2010/2/13

雪中行軍隊無事帰還  旅行・観光

旅行最終日この日も天気は変わらず、時折止む時もあるものの雪は降り続いています。
クリックすると元のサイズで表示します
幸いなのは雪質がサラサラしていて、強い風が吹くと飛ばされてしまうので積雪が10cm前後で変わりません。

朝食の後、出発まではエンジンをかけてヒーターを入れっぱなしにしておきました。 R1まで何とか出られれば、国道ですから除雪作業もするでしょうし、路線バスも走っているので何とかなるだろうと思っていたら・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ブルトーザーが宿泊施設の前の道まで除雪作業に来ていました。

宿泊者は皆、誰が先頭きって出て行くのか様子を見ている感じでしたが、そこは特攻隊一番機の気分で出撃します。 R1が見えた地点でチェーンを外しましたが、ちょっと早まったかなぁ・・・

R1を湯元方面に向かうと、下る車が少ないせいか路面に結構雪があってこれはちと怖い。 ブレーキの具合を確かめるようにユルユルと走っていたら、前に輪をかけてユルユルな車が一台。

ノーマルタイヤなので何時ハンドル取られるかと心配しましたが、後ろから来る車も殆ど無いのをこれ幸いと20km程度の駅伝並み、もしくはそれ以下の速度でノロノロと下山して行きました。

宮ノ下を過ぎた辺りで積雪は無くなり雪も雨に変わったので、心配も無くなりましたが緊張していたせいでしょう、肩が凝っちゃいました。 こんな事になるとわかっていたら4WDのエスカル號の方が楽だったかも・・・

帰りは、昔住んでいた家の辺りを見たいという両親の希望で都内の狛江や経堂に立ち寄りながら夕方早めに実家へとたどり着きましたとさ。 土日に行った連中は、無事に帰ってこれたのだろうか・・・?
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ