2019/11/10  21:11

チューンナップルーム開設  スキー雑談

今日は天皇皇后両陛下即位のパレードが行われました。
天気も良く、素晴らしいパレードでした。

令和の世が平和でみんなが幸せに暮らせると良いですね。

さて、イエティー、軽井沢に続いてウイングヒルズもオープンして、いよいよシーズンも本番となりつつあります。

志賀も23日に熊の湯がオープン予定ですが、今月半ばから22日まで冷え込みがありそうなので、きっと熊の湯スタッフが精魂こめてゲレンデを造ってくれることでしょう。

そんなシーズンに向け、我が家にこんなモノが出来ました。

大きな厚手のブルーシートで部屋の半分を覆って、少しでもワックスで部屋が汚れるのを防ぎます。
これだけやっても、目に見えないワックスのカスが舞いあがるのが悩みの種ですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

きっと皆さんもこの手の作業台って使っている人も多いのでは。

でも、これって力を入れてスクレーピングしたりすると、ガタガタして安定感がないんですよね〜(-_-メ)

で、こんなモノを造ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

これを、こんな感じにセットします。

クリックすると元のサイズで表示します

するとどうでしょう!こんな立派なチューンナップテーブルが出来ました!

クリックすると元のサイズで表示します

で、チューンナップで一番困るのがワックスを剥いだ後のカス・・・

あれはホントに厄介ですよね〜。

なので、回りにこんな感じで段ボールを使って、削りカスが下に落ちないようにしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

邪魔な時は上側にでも下にでも出来るのが、段ボールのいいところ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず、チューンナップから上がってきた板はワックスを剥がすだけですが、一台はエッジも立てないとならないし、ワックスも入れないとならないので、しばらくはこの部屋はチューンナップルームとなります。

エッジチューンは、アンダーは角度を任意に変えられるガイドを使います。
通常1度にすることが多いですが、0.75度や0.5度ってのも使います。
サイドは88度が多いですが、今回は娘が使うことを考えて、
アンダー1度、サイド89度の緩めのチューンにしたいと思います。

ボーダーをしっかり取らないと正確な角度が出ないので、ボーダーカッターでしっかり取りましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

スクレーパーはいくつも用意して、必ず波目ファイルでしっかり角を立てたものを使いましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

ブラシはスチール、ブロンズ、ナイロン、馬毛の4種類。
電動のが欲しいのですが、今はそれほど真剣にワックスを入れないので我慢です。

クリックすると元のサイズで表示します

それと、ブラシを掛ける時、ソールを霧吹きで濡らしてやるとカスが舞わなくて、静電気も抑えられるので良いですよ。
ぜひ試してみてください。

アイロンはかなり年季が入ってます。
もう少し、分厚いのが欲しいのですが高いんで・・・

クリックすると元のサイズで表示します

さー明日から夜な夜な頑張るかな。
12



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ