2012/5/20

駅ちかウォーキング2012  旅行・観光

今日は急遽夕方近くからの仕事が入ったのですが、前から駅ちかウォーキングの「山崎川のせせらぎを抜け静寂の東山荘とバラの香り漂う鶴舞公園へ」コースへ参加を決めていたので、出掛けてきました。

今回は、名古屋市営地下鉄桜通線の瑞穂運動場西駅からのスタートで、全行程7.2kmと短めです。
クリックすると元のサイズで表示します
名古屋グランパスのホームグランドのある瑞穂公園内では、春の高校総体でもあるのでしょうか、愛知県内の高校陸上部が集結していて、協議会前のウォーミングアップに余念が無いという感じでした。

本日のコースタイトルにある山崎川沿いの山崎四季の道を通って、
クリックすると元のサイズで表示します
名古屋市立大学薬学部前を通過し、
クリックすると元のサイズで表示します
茶房の東山荘等には目もくれず、
クリックすると元のサイズで表示します
名古屋市博物館前を通過、
クリックすると元のサイズで表示します
名古屋市立大学病院横を通過して、地下鉄の桜山駅、御器所(ごきそ)駅、荒畑駅を経由してゴール前の鶴舞公園に到達しました。
クリックすると元のサイズで表示します
バラの咲き誇る花壇の奥は(国立)名大病院です。
クリックすると元のサイズで表示します
公園内は一面薔薇、ばら、バラで、
クリックすると元のサイズで表示します
埋め尽くされているような感じすらしました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
この鶴舞公園は1909(明治42)年に開園した、
クリックすると元のサイズで表示します
名古屋の第一号公園なんだとか・・・

今回は時間も無かったので、寄り道もせず距離も短かったため、今回は1時間半程で踏破しました。
0

2012/5/19

らーめん ブッチャー  ラーメンその他

静岡での仕事が昼少し前に終わったので、静岡駅南口からタクシーに乗り、
クリックすると元のサイズで表示します
ホビーショーが開催されている関係で混雑する静岡市内を抜けて、ネットで調べておいた駿河区小鹿にある「らーめん ブッチャー」にやってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
丁度昼頃の到着でしたが、既に行列になっていました。 店内に入るのに10分ちょっと、店内の券売機で「ばかぶた」なるチャーシューメンを麺「大」で選び、席に座れるのに3分、注文の品が出てくるまで15分近く待たされました。
クリックすると元のサイズで表示します
甘めのタレがついた焼き豚以外にのっているのは、山盛りのネギ、もやし、キャベツです。 麺は太縮れ麺250g、スープは背脂たっぷりの醤油で、やや甘めでした。

うーん味はそこそこだと思いますが・・・ ガッツリ系のラーメン店で、あの回転の悪さはちょっといただけないですねぇ。
0

2012/5/19

きしめん 住よし  ラーメンその他

今日は、朝から静岡で仕事があったので、朝食は新幹線ホームの「きしめん 住よし」に寄り、
クリックすると元のサイズで表示します
券売機で「かき揚げ玉子きしめん」を選びました。 厨房できしめんを作っていたのは、南アジア系の人だったのに少しばかり驚きましたが、日本語も流暢に話していましたから、そのうちに人気者になるのでは・・・?
クリックすると元のサイズで表示します
かき揚げと玉子以外は、ネギとけずり節です。 前回同様、硬めが好きな私には少し麺が茹で過ぎだったかなぁ・・・

今回の日帰り出張では、利用期限の少ないEX-ICカードのポイントを無駄にしないため、片道だけグリーン車にアップグレードしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
初めてグリーン車に乗ってみましたが、座席前の足置きが私にはかなり邪魔で、乗り心地は今一かも・・・
0

2012/5/13

奥三河巡り2  旅行・観光

以前にも道の駅と湯巡りに出掛けた奥三河ですが、折角近くまで行ったのに訪れていないダムや道の駅があったり、もう一度行ってみたい温泉があったりしたので、新東名の浜松いなさJCTから連絡道路がつながったこともあり出掛けてみました。

最初の訪問地は「新豊根ダム」。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
辿り着くには国道と県道で結構大回りをして、更に曲りくねったダム湖畔の道を終点まで走ってようやく到達します。
クリックすると元のサイズで表示します
このダムは訪れる人も少ないかと思いきや、管理事務所の職員曰く「結構皆さん来られますよ」との事でした。私以外にも物好きは多いようです・・・

そして前回の奥三河巡りで泉質の良かった「パル豊根」に寄り、開館と同時に一風呂浴びてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
うっかり画像を撮り忘れたので昨年10月の画像ですが、この温泉はやっぱり良かったです。

続いては、ショートカットしたくても道の崩落や崖崩れで閉鎖になっていて通れないので、散々走った県道や国道をかなり戻り、更に奥深い山間の道を走り・・・静岡県に入って、
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
何とか佐久間ダムへ到達しました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここには電力館という広報施設があるのですが、
クリックすると元のサイズで表示します
施設の宣伝が足りない事と、
クリックすると元のサイズで表示します
一段(20m位)高い所にあるせいなのでしょうか・・・残念な事に、私達以外には誰も訪れてはいませんでした。

JR飯田線の中部天竜方面に下り、
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
天竜川を跨ぐ中部の吊り橋がある所で一休み。

天竜川沿いのR152を下り秋葉ダムを通過します。
クリックすると元のサイズで表示します
この秋葉ダムはダムカードの対象なのですがダムサイトでカードは配布されず、
クリックすると元のサイズで表示します
天竜川の10km近く下流にある船明ダム脇の「秋葉ダム天竜川管理事務所」で配布しています。

この途中、道の駅「くんま水車の里」に寄りました・・・が、
クリックすると元のサイズで表示します
ここは今一つパッとせず、そしてR152からR362へと乗り換えて、道の駅「いっぷく処横川」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
かなり遅かったのですが、ここで昼食です。 私は日曜日限定メニューの「しいたけ天丼」
クリックすると元のサイズで表示します
肉厚の大判しいたけの天ぷらが4枚、かぼちゃと の天ぷらも入っていて、ボリュームたっぷりです。
クリックすると元のサイズで表示します
かみさんは「しらす丼」でした。
クリックすると元のサイズで表示します
そして鉄火巻、こちらもなかなかの味わい、海に近いわけではないのににぎり等の寿司類も豊富でした。 途中で目ぼしいお店が見つからなかったのを我慢して来て良かったです。

そして浜松市浜北区にある「あらたまの湯」に来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
山から下界へ下りてきたら風呂が混んでいます。 この風呂の泉質はあまり良くありません。

ここから名古屋へ帰ろうかと思ったのですが・・・ この機会に不便な所にある道の駅を回らないと次に来れるのは何時になるか分からないので・・・ 再び山道を上って、道の駅「鳳来三河三石」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
そして最後は、道の駅「つくで手作り村」です。
クリックすると元のサイズで表示します
もう閉店間際の到着でした。 二日間で約800km位程走りました。
0

2012/5/12

奥美濃道巡り2後編  旅行・観光

時折本格的に降る雨の中をR156を白川郷近くまで走ると、途中に鳩谷ダムがあります。
クリックすると元のサイズで表示します
立派なダムですが、ここは別記事に書いたダムカードの配布対象外です。

昼を大分過ぎた頃に白川郷へ辿り着きました。
クリックすると元のサイズで表示します
白川郷へは昔に来て散策したことがありますが、
クリックすると元のサイズで表示します
冬場に雪を被っている姿でもなければ合掌造りを見て回るのは一度で十分です。

ここまで来た目的は「白川郷の湯」、
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと鄙びた感じのする雰囲気のある風呂で、「本日宿泊出来ます」の案内も出ていました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
今回の湯巡りでは、分水嶺を越えた後日本海側に向かう場所にある温泉は、お湯を口に含んだ時に次第に塩分が濃くなっていく傾向にありました。

昼時を大分過ぎていましたが、白川郷近くで川魚が食べられそうなちょっと古いタイプの御食事処「あらい」に入り、
クリックすると元のサイズで表示します
「岩魚塩焼き定食」を注文しました。
クリックすると元のサイズで表示します
焦げ目が少なくて、やや焼きが足りないのかと思いましたが、しっかり中まで火が通っていて、塩加減も絶妙でとても上手い塩焼きが食べられました。

その後は、道の駅「白川郷」へ寄り。
クリックすると元のサイズで表示します
東海北陸道の白川郷ICから飛騨清見JCTを経由して高山西ICの連絡路正面に位置する道の駅「ななもり清見」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
今日はライダーが多く集まっていました。 この頃になって、ようやく天候が回復してきました。

続いては道の駅「パスカル清見」、ここでは記事にするほどのものが無くて・・・
クリックすると元のサイズで表示します
写真も撮り忘れてしまいました。

この後は本日最後の湯巡り、「明宝温泉湯星館」です。
クリックすると元のサイズで表示します
ここの泉質は極めてノーマル、到着時に出て行きましたが大型バスで団体も寄る温泉のようです。

そして最後は道の駅「明宝」です。
クリックすると元のサイズで表示します
ここには平家物語で宇治川の先陣争いに出てくる名馬磨墨(するすみ)と梶原景季(かじわらのかげすえ)の銅像があります。
クリックすると元のサイズで表示します
この「磨墨」は、この辺り明宝気良産と語り伝えられています。

帰宅までは未だ大分かかりそうだったので、閉店間際のレストランに入り「鶏ちゃん定食」を注文。
クリックすると元のサイズで表示します
かみさんは「明宝ハムステーキ定食」です。 何故ハムでステーキ?と疑問を抱かれた方・・・
クリックすると元のサイズで表示します
郡上を舞台にした「明方(みょうがた)ハム」と「明宝(めいほう)ハム」の経緯は、ご自身で是非一度ご確認頂ければ幸いです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ