2013/12/25

化学コンビナート見学  

来月のサウジアラビアでの出張では、砂漠の中の大型工業団地内の化学コンビナートを訪れる予定です。
クリックすると元のサイズで表示します
しかしながら、そのようなコンビナート施設は外から眺めることはあっても、中に入るような経験が無かったので、今日は茨城県鹿島にある化学会社の事業所を見学させて貰いました。

偶然ながら父が昔働いていた会社の事業所でもあり、精製される製品名には馴染みがあったものの、どのようなプラントで造られるものなのかが、ようやく分かったような気がします。
クリックすると元のサイズで表示します
施設内での写真撮影が禁止されていたので、帰りがけに港公園という場所の展望塔からコンビナート全体を眺めて撮影することが出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
鹿島のコンビナートは国内では最も新しいのだそうですが、それでも40年以上が経過し、生産拠点を海外に移す企業が多くなったこともあり、上下水等のインフラ関係では未だに当初想定していた稼働率を満たしていないのだそうです。

このコンビナートは太平洋に面しているので、東日本大震災の時には津波の襲来による被害があったとの事でした。 大惨事に至らなかったのが何よりだったと思います。 今日は天気が良く風も無かったので、絶好の見学日和となりました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ