2013/8/30

マン・オブ・スティール  映画・ドラマ

今日は帰宅してから、かみさんと近場のシネコンへレイトショーで本日公開の映画「マン・オブ・スティール」を観に行って来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
ネタバレにもならないくらい有名なスーパーマンの物語ですが、アメリカのマンガDCコミックの映画化は新バットマンの「バットマン ビギンズ」以降、シリアスな感情部分の協調が強すぎて・・・

この映画でもそのような描写が多く、悩みに悩んで正義の人になりました・・・という事は良く判りますが、全編2時間半がかなり長く感じてしまいます。

でも映像は綺麗で、速い展開の戦闘シーンが今迄の映画ではボケてしまい観るのに疲れてしまいましたが、細かいところまで綺麗に観えるのには少し感動。 ケビン・コスナーを随分久しぶりに観た気がします。

少し甘い気がしますが、星は4つが妥当かなぁ・・・
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ