2013/4/28  16:38

史上最高のGW  スキーレポート

スキーの神様は本当に存在したのだ。

今日は昨日の状況からして朝イチは間違いなく粉雪グルーミングバーンが待っているはず。
ならば早朝から滑るしかないでしょ。
ってなわけで、5時30分に出発です。

長野市も1℃まで冷え込みました。
クリックすると元のサイズで表示します

昨日は上林のすぐ上から圧雪だった様ですが、今日は3本のトンネルと2号トンネル手前の橋さえクリアできれば辿りつける程度だったのでお気楽ドライブでした。もちろんスタッドレス装着ですけど。
クリックすると元のサイズで表示します

早朝営業20分前には到着しましたが結構風が強く、「ゴンドラ動くの?」って心配でしたが定刻チョイ前に無事ゲートオープンです。
クリックすると元のサイズで表示します
まるで真冬に戻ったかのような景色。
クリックすると元のサイズで表示します

天気は曇りですが、春スキーに太陽は要りませんから。
クリックすると元のサイズで表示します

で、肝心の雪はと言うと〜山頂は−4℃まで冷え込み〜昨日降った雪が圧雪され〜
ハイシーズン並みの粉〜雪〜。
クリックすると元のサイズで表示します

もう上から下までノンストップで滑りまくる、滑りまくる。
朝からSkier_S氏と「サイコー!幸せ〜!」を連呼しっ放し。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

8時30分で早朝営業が終わったので唐松コースに行ってみると

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
パノラマコース程ではないものの、しっかりピステンが入りスピードに乗って大回りを楽しめました。

ながーいスキー人生の中でも間違いなく最高のGWスキーをお楽しみ中でしたが、さすがに11時を過ぎ太陽がゲレンデを照らしはじめると・・・
クリックすると元のサイズで表示します
徐々に下の方から緩み始め、ストップスノーが出はじめ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ましたが・・・こんなに空いているので・・・スピードを殺さず・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
上から下までノンストップ〜♪しまくり。

とは言っても、春雪を想定してしっかりワクシングして来たからね〜。
ワックス入っていない板だとかなり厳しい状況でした。

クリックすると元のサイズで表示します
午前券ラストで登った山頂の雪がコレですもん。
クリックすると元のサイズで表示します


7時から1時まで、休憩なしで6時間Skier_S氏と滑りまくる最高のGWスキーを楽しんだのだ。

え〜S氏はその後もリフトストップまで滑りまくったのは言うまでもありません。

帰りは色々寄り道しながら帰りましたが、

一ノ瀬も、高天ヶ原もGWは問題なさそうですよ〜♪
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帰り道の千曲川河川敷の桃畑が満開でした。
クリックすると元のサイズで表示します

それと今日は普通に冬仕様のウェアにヘルメットでお昼過ぎまで過ごせるほどだったのですが、これも初体験?だったかも。
1時過ぎの気温がコレ。緩まない訳だわ。

クリックすると元のサイズで表示します



0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ