2012/9/23


仕事で展示スペースに災害現場のようなセットを作る必要があり、その第一弾として「工事標識」を手掛けてみました。 灯部は未だですが、あくまでセットつまり偽物なので今回の素材は殆どが発泡スチロールです。
クリックすると元のサイズで表示します
DIYショップで発泡スチロールの丸い底板とパイプ部分を買ってきて、パイプ部分にはトラ柄のシールを張りました。 底板には表面が溶ける事を想定して、わざとプラサフ(ラッカー系)を使い表面の凸凹を表現しました。
クリックすると元のサイズで表示します
このままでは綺麗過ぎてリアリティに欠けるので、模型店で購入した田宮のウェザリングマスター(日本海軍艦艇用)という汚しのファンデーション・・・否、アイシャドウのようなもので汚しを入れてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
画像では今一つはっきりしませんが、泥汚れのようなインパクトが付きました。 このような小物を幾つか造らなくてはなりません。 既に崩れたブロックや石も手掛けていますので、近いうちにお見せ出来ると思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ