2012/9/29


ウォーキング途中でビルの解体現場や、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
塀の割れ目等を見て来たので、
クリックすると元のサイズで表示します
瓦礫造りに役立てられればと思います。

割れたブロックは最終段階、
クリックすると元のサイズで表示します
色の調整と汚しを施します。
クリックすると元のサイズで表示します
汚しの為にはコーヒー等も使ったりします。
クリックすると元のサイズで表示します
やや茶色の色合を持たせて今回は終了。
クリックすると元のサイズで表示します
必要があればコンクリートの隙間に入り込んだコケのようなものも墨汁で付けましょう。

工事道標も塗装が終わったので、
クリックすると元のサイズで表示します
反射シールを貼り付け、
クリックすると元のサイズで表示します
頭部の完成です。
クリックすると元のサイズで表示します
これを基部に装着して
クリックすると元のサイズで表示します
完成です。

そしてダンボールで造った欠けた壁面ブロックに紙粘土を盛り、
クリックすると元のサイズで表示します
パネルに見立てた厚紙を貼り付けました。
クリックすると元のサイズで表示します
もっと簡単に作ったブロック片にも
クリックすると元のサイズで表示します
紙粘土と、
クリックすると元のサイズで表示します
厚紙を貼りました。 今回の作業はサンプル造りがメインなので、家での作業は今週末で終了です。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ