2011/1/8

のんび 並木店  ラーメンその他

エスカル號後継者となる後輩の推薦する長野県飯田市にある「のんび」並木店へやってきました。 蕎麦のコースを頂く事になり、最初に玉子焼き、そして地野菜のサラダを頂いた後、蕎麦掻が出てきました。
クリックすると元のサイズで表示します

コース以外にもこの土地ならではの物を頂こうと、馬を食べる習慣のあるこの土地ならではという事で「おたぐり」という馬の内臓(ホルモン?)を注文してみました。
クリックすると元のサイズで表示します
ぶたや牛に比べて臭みが強いので、臭みを上手く処理しないと食べられたものではないそうですが、牛スジに近いような食感で臭みも殆ど無く頂く事が出来ました。

メインのお蕎麦は、私は「わさびそば」を十割蕎麦にしてもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します
生山葵が鮫肌卸し器と出てきます。
クリックすると元のサイズで表示します
コシの強い、硬めの麺好きな私には程よく美味しい蕎麦を頂きました。
クリックすると元のサイズで表示します
デザートは干し柿に栗とホイップクリーム、そして焦がし蕎麦の実がまぶしてあり、それぞれの味わいと食感の違いを楽しむことが出来ました。 Sさん、美味しいものをご紹介ありがとう、ご馳走様でした。
2

2011/1/8

エスカル號との別離の旅  旅行・観光

2011年1月8日、今日がエスカル號との別離の旅になります。 引渡しの為、長野県某所へ向かうため、名古屋ICから名神道、小牧JCTから中央道に入りました。 上り坂の多い中央道は重いエスカル號にとっては辛いルートです。

アクセルを目一杯踏み切っても登坂車線をエッチラオッチラ、「頑張れ!頑張れーーー!」って心の中でエールを唱えながら、遠く雪を頂く恵那山方面へ最後の旅を楽しみながら登って行きます。
クリックすると元のサイズで表示します
恵那峡SAで休憩です。

手放す事を決めた時には私の運転中には33000kmに達する事はないだろう・・・と思っていたのですが、きっと相方の引越しの手伝いでの岐阜への行き来が距離を延ばしたのでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
この最後の旅の途中、長い恵那山トンネルを越えた先の網掛トンネルの中で、33333kmに達しました。ヽ(´▽`)/ 2008年11月3日に22222kmを記録してから2年2カ月が過ぎていました。

昼過ぎに某所へ到着。 無事に後輩への引渡しが終わりました。
クリックすると元のサイズで表示します
新車でやってきてから7年間、エスカル號は実に良く頑張ってくれました。 車内泊が出来なければ行く事の無かったであろう日本の隅々へ連れて行ってくれましたし、台風と並走しながら九州から帰ってきたり。
クリックすると元のサイズで表示します
思い返せばキリがありませんが、きっと後継者の手により新たな世界を広げてくれる事でしょう。 今までの感謝とこの気持ちを忘れないように、エスカル號の姿を心に刻み付けてお別れしました。

昼を少し過ぎた時間でしたが、後輩のお薦めの蕎麦屋「のんび 並木店」に案内してくれました。 蕎麦屋は別記事にしますが、スミマセン・・・外観を写し忘れました。(^◇^;)ゞ たはは

蕎麦屋の近くにあった「川本喜八郎人形美術館」へ寄ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
我々の世代は、NHK人形劇の辻村寿三郎の「八犬伝」や川本喜八郎の「三国志」等の思い出が強いと思います。 川本さんは残念ながら昨夏、お亡くなりになられたそうですね。
クリックすると元のサイズで表示します
好きだった「三国志」の関羽の人形ががあったりして楽しめました。

車で移動して、飯田市にある名所「元善光寺」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
牛に引かれて善光寺参りという・・・ 前のブログに布引観音と善光寺の記事は載せましたが、この元善光寺は推古天皇の時代に一光三尊の御本尊を迎えた場所で、後皇極天皇の代に現在の長野市の善光寺に移されたのだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
ここには御本尊のレプリカが残されているそうですが、長野の善光寺と飯田の元善光寺は両方お詣りしないのは、伊勢神宮の内宮だけに行って外宮をお詣りしないのと同じような事なのだとか・・・知らなかったなぁ。

そして酒処信州の地産の日本酒を買い、折角温泉の多い地域なので中央道の飯田山本IC近く、伊那谷道中「水晶山温泉」にやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここは昔はテレビでも宣伝していた位賑わっていた施設らしいのですが、
クリックすると元のサイズで表示します
土曜日だというのにガラガラで、洞窟風呂等をゆっくり満喫する事が出来ました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ