2015/3/28  15:52

戸隠試乗会  スキーレポート

全く予定になかった戸隠の試乗会に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

毎年、この時期にタナベスポーツ主催で行われる試乗会ですが、行くのは5年ぶりくらいか。

今日の戸隠は朝の内は薄曇りで、バーンはザラメが硬めにパックされ、この時期の試乗会としては申し分ないコンディション。
クリックすると元のサイズで表示します
とは言っても、今日はかなり気温が上がる予報なので、試乗は午前のみエントリーしてきました。

試乗は9時からと言うことなので、足慣らしに2本滑ることに。
クリックすると元のサイズで表示します
表面はソフトだが、下地は結構硬め。
このまま薄日な感じでいてくれれば、午前いっぱいはザブザブにならないで良い試乗ができそうだ。

まず1本目

VOLKL PLATINUM SD SPEEDWALL 165cm R12.7
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ロッカーになってからのフォルクルは初めて乗るが、まず感じたのは軽い。
まずは中回りで滑ってみるとターン始動はスーと入って行く感じ。
で、足元はしっかりしていてエッジグリップも今日の朝一の硬いバーンでもしっかり噛んでいく。
硬い急斜面の小回りでも、ターン始動はスムーズで、板を動かしやすい。
で、思いのほかズラスことも容易。
小回りベースでオールラウンドに使えて、一日履いていてもそれほど疲れないだろう。
ただ、硬いバーンだと、やたらカラカラと安っぽい音がするのが残念。
でも、デザイン含めコレ結構気に入ったかも。

2本目

FISCHER RC4 RC 170cm R17
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これも軽い。
昔のRCと比べると、どっしり感は全くなく、170と言う長さもあってかなり軽快だ。
エッジグリップはそこそこで、ズラスことも出来るのが、どうせだったらもう5p長くして、朝一の大回り専用にした方がこの板の良さが生きる気がする。
それと、今年モデルにあったレースブースター付きとか言う奴は無かったから、RCに限っては1年で消滅か?
デザインはう〜ん、今年の方が好み。

3本目

ATOMIC BLUESTER DOUBLEDECK 3.0 LX 172cm R16.5
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大回りベースの基礎オールラウンドだそうで、小回りやコブメインで考えるなら166cmがイイと言われたが、特にコレと言った印象がない板。
グリップもガッツリと言う感じもないので、気持ちもう少し張りがあったほうが私好み。
でも、一日乗っていてもさほど疲れない体には優しい板って感じか。
166pは乗っていないが、長さで印象が変わるかも。
デザインはいただけない。

とりあえず本日はここまで

今日の戸隠は、眺めも最高で、北アルプスもばっちり。
クリックすると元のサイズで表示します
八方尾根も肉眼でわかるほどくっきり晴れていました。
クリックすると元のサイズで表示します
戸隠連峰と北アルプス、これだけ見てればまるでヨーロッパにでもいるようです。
クリックすると元のサイズで表示します

雪も思った通り、あまり緩まず、お昼頃にしっとりしてきて、その後はシャリシャリとなりましたが、2時頃まではこの時期としたらかなりイイ状態で滑れましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

次回、試乗報告第2弾はこの3本だ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ