2018/2/11  22:03

連休2日目の志賀は激混み!  スキーレポート


3連休2日目の今日は上林から圧雪路ながら順調で、一沼あたりは幻想的な景色の中いつも通り焼額山を目指します。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の天気予報は午前は曇り、お昼頃から晴れって予報でしたが果たして・・・

クリックすると元のサイズで表示します

朝イチの山頂は残念ながらガスっていまして、視界はイマイチ・・・
しかし、昨晩の雪は朝方には上がったようで、しっかり圧雪されたGSコースは今日も雪質良好!

クリックすると元のサイズで表示します

思った以上に見やすく、やっぱり朝イチのGSコースは最高です!

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、今日のヤケビいつもより出足が早く気持ち良く滑れたのはせいぜい3本。
9時半位にはかなりの人がコースに溢れ出てきました(T_T)/~~~

なので、いつも通り白樺に逃げますが

クリックすると元のサイズで表示します

思った通りバーン状況は良かったものの、2高に向かうとそこには長蛇の列

クリックすると元のサイズで表示します

一ノ瀬からの流入と唐松コースを滑る人とが重なって、凄いことになっています。
いや〜こんな風景は久しぶりに見ました。

と言うことで、サウスコースも人が溢れていると言うことは想定内・・・

クリックすると元のサイズで表示します

このまま2ゴンに行けばおそらく30分待ちは間違いなし。
なので、ここは輸送力抜群のイチゴンに向かう訳ですが

クリックすると元のサイズで表示します

ふぎゃー!
しかし、この位でも8人乗りのイチゴンはあっと言う間に人を飲みこみ山頂へと運んでくれます。
ビバ!イチゴン

で、11時頃になると晴れ間も出てきたので一の瀬方面にランチに向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、このあと私達が行くとこ行くとこ、満席でなかなかお昼にありつくことができず、結局一番端のサンバレーまで遠足する事になってしまいました(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

でも、おかげで久しぶりに志賀の湯で温かいランチを頂くくことができ結果オーライでした。

さて、せっかくサンバレーまで来たならまたやっちゃう?
奥志賀まで何分で行けるかチャレンジ!
しかも、今回は西館〜高天ヶ原〜タンネの森経由で・・・

いやいや、今日のコンディションと混雑を考えると無謀と言うもの。

止めておきました。
実は今日は朝から、『サンバレーから奥志賀まで何分で行けるのか?』チャレンジ考案者?のNAS MANさんと一緒だったのです。

しかし、今日は午後から晴れの予報でしたが、なんだかスッキリとしない天気・・・

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか、ガスが取れません(T_T)/~~~

クリックすると元のサイズで表示します

しかし3時を過ぎると、多少は人も減り、バーンも見えるようになってきました。

青空も徐々に出て来て

クリックすると元のサイズで表示します

残りわずかな時間ですが、最後はスッキリ晴れ

クリックすると元のサイズで表示します

善光寺平も見えるようになり、千曲川が銀色に光っています。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、今日のラストは夕陽に染まるイーストコースでなぜか集まってきた皆さんと『終礼』を行い

クリックすると元のサイズで表示します

またしても朝イチからリフトストップの8時間フルタイムで滑ってしまったのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

いや〜それにしても今日の志賀は久しぶりに賑やかでした。
正月三ケ日以外でこれだけ混んでる志賀はホントに久しぶりです。

昨日は三連休の割にはそうでもないと思っていましたが、今日の混雑は志賀にとっては嬉しい悲鳴だったのでは。

空いてるゲレンデで気持ち良く滑りたい気持ちはみなさん同じだと思いますが、今日みたいな賑やかなゲレンデを見ると、なんだか嬉しく思ってしまいます。

スキー産業がこれ以上衰退しないためにもいいことだと思った今日でした。



8



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ