2010/9/25  19:41

秋のコンペ  ゴルフ

今日は会社の秋の恒例コンペで塩嶺カントリーに遠征してきました。

いつもなら12組位になるのだが、本社のある諏訪・岡谷地方はいまだに御柱祭が続いており(えーそうなんだ!長野県でも北信地方の私は知りませんでした)今日は6組23名の参加でしたが、それ以上にゴルフ場そのものが閑散としていました。
27ホールのゴルフ場ですが、10:04スタートの私たちが最終組だったようで、後ろから追われることもなくゆっくりとラウンドすることができました。

正直調子は良かった。

ドライバーも右に出る傾向はあったものの、チーピンぽいのが2回だけでほとんど捕まえたボールを打つことができた。一度は飛びすぎて突き抜けてしまったことも。
アイアンも多少引っ掛けることもあったが、トップやダフリもほとんどなかった。
課題のパットも3パットも1回だけで33回と目標はクリア。

しかし、今日はラフが深く厳しかった。
高麗芝の密集した深いラフはボールがすっぽり埋まってしまうほど。
ラフに入るとほぼ1打罰的な感じで、それに加えフェアウエイからのセカンドも完璧に打ったつもりがことごとくショート。なぜか距離が合わない・・・
ボギーオンが多くなかなかパーが拾えなく、所々でダボ、トリとなかなかスコアメイキングができなかった。
特に悔しかったのが、ティーショットが突き抜けて林の中から出すのに3回も木に当たってダブルパーにしてしまったホールと、完璧に打てたショートホールのティーショットが風に戻され、深いラフの中に・・・ここもダブルパー。

終わってみれば47・49:96と何とも情けないスコア。

収穫は恒例の参加賞。

松本の里山辺と言うところは美味しいブドウの獲れる所だそうで、いつもある果樹園のブドウを貰うのだが本当に美味しいんだな!これが。

今回は自信満々で挑んだだけにショックは大きかった。80台復活はいつになることやら。



クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: ゴルフ コンペ 信州



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ