2015/1/10

院内探検  

心筋梗塞始末記12

リハビリプログラムも最終日。
クリックすると元のサイズで表示します
今日も緊急対応で回診が遅くなり、看護師さん達も忙しかったらしく、午後少し遅くなってからプログラムを実施、終了したことにより行動制限が解除になり、病院内を自由に移動することが出来るようになりました。

早速第2病棟を出て、先ずはエレベーターホールへ行ってみました。 ここはICUから上がってきた時に通りましたが、その時は何が何だか良く分からなかったので・・・ 病棟内の配置図で、ようやく自分のいる位置がどの辺りなのかが分かりました。
クリックすると元のサイズで表示します
リハビリを兼ねているので階段で階下へ、 5日間過ごしたICUの入り口は固く閉ざされていました。 その前にある待合室は薄暗くて狭くて・・・ 家族はどんな気持ちでここで過ごしたのだろうと思うと、何だか胸が締め付けられるような気がしました。

そして外来等一般入口を横目に見て救急搬入口へ、ここにあった1階の図面を見ても、自分が最初に運び込まれた処置室とICUの大部屋の違いが認識出来ませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
来た道を戻り、階段を上がりましたが、階段がとてつもなく辛い・・・ たかだか20段程の階段が、水平に数百m歩くのより格段に辛くて・・・ 息を整えるのに少しかかりました。

部屋に戻って横になっていたら・・・ 隣に看護師が集まって来て、馬鹿ジジイを別室へ移していきました。

正直少しホッとしました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ