2018/2/18  20:24

今週末も引き続き激寒な志賀高原  スキーレポート


昨日の志賀高原はどうやら滑走意欲を無くすほど激寒だったとか・・・

さて、今日の志賀高原はどうだったのでしょうか?

今朝の長野市、スッキリ青空ですが昨日の雪で圧雪路。
長野市内の雪はメチャ滑りやすく、これが平日の朝だったら会社に辿り着かないかもレベル
目指す志賀高原は雲の中です・・・

クリックすると元のサイズで表示します

さて、志賀高原に着くと昨日から泊まっていた車の上にはかなりの雪
しかも、風が凄かったのかまるでオブジェのような造形です
これは帰りは掘り出すのに大変そうです。

クリックすると元のサイズで表示します

で、山頂に付くとそこはマイナス15℃と厳寒の世界
細かい雪が吹き付けマジで寒いです

クリックすると元のサイズで表示します

早朝圧雪が入るGSコースには10センチちょいの雪が乗っていますが、この寒さ・・・
入れてきたワックスが全く合わず滑りません。

クリックすると元のサイズで表示します

GSコース脇のパウダーゾーンはおよそ膝下くらいの重めのパウダー
重いと言うか、凄く雪が詰まった感じで全く沈みません。
風で押しつぶされた感じ・・・
なので、全く曲がらないのでまっすぐ進むのみ。
面白みに欠けました。

クリックすると元のサイズで表示します

で、今日は朝から強風で奥志賀が全滅(T_T)/~~~
と言うことは、行き止まりのヤケビは当然こういうことになりますね・・・

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、機動力抜群のイチゴンですからこれ位の列はさほど苦にはなりません。
でも、コース上の人も多くなってきたので、お約束の白樺コースに逃げるわけでして・・・

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱりイイです!この時間帯の白樺は!

しかしですね、滑り出して3時間、休憩も取らずに滑り続けた体は芯から冷えてしまい、『ラーメン』という暖かいフレーズに誘われ、予定より早めのピットインとしました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日はラーメンコーナーではなく、上の中華レストラン『獅子』で熱々の担担麺としました
暖かいラーメンで生き返りましたが、もはやリフトに乗るのは無理

クリックすると元のサイズで表示します

第2ゴンドラは減速運転となっていましたが、ゲートの外まで並ぶこともなく、長めの乗車時間も6人でガヤガヤと談笑しながらでしたので退屈する事もなく、寒いながらも楽しく滑ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

なんと、この極寒の焼額山で遅く長い4ロマに乗っている人がいました。
驚きです。

予報では午後には雪は止むはず・・・
そんな気配も時折感じましたが中々晴れ間は出てはくれません

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、日中の最高気温もマイナス10℃と冷え冷えなので、コースの雪は最高にイイ雪です。
午後になってもさほど荒れずに、サウスコースもグッドコンディション!

クリックすると元のサイズで表示します

ですが出てきました!
先週も平日はこの団体が焼額山を占領したようですが、今日の午後から第2班でしょうか?
某体育大学御一行様でございます。

コレはこのあとゴンドラもコースも占領されること間違いなし!

体も冷えきって、足先の感覚も徐々に無くなってもきたので、少し早めに切り上げることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても日が長くなりました。5時半を過ぎてもこの明るさ。
この時間の長野市南部でマイナス2℃ですか!
そりゃー志賀は寒いわけです。

クリックすると元のサイズで表示します

業務連絡

20000m倶楽部会長Skier_Sさん&KonSuke親分さんから大量にシルバーステッカーを頂きました。
新しい板に貼りたい。ヘルメットにも貼りたい。ストックにも、ブーツにも、クルマにも・・・
と、ステッカーが足りない人は差し上げますので声をかけてくださーい!

クリックすると元のサイズで表示します
9



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ