2020/1/13  18:40

連休中日は焼額山ナイタ〜♪  スキーレポート

三連休初日は思ってたより混雑もなく、コンディションも上々でしたが、中日ともなるときっと混雑するだろうと思い、昼間は滑りませんでした。

で、日曜日はナント、ナイターに行くことに!
Goku妻はなんと30年ぶりのナイターです(笑)

ほんでもって18時から始まるナイターの前に腹ごしらえをしなければ!
ってことで、来たのは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

一の瀬にある一井ホテルの中にあるココ!

クリックすると元のサイズで表示します

え!志賀の山の中に大勝軒ですか???
大勝軒と言えば、つけ麺で有名なあのお店ですがなぜ志賀に・・・

答えはこういうことです。

クリックすると元のサイズで表示します

メニューもたくさんありましたが

クリックすると元のサイズで表示します

注文したのは定番のコイツですね。

クリックすると元のサイズで表示します

まさか志賀で食べれるとは思っていませんでした。
とても美味しかったですよ〜♪

さてさて、お腹もいっぱいになったし、焼額山ナイターに行きましょうか!

クリックすると元のサイズで表示します

優雅なディナーを横目にリフト乗り場を目指します。

クリックすると元のサイズで表示します

焼額山のナイターは18時から20時までの2時間です。
もちろんナイター前にピステンが入り・・・

クリックすると元のサイズで表示します

もうそれはそれは、この世のモノとは思えないほどの極上シマッシマ!
この日は、人も少なく、終わるまでグッドコンディションが続きました〜(^^)v

いや〜楽しかった。
焼額山ナイターはフード付きリフトなのがイイですね〜♪
寒さをそれほどは感じません。

ナイター癖になりそうです。

そして明けて本日、渋の家ではこの程度の雪しか降っていませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は満月も出ていたし、山の雪も増えていない可能性10000000%です(T_T)。

最終日と言うこともあって、登るクルマも少なく順調に登っていきますが、サンバレーから先はスリッピーな凍結路でした。

クリックすると元のサイズで表示します

焼額山に着くと、ゲートオープン待ちの人は少なめです。

クリックすると元のサイズで表示します

天気は曇っていますが、山頂まで見えるので何とか視界はありそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

山頂の雪は硬めの圧雪。シマシマはそれなりに残っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

画像で見るよりかバーンは見やすく、気持ち良く大回りでスタート!
ゲレンデ上部のバーンは締まり、板が良く走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

中盤のメインバーンはちょっとザラっとした感じの雪。
トップシーズンの志賀としたらちょっと物足りない感じがします。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなGSコースを滑っていると、白樺コースがイイですよ〜♪の情報
そんなことを聴いたなら、行かねばなるまい白樺コース

クリックすると元のサイズで表示します

コース真中あたりに怪しいところはあるものの、締まったバーンがサイコーでした!

そうこうしていると、徐々に空が明るくなり、バーンも良く見えるようになってきました(^^)v

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いや〜バーンが見えるって素晴らしい!
多少のコロコロだってへっちゃらだ!

そして、今日も雪が良かったのがオリンピックコース

クリックすると元のサイズで表示します

エッジ噛み噛みの良い雪は、人さえいなければ上から一気に行きたいところだ。

サウスコースも11時頃になると、嘘のように空いてきました。
コンディションもなかなかです。

クリックすると元のサイズで表示します

唐松コースもガラガラになってきました。
バーンも締まって、速い雪で気持ち良く落下運動が出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します

第2高速も混んでもこんな程度。
タイミング良ければ飛び乗り状態です。

クリックすると元のサイズで表示します

今日はチラチラ雪が降ったり、晴れ間が出たり、時折強く降ることもありましたが、比較的空が明るく、全然バーンが全然見えなーい!ってこともなく、まずまずだったかな〜

クリックすると元のサイズで表示します

で、昨日のナイターで張り切りすぎたGoku妻スキーヤーの足が売り切れたので、今日はレインボー上がりです。

それにしても、歴史的暖冬の今シーズンですが、志賀はその中でもかなり恵まれている方ですかね。
でも、まだまだ怪しいところばかりなので、今度の週末までにドカーンと3降り位欲しいところです。
17



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ