2018/12/9  20:48

狭い・硬い・混雑+激寒・・・  スキーレポート

金曜夜から天然雪がお情け程度しか降らなかったヤケビは
『狭い・硬い・三重苦』だったとSkier_Sさんからのブログ報告でしたが、果たして今日の焼額山はどうだったのでしょうか!

朝、焼額山に向かう途中の中野市辺りから雪が激しく降ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
(前方に見たことがあるクルマ発見!)

山ノ内に入るとそれっぽくなってきて

クリックすると元のサイズで表示します

上林の気温がマイナス2℃とイイ感じです!

クリックすると元のサイズで表示します

先週まで信号機による片側通行も無くなりすんなり通過

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、1000mを超えると道路は凍てつき、もはやノーマルタイヤにチェーンでは厳しい状況です。

クリックすると元のサイズで表示します

もっとも、この時期に志賀に来る人でノーマルタイヤで来る人はいないでしょうけど・・・

サンバレーはまったく雪が増えていませんね(T_T)

クリックすると元のサイズで表示します

人工雪を打たない丸池は未だ草茫々です。

クリックすると元のサイズで表示します

高天ヶ原まで来ると辺り一面真っ白ですが、滑れるのはトリプルリフトのみ。
おまけにすでに修学旅行と思われる板がズラリと・・・

クリックすると元のサイズで表示します

このゲレンデに修学旅行が・・・恐ろしい光景が目に浮かびます。

一の瀬も見た目は真っ白ですが

クリックすると元のサイズで表示します

やはりここも修学旅行で埋め尽くされるのでしょうね。

で、向かいのダイヤモンド。
やはりもう一降り、二降りないと無理な感じですね。

クリックすると元のサイズで表示します

昨晩から降った雪はたったのコレだけ・・・OMG

クリックすると元のサイズで表示します

ってなわけで、今日もヤケビに着きますが、

クリックすると元のサイズで表示します

リフト下は相変わらず草が顔を出し

クリックすると元のサイズで表示します

雪は全く増えていない印象です

クリックすると元のサイズで表示します

で、今日は一日雪が降ったり止んだりのとてつもなく寒い一日だったのですが、空からはこんなかわいい雪が降ってきて

クリックすると元のサイズで表示します

寒いながらも心が和む瞬間ですね。

さー、そんな焼額山、果たして今日のコンディションは?

クリックすると元のサイズで表示します

リフト上から見た感じは、コース外を示すポールが先週より狭い方向に立てられてる気がします。

で、コースに降り立つと、昨日からの降雪は10cmと言ったところでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

たったこれだけの雪を圧雪すればいったいどれほどの嵩上げになるのか定かではないけど、ないよりはマシというもの。

いざ、コースイン!

クリックすると元のサイズで表示します

硬い!これは硬いよ!

クリックすると元のサイズで表示します

日頃、『硬いのサイコー!』と軟らかいのより硬い方が大好きな私でも今日のは硬い!と思える硬さ。

まさにアルペンレース推奨コンディション(笑)

それでも、朝のうちは人も少なめでリフト待ちもこんな程度

クリックすると元のサイズで表示します

緩斜面に入る最後の落ち込む斜面も、ポールで規制されているものの、
このポール際が思いのほか軟らかくて、終日軟らかコンディションをキープしていました。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、楽しい時間はあっという間におわり、1時間もするとリフト待ちの長い列が・・・

クリックすると元のサイズで表示します

当然、ゲレンデに人があふれ

クリックすると元のサイズで表示します

朝市のほんのわずかな新雪もあっさりと剥がされ、ツルピカバーンの登場です

クリックすると元のサイズで表示します

長いリフト待ちの後、遅いペアリフト、滑るのは
たったの2・3分・・・

おまけにツルピカバーンをへたった板で滑るので、疲れ方もハンパない感じです。

ということで、今日は早めのピットイン。
今日のランチは『フォレスターレストラン』で豪華にカップラーメンとおにぎりです。

クリックすると元のサイズで表示します

今までも良く車内で食べることがありましたが、フォレスターはリヤシートの空間が広いのでとっても快適です♪

さて、おなかも満たされ午後の部スタートですが、なにやら見慣れない板を履いていますよ。

クリックすると元のサイズで表示します

なんと、雪のないこの時期にいきなりおニューの板を下ろしてしまったKENKENさんの板をお借りしました。

2017/18モデルですが、ロシのデモアルファソフト・172cm・R14というスペックです。

何の先入観も無く履いてみましたが、いや!これいいですね。
今日のようなハードバーンでも全く叩かれることも無く、へたったフィッシャーでは相当気合いを入れていかないとズルっとしてしまうバーンでも、しっかり捉えてギュインギュインと走っていきます。

あ〜楽しい!
新しい板で滑るってこんなにも楽しいんだったんだ!

しかも楽!
こんなハードなコンディションでも板が助けてくれるよ!

もう少し斜度のあるバーンで乗ってみたかったけど、かなりオールラウンドに使える板だと感じました。

いまだ今シーズンの板が決まっていない私ですが、この板の上のモデルで172cm選択なら朝イチのGSコースをかなり気持ちよく滑れるのでは!

と、今日も狭い・硬い・混雑の三重苦の上に激寒が加わり、四重苦に近いコンディションですが、仲間と滑ればそんなつらい修行のようなスキーも楽しいものです♪

時間とともに人が減り、二時半を回ると一気に空き始めました。

クリックすると元のサイズで表示します

リフト待ちはほぼなくなり

クリックすると元のサイズで表示します

コースから人も消えました

しかし、今日の寒さに耐えきれなくなった私は、リフト終了を待たずして撤収

3時半を過ぎるとけっこうな勢いで雪が降り始め

クリックすると元のサイズで表示します

気温はこの通り、寒いわけです。

クリックすると元のサイズで表示します

日差しがない分、今日は気温以上に寒く感じました。

そんな寒かった志賀高原ですが、里に降りてくれば雪のゆの字も無いわけでして、帰り道、雲の隙間から見る『槍ヶ岳』の姿がきれいでした。

クリックすると元のサイズで表示します

先週半ばの高温&雨でどうなる事かと心配しましたが、焼額山スタッフの努力によりゲレンデは保たれ、硬いコンディションながら滑れたことに感謝です。

まったく滑れない白馬や野沢に比べたら、滑れるだけで儲けものですから。

今週はいよいよ雪マークが続きますので、来週はもう少しいいコンディションで滑れる可能性大!!!

市民生活に影響がない程度に、そこそこ降って欲しいものですね。
19



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ