2015/1/14

あの世からのメッセージ?  

心筋梗塞始末記(番外編)

救急病院を退院した翌朝、凍りつきそうな超寒い中、一番近い地元の大きな病院に心臓のフォローと、この際なので高血圧と糖尿治療もまとめて面倒をみてもらうため、朝8時半からの受け付け開始に合わせて病院にやって来ました。

総合受付で紹介状を渡し、循環器内科のハートセンターというところで呼ばれるのを待ちますが、平日とはいえ、予約なしの患者は後回し、結局12時10分位前になって呼ばれて診察室に入りましたが・・・

担当医師を見たところで、少し変な気分になりました。 その医師、昨年夏に亡くなった母方の叔父さんの若い頃の顔立ちに似ているのです。 そして口の悪い所も・・・

救急病院の医師が優しかったので、そのギャップもありますが、患者を脅すこと、こき下ろすこと半端ではありません。 正直ムカつきましたが、あの世の叔父からのお叱りのメッセージなのかもしれないと素直に聞いていました。

最終的には心臓を含めて面倒を見てくれることになり、お腹にガスが溜まって苦しかった薬も違う種類のものを出してくれました。 出社については、次回26日にレントゲンや心電図等の検査を踏まえて判断して頂けるとのことになりました。

自宅療養中は1日15分の歩行訓練を3セットこなすことの指示が出たので、その日の帰宅時から早速実践して来ました。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ