2014/1/25  20:03

我慢できませんでした  スキーレポート

えっと、少し前に「娘の私立の受験が終わるまで、スキーはお預け」

なんて、言っていた私ですが・・・

先週のSkier_Sさんのブログやら

毎日こんな景色や

クリックすると元のサイズで表示します

こんな景色を眺めていると

クリックすると元のサイズで表示します

スキーに行かない事がどんどんフラストレーションとなり、なんか病気になりそうなんですけど。

で、昨日の金曜日も長野は朝からいい天気!

気温は上がったものの、さぞかし良かったんだろうな〜

なんて思っていたら、もう我慢の限界です。

ここからは本日のゲレンデレポです。

天気予報では昨日に引き続き晴天!気温も高め!

家を出て東に向かって進みますが、チョイ曇りかな〜。
でも、そのうちに晴れそうな感じ!

クリックすると元のサイズで表示します

道路は上林から上はほぼ全面凍結。
特に坊平まではかなり厳しいテッカテカ!
ゆっくりな車にも引っかかり、いつもより10分弱余計にかかりましたが、一般営業が始まる時間には余裕で間に合いました。

クリックすると元のサイズで表示します

気温はこの時期の志賀高原にしてはかなり高めの−6℃。

ファーストトラックが終わるのを待ちますが、いつもより人が多い感じですね。
ちなみにFTは定員の60名いっぱいだったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

8:30定刻に一般営業がスタート!

FTの後だけにあまり期待しないで滑りだしたのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

お!これは・・

クリックすると元のサイズで表示します

イイ!

クリックすると元のサイズで表示します

端にはグルーミングバーンも残っていて

クリックすると元のサイズで表示します

雪質も硬さもまさに自分好み!
前回の栂池FTも良かったけど、やっぱり志賀高原品質の雪にはかなわないわ。
人が出てくるまで、これはローテーションしなけりゃ。

オリンピックも良かったっす!
エッジ噛み噛みでカービングターンが思い通りに決まります。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、やっぱり10時頃になると人が増え始め、うーん、これでは大回りが楽しめないではないか。バーンはまだまだ荒れてないのにな〜

クリックすると元のサイズで表示します

と言うことで、今シーズン初の奥志賀に行ってみることに

ダウンヒルは人が固まっているところ以外は、フラットのままで、スピードの出る雪だったのでかなりブッ飛ばしました。ここももう少し幅があればなー

クリックすると元のサイズで表示します

エキスパートは圧雪が緩く、全体的に柔らかめのバーン。
バーンも見づらく安心して飛ばせる状況ではありませんでしたね〜。チョイ期待はずれ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

第3ゲレンデは相変わらず最高の雪質でしたね〜。

クリックすると元のサイズで表示します

焼額山に戻り、今度はパノラマ〜白樺経由で一の瀬方面に移動です。

クリックすると元のサイズで表示します

白樺もフラットで走る雪だったので気持ち良く大回りできました。

クリックすると元のサイズで表示します

で、一の瀬に行くには、山の神、ダイヤモンドと行く訳ですが

このダイヤモンドが良かったね〜!
あんなに締まって走る雪の時ってあまりないので、珍しく10本もローテーションしてしまうほど。
クリックすると元のサイズで表示します

さて、ファミリーはと言いますと、正面上部もフラットのままでイイ雪、イイ硬さ。

クリックすると元のサイズで表示します

パーフェクタだって、DRYな雪でサイコーなんですけど♪

クリックすると元のサイズで表示します

で、気が付くともう1:30ではないか。
そろそろお腹が空いたので今日は「昔ながらのナポリタン、500円也」を食べに寺小屋に行くことに。
しかし1本滑ってレストハウスに行くと「売り切れ」(T_T)次回は早めに行って絶対食べよ!

クリックすると元のサイズで表示します

志賀高原のこんな木々がたまらなく大好きです。

クリックすると元のサイズで表示します

最後はイーストコースでコソ連して撤収。


クリックすると元のサイズで表示します

私にしては珍しく4:00まで滑りましたが、滑走本数の割に標高差があまりないリフトがメインだったので思ったほど標高差は稼げませんでした。

と、ここで何か気が付かないか?

そう、今日はピーカン予報のはずが一日中青空を見ることは無く、ずっと薄曇りでした。
でも、でも、そんな薄曇りのおかげで、気温が高めな割にはバーンは一日緩むことが無く、締まったイイ雪をたんまり楽しめたので最高の一日だったのだ!

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ