2016/7/30  10:40

祇園祭  


私の町で夏祭りと言えば、『祇園祭』です。

先週の天王おろしでは神輿、そして今週は『獅子』です。
一般的に獅子と言うと、お神楽のようなもの想像するかと思いますが、
長野北信地域では『大獅子』の文化があり、その中でも私の町の『大獅子』は重さ50キロ。
その獅子を大人3人が息を合わせて踊ります。


クリックすると元のサイズで表示します

獅子の後ろに屋台が付いて、獅子頭から屋台までの全長は20m位の長さになるでしょうか。

屋台の1階にはお囃子さんが乗り、2階に芸子さんが乗って、休憩時には芸子踊りが披露されたりと、とても華やかなお祭りです。

この屋台、2階の天井には素晴らしい『組子細工』が施され、見るものの目を奪うものとなっています。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は子供獅子、明日の大人獅子はおよそ12時間の長丁場。
担ぎ手の中では最年長な私、体力が持つか心配だ。

1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ