2018/10/8  21:15

フォレスターの燃費凄い‼  

三連休、関東某所の娘のところに転がり込んで、あっちこっちと行ってきました。

就職して半年、職場環境にも恵まれ、楽しく過ごしているようで親としてもひと安心です。

さて、今回おろしたてフォレスターでの初の遠出でしたが、高速道路200キロ、その後首都高や関東エリアの下道をエアコンONで150キロ走った結果、リッター19.2だった燃費は14.1まで下がってしまいました。((T_T))

クリックすると元のサイズで表示します

まあそれでも14.1は立派な数値だと思いますが、帰りはほとんどが高速道路。

果たして、どこまで数値を伸ばすことができたのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

因みに、スタート時点ではあと300キロしか走れない計算になっています。

帰路は下道を20分程走り、圏央道に乗り、鶴ヶ島ジャンクションから関越道、藤岡ジャンクションから上信越道の250キロです。

途中、休憩は一回

ほぼ法定速度でアイサイト任せでの運転です。

さて、結果は?

クリックすると元のサイズで表示します

燃費は15.5まで伸びました‼
そして、約600キロ走って、まだ400キロ走れるようです🎵

クリックすると元のサイズで表示します

いやぁ、フォレスター、燃費良いですね‼
600キロの内、渋滞を含めた下道をエアコンONで、しかもアイドリングストップは切って100キロ走っているので、高速オンリーで渋滞ナシならマジでリッター20キロも夢では無いかも‼

そして素晴らしいのは燃費だけではありません。

アイサイトツーリングアシスト。

コイツは素晴らしいの一言です‼

250キロくらいの高速ドライブは走った内に入りませんね。
まったく疲れません‼

これ、スキーで疲れきった体で遠くまで帰る人は相当楽だと思います。

何しろ、高速に乗ったら足の出番まったくナシ‼
たまにジャンクションでブレーキ踏む位でしょうか?

ステアリングも軽く持っているだけだし、たまに車線変更でステアリングを切る程度。

設定速度に合わせれば、例え下り坂でもエンジンブレーキを効かせて制御して、設定速度以上にスピードが出ないなど、無駄な加減速がないので助手席の人も乗っていて疲れないようです。

いやぁ、フォレスターいいクルマだわ‼
6



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ