2018/2/12  21:18

連休最終日は激寒〜  スキーレポート

3連休の最終日、朝起きると渋でもけっこうな降り方・・・

う〜ん、このまま滑らないで帰るってのもアリかな
なんて思っていると、8:30頃空が若干明るくなって、雪も止んできました。

『とりあえず行ってみるか・・・行って酷かったら帰れば良いんだし』
と言うことで出発!

クリックすると元のサイズで表示します

上林から既に圧雪ですが、最終日とあって登る車は少なめです。

クリックすると元のサイズで表示します

逆に天気の悪さからか、下って来る車の多いこと・・・

さて、朝イチから滑るのが信条の私が今日は1時間遅れのスタートです。
この時点では雪はまあまあ降っています。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日からの状況を考えると、既に行列が出来ていてもおかしくない時間ですが

クリックすると元のサイズで表示します

あれれ?なんだか空いてますけど。
昨日あれだけいた人々はどこに行ったの?

なんだか拍子抜けですね。

バーンは新雪が10センチ程でしょうか。
朝圧雪が入るGSコースはほぼフラットでした。

クリックすると元のサイズで表示します

今日はマイナス15℃まで下がったようで、雪もサラサラ、吹けば飛んでしまう軽さなので雪の嵩上げはほとんど期待できませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

10時を回ってもこの気温

クリックすると元のサイズで表示します

結局今日はこれから気温はほとんど上がらず、ゴンドラやフード付きリフト以外は冷凍人間になりそうなほどでした。

クリックすると元のサイズで表示します

雪は思ったより本降りにはならず、空も明るいのでバーンも思った以上に見やすくけっこう楽しめるよ♪

クリックすると元のサイズで表示します

GSコース脇のプチパウダーは既に不整地となっていますがコレが結構楽しいんです

白樺コースも雪質良しで、楽しく大回りで回せます。

クリックすると元のサイズで表示します

この白樺は、人が滑った自然圧雪に加え、雪も冷え冷えで時間が経つにつれコンディションが良くなる一方です。

昨日大渋滞だった2高も今日はいつもの平穏な姿に戻っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

視界もどんどん良くなり、一の瀬方面も見えるようになったので遠征する事に

クリックすると元のサイズで表示します

一ノ瀬に来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、焼額山のゴンドラ&フードリフトに慣れた体には、吹きっさらしのリフトに乗り続けるのは辛すぎです(>_<)

おまけにリフト上でスマホをいじっていたら、マジで手の感覚が無くなりました。
そんな時はここであったかい蕎麦Orうどんですね

クリックすると元のサイズで表示します

生き返りました〜。
いつも以上に美味しく感じたのは、マイナス10℃の気温のせいですかね?

で、こんな寒い日は木に囲まれたタンネの森は寒さしのぎには良いかもしれません

クリックすると元のサイズで表示します

でも、やはり凌ぐにも限界ってものがありまして・・・

クリックすると元のサイズで表示します

やはりヤケビのゴンドラ&フード付きが恋しくなり、戻ることにしました。
戻る前に滑った一ノ瀬パノラマコースがとってもコンディション良好でしたが、期待のパーフェクターは斜度のあるところはモサモサしていてイマイチでした。

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、最近ビシッと締まったパーフェクターを滑っていません。
行くタイミングが悪いようです。

焼額山に戻ると、更に空は明るくなり

クリックすると元のサイズで表示します

イチゴン、2ゴン共に飛び乗り状態!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昨日の混雑はいったい何だったんだろうか!

おまけに気温が低く、人が滑った自然圧雪でバーンは良いままです。

クリックすると元のサイズで表示します

いつもは午後はカリカリになるサウスコースもグッドコンディション!

いや〜何だか楽しいな!
メチャクチャ寒いけど楽しくて帰れない!
でもやっぱり寒い!

クリックすると元のサイズで表示します

今日は様子見で軽く滑って帰るつもりが結局3時半過ぎまで滑ってしまいました。

この3連休は終日晴れって訳には行かなかったけれど、コンディションも良く楽しく滑れてイイ3連休になりました。

でも、このところ雪があまり増えていないのでそろそろドカッとひと降り、ふた降り欲しい所ですね。


9



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ