2020/6/27  16:09

ゴルフ場、ガラガラ  ゴルフ

ってな訳で、今シーズンの初ラウンドに行ってきました。

今日は梅雨の合間の絶好のゴルフ日和!

クリックすると元のサイズで表示します

基本曇りでしたが、吹く風は爽やかで、この時期としたら申し分のないコンディション。

ゴルフコースは、ゴルフをやり始めたころは本当によく行った

斑尾高原カントリー倶楽部

クリックすると元のサイズで表示します

斑尾といっても、飯山インター近くにありとても高原とは言えませんが・・・

フラットで、コースも短く、トリッキーなところもないので、比較的いいスコアが出やすいコース設定かと。

さー、何てったて8か月ぶりのゴルフ。
例年なら、すでに何回かラウンドしているし、練習もしていますが、今年のコロナ騒動で
全くスイッチが入らず、練習も2回しか行ってないし・・・

果たしてどうなることやら

そんな感じでスタートしますが、いきなりナイスショットです(^^♪
2ndはグリーンを僅かに外しましたが、とりあえずボギーオン、2パットでスタート。

スタートとしては上々です。

で、続くショートホールは、惜しくもバーディーならずのパー。

しかし、次のティーショットをOBとして、上がってみれば鳥鳥トリプルボギー(T_T)

そして、ここから音を立てて崩れていきます。
ドライバーは打てば林の中に消えていき、出すだけで1打の損・・・


他人の不幸は蜜の味、とばかりに、同伴者からは『今日はどうしたの?』の慰めのお言葉・・・

6番を終えた時点で、9オーバーかよ〜
ダボペースまではいかないまでも、何とか50を切れるレベル・・・

しかしこのままでは終わらないのが、Gokuraku Golferなのだ???

いよいよGokuraku Skierから改名か?

ここから上がり3ホールを連続パーで巻き返しだ!

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず、午後に期待が持てる45回で前半終了。

で、いつもならここでお昼休憩ってものがありますが、今日はこのままスルーで後半に突入です。

するとどうでしょう!

今度は午前の調子が上向いたままのラウンドなので、絶好調なんですが(^^♪

5番までパー、パー、ダボ、パー、パーと2オーバー。

しかし、ゴルフってそうは簡単にいかないものです。

逆に後半は細かなミスが響き、上がり4ホールで5つも落としてしまします。

あのショートパット、あの林の中の一打・・・言い出したらキリがありませんが、そう思ってしまうのがゴルフなんですよね〜。

結局、後半崩れて43回。

クリックすると元のサイズで表示します

トータル、45:43=88(33パット)

とりあえず、80台で回れたので合格点です。

でも、9個もパー取っておきながら、88回はちょっとね・・・
せめて85回は切りたいところだよね。

そーそれにしても、ゴルフ場、ガラガラだったよ。
これもコロナの影響だよね。

4

2020/6/26  22:59

初ラウンド  ゴルフ

やっとこさ、明日今シーズンの初ラウンドです。

練習も2回しかしてないけど大丈夫か〜
😰

まー、何とかなるでしょ!

クリックすると元のサイズで表示します
4

2020/6/24  20:12

瓶詰はやけどに注意!  美味しいもの

えー、いっぱい採ったネマガリダケ。

採ってその日に食べる分以外は、瓶詰めにして保管します。

まずは瓶の煮沸消毒。

クリックすると元のサイズで表示します

瓶とともに蓋もしっかり消毒しましょう。

そして、煮たネマガリダケを入れて、軽く蓋を閉め、20分沸騰したお湯に入れましょう。

お湯はなみなみと瓶が隠れるまで入れます。

クリックすると元のサイズで表示します

そして20分たったら取り出して、今度はしっかり蓋を閉めます。

瓶を取り出すときには慎重に!

落としたりしたら、煮立った熱湯が掛かったりと危険です。

クリックすると元のサイズで表示します

そして今度はひっくり返して、さらに20分煮ます。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、最後に取り出すときが大問題。

瓶を取り出すのにも、トングが滑ってしまうので、布巾とか使って滑らないように、慎重に慎重に取り出しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

で、取り出して逆さまにして冷まして終了です。

クリックすると元のサイズで表示します

蓋がへこんでいたら、ちゃんと真空引きができた証拠なので成功です(^^♪

新聞紙などに包んで、暗所にて保管します。

これで、いつでも竹の子汁が食べれるのだ!

13

2020/6/21  8:58

山菜の王者、ネマガリダケ  美味しいもの

この週末から、いよいよ県をまたいでの移動が全国的に解禁になったわけですが、それはそれで第2波がちょっと心配ですね。

そんなコロナ禍の影響で、この時期の名物ネマガリダケも高山村は全面入山禁止、志賀高原も和合会会員でしか採ることができません。

ということで、昨日ようやくネマガリダケを採りに行ってきました。

天気は曇り、午後から晴れるという予報です。

クリックすると元のサイズで表示します

途中、一沼までは霧の中を走っていきます。

で、一ノ瀬に来ると気温は10度と、さすが標高1600mの高原です。

クリックすると元のサイズで表示します

下界との気温差は10度ですね。

さて、いつもの狩場に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

入山するにはこいつを着て入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

パトロールが回っているので、これがないとおそらく採ったネマガリダケは没収ですね。

駐車場からダイヤモンド山頂まで大人の足で10分。

クリックすると元のサイズで表示します

この時期だけリフト動かして〜

更に進みます。

クリックすると元のサイズで表示します

今はこのコース、シーズン中も閉鎖されているで、この景色を見れるのはこの時期だけですね。
撤去された1高の跡がなんともさみしい・・・

この斜面に掛かっていたリフトがあれば、一の瀬への移動も楽なのにな〜・・・

山の神が今のリフト1本になってから、一の瀬方面に移動することが極端に減りました。

焼額山1高で、白樺を回すのも好きでしたし、アフタヌーンファーストなんて、お昼に一旦コースをクローズしてピステンを掛けてくれるなんてサービスも大好きでした。

あ〜、なんだか懐かしいです

さー着きました!

クリックすると元のサイズで表示します

冬になると、この大きな木が半分雪の中に埋まります。
もちろんネマガリダケも完全に雪の下ですね。

いざ、出陣!

クリックすると元のサイズで表示します

こんな密集した竹藪の中を進みます。

竹藪の中には、こんな感じで枯れた竹があり、これが斜めに生えているので、体に刺さり痛いんですよ〜(>_<)

クリックすると元のサイズで表示します

昨日もこれがおでこを直撃!
タオルを巻いていたので大丈夫でしたが、巻いていなかったら流血ものでした。

万が一に備えて、防護メガネも必ずつけて入ります。

で、よく聞く遭難の話ですが、竹藪の中はこんな感じで、立ち上がっても見えるのは空のみ

クリックすると元のサイズで表示します

なもんで、平らなところだと自分がどの方向に向いているのかわからなくなってしまいます。

いつも来るこの場所はなだらかに傾斜があり、登って折り返して下るとほぼ同じ場所に出てこれるので、安心して入ることができます。

で、かき分けかき分け入っていくと、こんな感じでネマガリダケは斜めに生えています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

30センチくらいで、太いものが最高ですが、昨日は既にかなり採られた後のようで、伸びて細いものが多かったかな・・・

クリックすると元のサイズで表示します

で、この竹藪ですが、雨が降った翌日は竹に雨が残っているので着ているものはびしょ濡れになります。

クリックすると元のサイズで表示します

なので、カッパも必須アイテムです。

というわけで、約1時間半でこれだけ採れました。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年はスキー仲間の皆さんと、この後、山で竹の子三昧パーティーをやりましたが、もちろん今年は中止。

あ〜、今年もやりたかったな〜

さて、採るのが超大変なネマガリダケ。
実はこの後がさらに大変です。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは皮を剥かなくては・・・
そこで登場するのがコレ!

クリックすると元のサイズで表示します

竹の子カッター!!!

これに竹の子をこう入れて

クリックすると元のサイズで表示します

引き抜くだけで、竹の子に切れ目が入る優れもの。

クリックすると元のサイズで表示します

山ノ内や中野のホームセンターに行けば売っていますが、結構いい値段します。
ですが、毎年使うものですし、作業効率を考えるとコレなしでの作業は考えられません。

しかし、これがない場合こんな感じで包丁を入れます。

まずは、先を斜めにカットしましょう。
こうすると後で皮が剥きやすいです。

クリックすると元のサイズで表示します

で、包丁はこうではなく

クリックすると元のサイズで表示します

逆に持って、赤丸のところを使うと入れやすいですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

あと、カッターでも入れやすいですが、けが防止のため手袋をすることをお勧めします。

クリックすると元のサイズで表示します

で、こんな感じで皮を剥いていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

剥き終わると、なんと皮の多いことか・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ほいで、これで終わりではありません。

これから硬い節を取らないと・・・
今年のネマガリダケ、硬いところが多くて、捨てるところばかりです(T_T)

欲をかいて、硬いところまで入れちゃうと、そのあとの竹の子汁も不味くなっちゃうので、ここは欲をかいてはいけません。

クリックすると元のサイズで表示します

更にゴミが増えました(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

天ぷら用と煮るもの用に分けます

クリックすると元のサイズで表示します

灰汁があまり出ないのがネマガリダケの特徴ですが、今日はいつもより多かった気がします。

クリックすると元のサイズで表示します

で、ネマガリダケを採った日の夕ご飯は竹の子ずくしです。

まずは、焼き竹の子

クリックすると元のサイズで表示します

皮ごとオーブンとかで焼きます。

我が家はこれを味噌マヨでいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

ネマガリダケの甘さと味噌マヨのしょっぱさが絶妙のハーモニーです。

ちなみにマヨ多めがお勧めです。

そして、私が大好きなのは天ぷらです。

クリックすると元のサイズで表示します

何本でも食べれるし、何杯もビールが飲めちゃいます。

いや〜、もっと揚げればよかったな〜(^^♪

で、〆は竹の子汁

まずは味噌を少なめに入れて、しばらく置いておきます。
味噌はもちろん、信州みそです。

クリックすると元のサイズで表示します

こうすることで、竹の子に味が染みます。
で、沸騰寸前で火を止め、また味噌追加。
ここでも、ちょっと薄めにしておきます。

なぜなら、この後入れる鯖缶が結構塩気があるので、それを考えて薄めにしておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

で、この鯖缶ですが、ケチらないで高いものを買いましょう。
高いといっても、100円高いだけなので。

ひと缶100円とかのは、不味いのでせっかくの竹の子汁が台無しです。

で、こいつを汁ごと投入します。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に薄かったら、味噌を入れて味を調えます。

けっして、サバを入れた後に煮立たせないように!
サバを入れた後、煮立たせると生臭くなってしまいますので。

クリックすると元のサイズで表示します

いや〜、本当に美味しいですよね〜(^^♪

誰が鯖缶を入れることを思いついたのでしょうか?

考えた人にはノーベル賞を差し上げたいくらいです。
ダメなら国民栄誉賞。
それでもダメなら、長野県民栄誉賞。

一年で今の時期しか食べれないネマガリダケだからこそ、尚のこと美味しく感じるのかもしれませんね。

ごちそうさまでした〜(^^♪

ところで、採ったネマガリダケ、すべてその日に食べるわけではありません。

その話はまた後日!
12

2020/6/16  21:26

10万円の使い道  スキー雑談

梅雨に入りましたが、今年は例年以上に鬱陶しい梅雨になりそうです。

ところで、皆さんのところには10万円届きましたか?

我が家は先週やっと申請書が届き、申請したばかりなので未だに振り込まれていません。
マベノマスクも先週来たばかりだし・・・

ところで、皆さんの10万円の使い道は???

我が家は経済が少しでも回るように『スキー用品』に使う予定です。
昨シーズン、板を買ったのでそれ以外のものになりますが、まずはこんなモノを買いました。

クリックすると元のサイズで表示します

10万円の使い道というより、ただ単にポチッただけですが、あまりのカッコよさにドーベルマンユーザーとしては外せない一品かと。(ドーベルマンはほぼGokutsumaに占有されているが・・・)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カッコよい!

こんなことに小さな幸せを感じるGokuraku Skierなのでした。
13



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ