2013/7/23

風立ちぬ  映画・ドラマ

2本目は、これもまた日本アニメ界を代表する宮崎駿監督作品「風立ちぬ」です。
クリックすると元のサイズで表示します
最近の宮崎作品は子供向けではない気がしていましたが、この作品はその方向性がとても顕著に表れています。 実際、私が観た回の上映に学生を含む子供の姿はありませんでした。 ほとんどが老齢、壮年以上でした。

内容的にも小学校高学年以下では、時代背景やら世相を把握するのが難し過ぎる気がします。 物語の展開として昔の名古屋が出てきたりするので、私としては楽しめましたが、観たあとに幸せを感じるかというと・・・

うーん、評価が難しいところですが、とかく暗くなりがちなテーマをアニメで表現することで、悲惨さや荒涼感や悲しみを薄らげさせて、展開を重くなくした点を評価して、4でしょうかね。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ