2013/4/19

馬力屋  ラーメンその他

埼玉県央部、見所らしい見所が無いのですが、3年間いない間に「川幅うどん」なるのぼりが目立つようになりました。

川幅とは・・・近くに荒川が流れているのですが、その土手と土手の間の距離がおよそ2キロ半あり川幅として日本一なのだというのです。

しかしながら、荒川自体の川幅は広い場所でも50mあるかないかで、それ以外は土手と土手の間の河川敷には広大な畑が広がっていて、一部には古くからの民家(農家)もあったりします。

しかしながら何かしら名物をということらしく「川幅うどん」なる商品を作り出したみたいで、そののぼりが立っている「馬力屋」という店に入ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
話の種に「川幅鴨汁うどん」を注文しました。
クリックすると元のサイズで表示します
手打ち麺なのと、茹でるのに時間が掛かるらしく結構待たされました。
クリックすると元のサイズで表示します
厚みのある平麺・・・というよりは、蕎麦掻かラザニアみたいです。
クリックすると元のサイズで表示します
つけ汁には大きめの鴨肉とねぎが入っています。 味は・・・はっきりいって美味いものとは言えませんでした。

かみさんは「川幅山かけうどん」です。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらはとろろが表面を覆っていました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ