2017/2/27  21:40

焼額山オリンピックコースの最高速は〇〇キロだ!  スキー雑談

1998年長野オリンピックでアルペンSL競技が行われた志賀高原・焼額山オリンピックコース。

その昔はコブコブ斜面でしたが、今は毎日ピステンが入り、朝イチはピッカピカのグルーミングバーンです。

そんなオリンピックコースでカッ飛ばしたら何キロ出るのでしょうか?

因みに、クローチングを組んだりしての直滑降はしていません。
ちゃんとターンして何キロ出るのかアクションカムで計測してみました。



注:カッ飛ぶときは回りの状況を良く確認し、十分に安全を確認してからカッ飛びましょう(笑)
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ