2014/7/19

ちばから  ラーメンその他

今日の関東地方、曇り空で時折小雨の降る空模様ですが、実家の庭木の手入れをしなくては・・・と、単身朝から千葉方面に向かいます。

京葉道の千葉市付近で早目の昼時になったので、実家へ行く前に寄り道をして、市原にある「ちばから」という二郎系インスパイアでは名の知れたラーメン屋へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
開店時間直前に到着、開店は定刻に遅れること13分、なんとか10席しかないカウンターの隅に座れそうです。 券売機で「らーめん」を選択、麺硬めで注文。

後追加と呼ばれるトッピングは、ヤサイ、カラメ、ネギをコールして着丼です。
クリックすると元のサイズで表示します
トッピングのネギ以外にのっているのは、名古屋の「絆」を彷彿させる厚さ3cm近い大きなチャーシュー、モヤシ、キャベツです。

麺はやや太平ヨレ麺で硬めで注文したのにヤワヤワです。 スープは乳化して濁りとトロ味のある醤油味で丼底には、やはり名古屋の「ら・けいこ」のように出汁カスが残ります。

店主は二郎で修行されたと聞いていましたが、二郎の甘味の強いスープではなく、ドンや他のインスパイア系に多い濃い醤油味で私の好みの味です。 ただ平麺ゆえなのか、硬めであれだけ柔らかいと、麺が延びて食べ難いです。

モヤシはちょい茹で過ぎ感がありますが、ドンと同じ太いモヤシなので何とか飽きずに食べられました。 うーん、麺以外はハイレベルなのにラーメンの二大要素となる麺が全てをぶち壊した感じです。 平でない太麺なら良かったのに・・・

この日の晩、千葉では滝のような豪雨に祟られましたが、庭木の剪定は済んでいたので一安心でした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ