2010/8/5

川口探検隊アマゾンへ  旅行・観光

この日はアマゾン川沿岸部にあるイニャンガピの街へ向かいます。
クリックすると元のサイズで表示します
ブラジル郊外の道路には、スピードを落とさせるために盛り上がりが多いのですが、これってこんな人気の無いところでも必要なのかなぁ・・・?
クリックすると元のサイズで表示します
こじんまりとした街なので、中心部でもこんな感じです。
クリックすると元のサイズで表示します
入り組んだ川を水路として利用しているので、大型でもこの程度の船になります。

我々はここから未舗装の道を奥地へと進んで行きます。
クリックすると元のサイズで表示します
メイン道路?にはバスも通っていますが、何処がメインなんだか・・・
クリックすると元のサイズで表示します
頭の中に「行け!行け!川口浩探検隊」の曲が浮かんで来るのは何故でしょう?
クリックすると元のサイズで表示します
標識も無い分かれ道も多く、実際一度間違いましたが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ハマってしまったら脱出するのは至難の業では無いでしょうか?

この辺りの民家は皆こんな感じで、
クリックすると元のサイズで表示します
窓枠はあっても内開きの雨戸があるだけで、吹き抜けなのが一般的です。
クリックすると元のサイズで表示します
馬を飼っている部落もありますが、重要な交通手段なのでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
荷物は手に持たずに頭の上へ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
頭上の空が高い・・・そうそう、ブラジルには都市部でもハトはいてもカラスがいません。 この青空に黒ポツで写っているのはコンドルです。 コンドルが大きな蛙を掴んで飛んでいく姿にも遭遇しました。

奥地での仕事の後、街の中心部へ戻って昼食を取ります。
クリックすると元のサイズで表示します
メニューは代わり映えしないのでパスします。
クリックすると元のサイズで表示します
ここアマゾン地域で取れる黄色い唐辛子を使った、ピメンタと呼ばれるタバスコのような調味料が私にはヒット! タバスコよりも直接的な刺激があります。
クリックすると元のサイズで表示します
アマゾンに来たらアサイーと呼ばれる果実をミキサーにかけた、ドロドロのジュースが最も人気。 ポリフェノールや栄養価も豊富で、人気が出てきていてアマゾンの一大生産物になっています。 少し砂糖を入れないと美味しく頂けませんが・・・

午後は近くの水浴場にもなっている船着場へ、
クリックすると元のサイズで表示します
子供たちは飛び込んで遊んでいますし、
クリックすると元のサイズで表示します
若いお姉ちゃん達も日焼けを気にすることなく遊びに来ています。
クリックすると元のサイズで表示します
「ねぇお姉さん、納豆にはネギ入れるタイプ?」って、しんちゃんになってどーする。(爆)
この辺の川にもピラニアはいるそうですが、血のにおいに集まってくるので怪我さえしなければ大丈夫なのだとか・・・
クリックすると元のサイズで表示します
いざ泳ぐとなったら、かなりの勇気が要りますよね。

ここから、こんな船で川を移動します。
クリックすると元のサイズで表示します
エンジンは、安心のホンダ製です。
クリックすると元のサイズで表示します
船着場を後にして、
クリックすると元のサイズで表示します
アマゾンの奥地へクルージング?です。
クリックすると元のサイズで表示します
操舵するおじさんが怪しげな表情で見ているのは、迷彩塗装を施した髭おぢが胡散臭いからじゃないですよ。(爆) これは後から合成で作ったもので、実際に迷彩塗装していたわけじゃないですよ。(笑)

はいそこ!「髭おぢならやりかねない」とか言いませんでしたか?(爆)
クリックすると元のサイズで表示します
アマゾンらしい風景にも出会えますが、
クリックすると元のサイズで表示します
写真に撮ると何処の風景だか良く判りません。
クリックすると元のサイズで表示します
目的地の桟橋に着きました。
クリックすると元のサイズで表示します
階段脇に石鹸が・・・生活感が漂ってきます。
クリックすると元のサイズで表示します
笑ってしまったのはテレビ、車のバッテリーにつないで観ているみたいです。

夜はベレンへ戻り、私の提案でベレン名物の蟹(カランケージョ)を食べに行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
10年前に来た店ですが、今も繁盛していました。
クリックすると元のサイズで表示します
メニューにも蟹の絵が、
クリックすると元のサイズで表示します
値段も驚くくらいお手頃なんです。
クリックすると元のサイズで表示します
ベレンへお越しの際には蟹料理を是非、
クリックすると元のサイズで表示します
お待ちしています。 って、そんな訳無いだろー!ヽ(`皿´)ノという声が聞こえてきそう。(笑)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ