2011/7/30

バングラ出張記8外伝3  旅行・観光

この日の昼食は、ジャムナ橋近くにある高級リゾート施設「ジャムナリゾート」でした。
クリックすると元のサイズで表示します
ここにはテニスコートやプール等のリクリエーション施設が充実していて、バングラに長い人でも異世界過ぎて奇異に見える世界のようです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
綺麗にデコレーションされた料理ですが、
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
味は良かったですが
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
野菜類は危険なので食べられませんでした。

夜はマイメイシンという町で一泊なので、宿泊先近くのレストランで晩飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
入口は怪しい雰囲気です。
クリックすると元のサイズで表示します
「Rom−V」というレストランで、
クリックすると元のサイズで表示します
バングラ飯でした。 本場のバングラ飯も数えるところもう数日です。

マイメイシンでの宿泊先は、
クリックすると元のサイズで表示します
インターナショナルホテル・・・
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
というには程遠い部屋ですが
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
洗面所の水も出ないし、タオルも白くなくて臭いました。 でもサバイバルを経験しているだけに、マシかも・・・と思いました。
0

2011/7/30

バングラ出張記8  旅行・観光

今日は、ダッカを離れて約5時間程の距離へ遠征です。
クリックすると元のサイズで表示します
この季節バングラは雨季で、乾季には地面が見えている場所が水没していて、川のようになっています。
クリックすると元のサイズで表示します
その川を今にも沈みそうになって舟が進んできます。
クリックすると元のサイズで表示します
水が入り込みそうな部分に土を持って水が入ってこないようになんて・・・ちょっと、否かなり怖いです。

今日の第一の目的地は、外伝でもお話した道路事情の悪いバングラの道路事情にあって、
クリックすると元のサイズで表示します
日本の橋梁建築の技術協力により周辺道路も整備され、
クリックすると元のサイズで表示します
そこに差し掛かったとたん、車内に入ってくる騒音がなくなる爽快感。
クリックすると元のサイズで表示します
日本の技術の素晴らしさに感心してしまいます。

目的地は全長約6kmにおよぶジャムナ橋です。
クリックすると元のサイズで表示します
世界で有名なこの橋梁は、着工後およそ数年で完成したそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
私もこの橋の事業に関わった事があるので、その姿を見るのは感慨深いものがあります。

昼食と夕食の記事は別にします。

雨季がそのタイミングなのかビートルズではないですが、ジュートの収穫時期のようです。
クリックすると元のサイズで表示します
ジュートは乾燥させた後、
クリックすると元のサイズで表示します
水に浸して繊維を解して
クリックすると元のサイズで表示します
束にしているのを見かけました。

そして二番目の目的地は、ダッカに販売拠点を持つフェアトレードショップの生産拠点訪問です。
クリックすると元のサイズで表示します
農村の女性の地位向上と、
クリックすると元のサイズで表示します
地域住民の収益向上を図るために
クリックすると元のサイズで表示します
デザイン関係の青年海外協力隊員が指導に入っているそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
その甲斐あってか、ダッカの店舗では多くの来客を集めていました。
クリックすると元のサイズで表示します
これが地域振興のテコになってくると良いですね。

外伝3に続く・・・
0

2011/7/30

バングラ出張記8外伝2  旅行・観光

外伝1で車両事情を解説しましたが、ここでは道路事情をお話しします。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ダッカの中心部は舗装もしっかりしていますが、郊外では道路事情が変わってきます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
この国では舗装技術が低いため、アスファルトが陥没してボコボコ状態になっています。 ですが修復は何故かレンガを使うため埋めてもボコボコは解消せず、
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
雨季なのもあって、道路はグチャグチャになっている箇所も・・・

この道路事情に積載量オーバー等により、
クリックすると元のサイズで表示します
車軸が折れたり、追突などが頻繁に起きています。
クリックすると元のサイズで表示します
道路脇には事故後放置された車も多く残っています。
クリックすると元のサイズで表示します
このような状況を踏まえて今日のお話しをしましょう。
0

2011/7/30

バングラ出張記8外伝1  旅行・観光

ここではバングラの道路交通事情についてお話ししましょう。 私が訪れた12年前と今も用いられている車種に大きな差は無いと思っています。 12年前は今よりも自転車が多かった気がする位です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
庶民の足といえば、先ずは「リキシャ」でしょう。 価格は交渉次第ですが、近場への足として欠かせない存在ですが、交通渋滞を引き起こしている一因にもなっています。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
リキシャのテリトリーを越える範囲を走り回るのは、CNGといわれる三輪エンジンのタクシーや、相乗りの超小型バスに、耕運機を改造したような荷車。

それを超える範囲は、小型のバンを改造したような乗り合いバスでしょうか。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
そしてバスへとつながります。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
この国ではトラックもバスも先進国のような厳格な積載基準がなく、車高5m程度という恐ろしい基準が・・・
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
そのため、車体が歪む程の積載量でノロノロ走るトラックが障害になっています。

そして車線など全く無視の我先精神による渋滞です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
この車間距離、私なら1日でギブアップかも・・・
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
必然的に? 車は皆傷だらけです。

映画「MAD MAX」に出てくるようなトラックや、
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
怪しい日本語もどきの書かれたバスが多く走っています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ