2013/8/14

パシフィック・リム  映画・ドラマ

2本目は、空想特撮物・・・ いわゆる怪獣映画「パシフィック・リム」です。
クリックすると元のサイズで表示します
ハリウッド版「ゴジラ」と「トランスフォーマー」に「新世紀エヴァンゲリオン」の要素を組み合わせたようなSF作品です。
クリックすると元のサイズで表示します

既にネタバレになっていますが、大映のガメラも「小さき勇者ガメラ」以降は制作予定は無く、東宝のゴジラシリーズも終わり、久しくこの手の映画が無かったのですが、出来の良い怪獣映画を見せてもらった気がします。

私としてはこの作品を観て、映画版でなくマンガ版の「GANTZ」最終展開の実写化もこれなら可能だろうな・・・と思ってしまいました。

でも、夏休み中にも関わらず、たまたま吹き替え版を観ることになったのですが、劇場内に子供の姿が見当たりませんでした。 戦隊ものや、ディズニーモンスターは人気があっても怪獣には興味がないのでしょうか。

子供の頃、怪獣の出てくる特撮物の全盛期を過ごしたおぢさんにとっては、空想力や想像力、時に妄想力を養うのに役立った怪獣映画を観てほしい気がするのですが・・・ 怪獣が恰好悪いのかなぁ・・・(笑)

まぁ、掛け値なしに面白かったので、かなり甘いと思いますが星は5つあげましょう。
0

2013/8/14

ワールド・ウォーZ  映画・ドラマ

今日は、このところ私と休みが合わず、一緒に新規公開の映画を観に行く機会のなかったかみさんと映画のハシゴをして来ました。 1本目はブラピ主演の映画「ワールドウォーZ」です。
クリックすると元のサイズで表示します
予告編を観ても何が起こっているのか良く判らなかったので観てみたのですが、ネタバレになりますが一言で言ってしまえば、今迄の作品とは少しばかり切り口の違う、いわゆるゾンビ映画でした。

特撮も凝っていますし、ストーリー性も悪くないのですがゾンビ映画の域を出ないというか、「ゾンビ」と「復活の日」を組み合わせたような展開にも新鮮さが欠けるというか・・・ まぁ、星は3つですね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ