2011/10/16

三河湯巡り2  旅行・観光

奥三河湯谷温泉を出発して立ち寄り天然温泉の湯巡り第五弾として、
クリックすると元のサイズで表示します
この日最初にやって来たのは、
クリックすると元のサイズで表示します
愛知県北設楽郡にある「とうえい温泉」です。
クリックすると元のサイズで表示します
この温泉施設の裏を大千瀬川が流れていて、
クリックすると元のサイズで表示します
奥三河のナイアガラと呼ばれる蔦の渕があります。

続いての第六弾は、兎鹿嶋(とがしま)温泉にある「湯〜らんどパルとよね」です。
クリックすると元のサイズで表示します
奥三河もここまで来ると休日でも空いています。
クリックすると元のサイズで表示します
ここの湯はナトリウム炭酸水素塩の塩化物温泉で少しヌメリがありますが、スベスベになるような気がします。
クリックすると元のサイズで表示します
施設の前で五平餅を焼く良い匂いに誘われてしまいました。

最後は奥三河から戻って、豊田市にある猿投温泉の「日帰り温泉施設 岩風呂」です。
クリックすると元のサイズで表示します
ここは金泉閣というホテルが開発した娯楽施設で、
クリックすると元のサイズで表示します
名古屋からも近いので、
クリックすると元のサイズで表示します
忘年会等での宴会旅行に利用される事が多いそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
食事の施設も充実しているので、晩飯を食べて帰る事に・・・
クリックすると元のサイズで表示します
「豆腐味噌田楽定食」を注文しました。
クリックすると元のサイズで表示します
かみさんは「朴葉焼定食」です。
クリックすると元のサイズで表示します
これで今回の奥三河旅行は終了です。
0

2011/10/16

奥三河ドライブ  旅行・観光

朝起きて旅館の周りを散歩してみました。
クリックすると元のサイズで表示します
宇連川に掛かるつり橋がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
旅館の直ぐ側にJR飯田線の湯谷温泉駅がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
土日祝日のみ駅員がいる、普段は無人駅みたいです。

朝食は和食でしたが、
クリックすると元のサイズで表示します
焼魚は鮎の開きでした。
クリックすると元のサイズで表示します
鮎の開きは初めて食べました。

旅館を出発して崩落トンネルを迂回したり、
クリックすると元のサイズで表示します
道の駅と湯巡りをしながら、今回のドライブで最も奥の地点となる茶臼山に到達しました。
クリックすると元のサイズで表示します
湯巡りの記事は別にします。
クリックすると元のサイズで表示します
山頂近くでは紅葉が始まりかけていました。
クリックすると元のサイズで表示します
直ぐ近くの牧場には、
クリックすると元のサイズで表示します
牛が屯していました。

その後も道の駅に寄ったり、
クリックすると元のサイズで表示します
観光地巡りながらドライブをして、
クリックすると元のサイズで表示します
天狗棚という場所で
クリックすると元のサイズで表示します
「山魚女定食」を頂きました。
クリックすると元のサイズで表示します
鮎や山魚女も玉子を抱えていて、美味しくなりました。

R153を通って山から下りてきたら、
クリックすると元のサイズで表示します
道の駅もかなり混んでいました。
クリックすると元のサイズで表示します
香嵐渓などの近場の観光地もかなり混んでいましたが、
クリックすると元のサイズで表示します
こちらは未だ紅葉には程遠い感じです。
クリックすると元のサイズで表示します
紅葉の季節には近づけないほど混むそうです。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ