2015/4/17

秀逸ランチ  

今週は既に水曜日にテイクアウトランチの記事を掲載しているのですが、このところテイクアウトしているのが、何故か和のテイストが中心になっていたせいでしょうか・・・

無性にエスニック系のランチが食べたくなったので、出勤時に東京駅でGRANSTAのB1にある「mango tree kitchen(マンゴーツリーキッチン)」の「豚のガパオ(バジル炒め)」を買ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
店頭で手渡された時からガーリック臭がプンプンしていて、ビニール袋の口を縛っていたのですが、ほのかに香りが漂っていてランチタイムまで胃袋を刺激していました。

中身はようするに、豚粗挽き肉のニンニク炒めですが、赤い唐辛子片がまんべんなく散らしてあり、かなりの辛味があります。 目玉焼きがのっていて、緑色の葉野菜は種類の判別がつきませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
具はそれなりでしたが問題は米です。 細長いタイ米でしたが、冷えて固まっていて食べにくいことこのうえない。 冷えてもお美味しく食べられるお弁当ではなかったです。

温め直せば少しは美味しくなるのかもしれませんが、冷えても美味しい日本のお米って優秀ですよね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ