翌日は38℃まで上がったそうです。
ちなみにアメリカは華氏表示なのでいまいちピンときません。

クリックすると元のサイズで表示します

ラスベガスでは2日間丸々フリーなので、着くなりホテルでやっている無料のショー巡りに行くことに。

LVの中心地は昔のダウンタウンからラスベガスブルーバード、通称「ストリップ」へと移り、巨大なホテルがテーマを持ったひとつの町になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
これはNYの摩天楼を再現したホテル。その名も「ニューヨーク・ニューヨーク」
ビルの合間を走るジェット・コースターが名物です。

クリックすると元のサイズで表示します
色々な施設が集まった複合施設「シティーセンター」
とっても近代的な建物です。カッコイイです。

クリックすると元のサイズで表示します
ハーレーダビッドソンカフェやハードロックカフェなど、いかにもアメリカ的なノリが気分を高めてくれますね〜♪
町中に流れるロックもいかにもアメリカらしい。
クリックすると元のサイズで表示します

で、たまたまこの日ストーンズのTシャツを着ていたので、ガイドさんが「ストーンズ好きなんですか?今日ライブがありますよ」という話になって「え、え、え〜マジ!チケット取れないですか?」

「確実に取れません(笑)」

「ですよね〜。あったとしても驚きの値段でしょうし・・・諦めます(涙)」

いやーもし行けたら最高だったろうな〜。

クリックすると元のサイズで表示します
ここは見た通り、パリを模したホテルです。
お昼はここのバフェでいただきましたが、お昼の人気ナンバー1バフェなので入るのに30分並びました。
フランスの街並みを再現した造りになっています。
クリックすると元のサイズで表示します

夜になるとライトアップされてこんな感じに
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
パリスのお隣、プラネット・ハリウッドが今回泊まったホテルですが、色々なホテルを回りましたが、カジノはここが一番雰囲気がゴージャスで良かったですね〜。(女の子含む(笑))

クリックすると元のサイズで表示します
ラスベガスで無料のショーと言えば、このベラッジオの噴水ショーという位有名です。


いくつかパターンがあって何をいつやるのかは分かりませんが、土日はお昼から15分おきにやっているのでいつでも見れます。
昼と夜とでは全く雰囲気が異なります。もちろん夜の方が断然イイです。

一日の最後は必ずアメリカ国歌バージョンだそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
ここ、ラスベガスも日が暮れるのは8時を過ぎてから。

クリックすると元のサイズで表示します
こんなランボルギーニや
クリックすると元のサイズで表示します
宣伝のためのこんなトラックも走っています。

一通りメインのショーをクリアしたので、ラスベガスと言えば

カジノ でしょ。

明日の朝も4時起きでグランド・キャニオンに行くので3時間と決めいざ出陣

まずはルーレット。

5ドルから賭けられるテーブルに着きました。
まずは2〜3倍の所に賭け少しづつ増やし、増えてきたら6〜9倍や18・36倍と賭けていきましたが、途中で賭け金が10ドルに上がったので結局1時間、トントンで終了。

次にブラックジャックに挑戦
これは掛け金が15ドルからだったので結構あっけなく終わりました(T_T)

お金さえあればかなり楽しい遊びですが、なくてもそれなりに楽しめるので、非日常的な気分を味わうだけで全然OKな感じです。

それにしてもこの日は歩きました。
ホテル一つ一つが巨大なので移動が大変です。
かといってその度にタクシーやら使うのも面倒なので、ほぼ歩いて移動しましたが、携帯の万歩計はナント24561歩。

3日目も無事終了。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ