2020/10/6  21:05

フォレスター2年2万キロ、燃費がハンパない!  

と言う訳で、週末関東に遠征に行ってきたわけですが
フォレスターも2年で2万キロに達しました。

クリックすると元のサイズで表示します

そのフォレスター、2500CCのフルタイム4WDながら高速燃費が凄いんです。

我が家から更埴インターまでは10分足らず、その後延々と高速を走っていくのですが、
神田のスキーショップ、オープンするのが11時頃なのでゆっくり行くことに。

とりあえず藤岡ジャンクションまではACCを90キロにセットして、運転はアイサイト任せ。

で、藤岡ジャンクションから関越道に入ったところで燃費計を見てみると

クリックすると元のサイズで表示します

お〜!
素晴らしい!
なんとココまでの燃費は148キロ走ってリッターあたり19.4キロ。
このままだと、あと1180キロも走れる計算だ!

その後、関越道は95キロに設定してひたすら三車線の真ん中を走り続けます。

上信越道に比べれば、アップダウンはないもののそれほど燃費は伸びていきません。

しかし、大泉料金所まで来ると、燃費計はナント19.9キロ!

惜しい、何とも惜しい、もう少し高速が続いていればリッター20キロ行ったのに!

と思いながら、関越道から外環に入ったのだが、ついに、ついにその時がやってきました。

首都高を走っている途中でついにリッター20キロ達成!

クリックすると元のサイズで表示します

池袋のパーキングまで224キロ。
このペースなら更に1000キロ走れる計算になるようです。

いや〜素晴らしい!

空力的にも優れないSUVのフルタイム4WDがいくら高速巡行での燃費とはいえ
リッター20キロは凄いです。

今回は高速道路を200キロちょいでの燃費でしたが、これが300キロ400キロいや500キロだとしたら、いったいリッター何キロ走るのか試したくなります。

スバル車はフォレスターに限らず、レヴォーグも燃費がいいようですし、今度の新しいレヴォーグの1800tは更に燃費が良いとのことなので、高速を頻繁に使う人におススメです。
もちろんスキーヤーにおススメなのは言うまでもありませんが。

12



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ