2011/12/24

道の駅と湯巡り  旅行・観光

今日は、朝一でインプレッサの下取り査定を受けた後、中央道の恵那ICからの道の駅と湯巡りに出掛けました。 最初に訪れたのは、道の駅「そばの郷 らっせぃみさと」です。
クリックすると元のサイズで表示します
昼には未だ間があったのですが、
クリックすると元のサイズで表示します
こんな張り紙を見つけてしまったので・・・
クリックすると元のサイズで表示します
やっぱり食べてみなくてはと・・・ コシの強い麺で美味しかったです。

続いては「花白温泉」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここは小さな内湯しかなく、街中の銭湯とかわり映えしない鄙びた感じのする温泉でした。

そして道の駅「上矢作ラ・フォーレ福寿の里」へ寄りました。
クリックすると元のサイズで表示します
この道の駅の敷地内には、モンゴル村というモンゴルの移動式住居ゲルに泊まることが出来るキャンプ施設があります。 泊まって見たいと思いますが、いわゆるテント宿泊なのに結構いい値段していました。

続いて岩村城址へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここ岩村城は、鎌倉中期に築かれた砦が戦国期に本格的な山城として構築されました。
クリックすると元のサイズで表示します
長篠の戦以降は武田勢から織田信長が奪取し、信長が本能寺の変で没した後は長久手の戦いで眉間に銃弾を受け戦死した、森長可(ながよし:森成利(蘭丸)の兄)が城主だったこともあります。

そして「くしはら温泉ささゆりの湯」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
露天に入るには少し寒かったですが、そのかわり湯の中での幸せさは格別でした。 この施設の横にはオートキャンプ場もありました。 風呂の心配がないキャンプ場って嬉しいですよね。

この頃から雲行きが怪しくなって・・・ 大正村に着く頃には雪が舞ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここは明治村や昭和村のように入園料を取る施設ではなく、
クリックすると元のサイズで表示します
街中に古い建物が点在する明智光秀が生誕した
クリックすると元のサイズで表示します
岐阜県恵那市明智町明の別称です。 あまりに寒かったので、早々に撤退しました。

そして最後にやって来たのは矢作ダム。
クリックすると元のサイズで表示します
このダムは、日本10位の堤頂長を有するコンクリート製アーチダムです。
クリックすると元のサイズで表示します
黒部ダムに比べるとさすがに小さく見えますが、放爆を見てみたいです。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ