2013/8/24

ガッチャマン  映画・ドラマ

そして3本目は、おぢさんが未だ少年だった頃にテレビで初放送されたアニメ。 今なお根強いファンの多い不朽の名作、「ガッチャマン」の実写映画化です。
クリックすると元のサイズで表示します
おぢさん達の世代の人は皆、♪シュバー シュバシュバシュバー 唸るエンジンんーーー科学ぅの忍者ぁーーー♪ とか、♪誰だっ 誰だっ 誰だぁーーー そらのかなたに踊る影 白ぉいー翼ぁのー ガッチャマァーーーン♪ と歌えるくらいメジャーなのです。

タツノコプロらしい日本人離れした顔のキャラクターも好きでしたが、デザインもさることながら、構造的にムチャクチャなギャラクターのロボットメカは、擬人化されずにキチンとメカとして描かれていたのが良かったのです。

アニメの話は置いといて、以前放送されたドコモのCMでSMAPの演じたガッチャマンがなかなか良かっただけに、期待していたのですが・・・ 正直、東映の戦隊物の域を出ていないというか、セットなんかもちょっとチャチでした。

アニメの世界観を守ろうとしているのは評価するとしても、キムタクの宇宙戦艦ヤマト同様、人間味の無い敵の描き方には納得感がありませんでした。

星3つではかなり甘いかもしれません。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ