2010/3/20

ライアーゲーム ファイナル  映画・ドラマ

映画をハシゴする間で昼食を取り、且つ他の用事も済まそうと思っていたので今日はラーメンはパス。 マクドナルドへ入り「カリフォルニアバーガー」を食べてみました・・・
クリックすると元のサイズで表示します
がっ! はっきり言って美味いとは思いませんでした。 私見ですが、言い切ってしまいましょう・・・ビックマックのが絶対美味い!と。

さて、二本目の映画は「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」です。 原作は漫画ですが、2007年にテレビドラマ化され深夜帯の放映にもかかわらず人気となり、昨年はセカンドシーズンがゴールデンタイムに放映されました。
クリックすると元のサイズで表示します

実は映画版はセカンドシーズンより前に撮影されたという経緯があります。 私は最初のドラマを観てしまったので、最後はどうなるのかが気になって、ドラマの続編も殆ど観てしまったので、これを見逃す訳にはいかなかったのです。

ネタバレでなくお話しするのは難しいので、一言だけにしましょう。 映画での心理戦はテレビ版以上に予想を裏切られて面白い展開でした。 ただ映画だけ観ても面白さが判るとは思えない作品でした。
1

2010/3/20

シャーロックホームズ  映画・ドラマ

今日は三連休の初日、天気も良さそうだったのと最寄りのではないのですが、シネコンが千円均一だったので映画のハシゴをしようと、さいたま新都心へやって来ました。 先ずは一本目。

日本でもその名を知らない者はいない位、有名な英国の架空の人物「シャーロックホームズ」です。
クリックすると元のサイズで表示します
私の子供の頃はDVDはおろかビデオすら無かった時代。 図書館から借りて読んだ冒険小説は楽しみの一つでした。

「名探偵シャーロックホームズ」、「怪盗ルパン」、「少年探偵団シリーズ」等を夢中になって読んだ時期がありました。 中でもシャーロックホームズは、謎解きの解説をする部分が他の小説とは異なり、時代背景を写していたので興味深かったのです。

話が少しそれてしまいました。 主演のホームズ役は「アイアンマン」のロバート・ダウニーJr、ワトソン役には色々な作品に出演していますが私にとっては「スターリングラード」のジュード・ロウです。

例によって、ネタバレでない程度に解説すれば、小説の中のホームズは頭脳明晰な紳士であり、一方で奇異な行動を取る変人でもあります。 英グラナダテレビのドラマでホームズ役がはまったジェレミー・ブレットが前者のイメージなら、

この映画の中でのロバート・ダウニーJrのホームズは、後者のイメージ代表でしょう。 キャラクター的には「アイアンマン」のいい加減な社長役トニー・スタークにもかぶっています。

ただ内容的には、昔読んだ冒険小説の世界を見事に描いてくれているのと、約4年駐在していたロンドンの昔を描いているのが嬉しくて見入ってしまいました。 目新しくは無いですが面白かったです。

今回は前回売切れだった「ハート・ロッカー」のパンフが買えました。
クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ