2015/8/2

月ノ魚  ラーメンその他

映画を見終わったら、昼過ぎになっていたので、シネコン近くの「月ノ魚」へ行き、「汐ソバ(鶏白湯)」にトッピング「鶏チャーシュー」追加、麺硬めで注文。 程なく着丼。
クリックすると元のサイズで表示します
脂分の無い鶏チャーシュー以外にのっているのは、甘く煮てあるスライス筍、三つ葉、麩、玉葱のみじん切りです。 麺はヨレはありますが細いほぼストレート麺、スープは鶏の旨みが良く出た白湯ポタージュです。

美味しかったですが、私にはもう少し濃い方が麺にスープが絡んで好みかなぁ・・・ 鶏チャーシューも淡白なので、もう少しインパクトが欲しいところです。
0

2015/8/2

ミニオンズ  映画・ドラマ

2本目は、一昨日から公開されたアニメ映画「ミニオンズ」です。
クリックすると元のサイズで表示します
最近のアメリカアニメは立体感が良く出ています。 画に奥行きがあるので、キャラクターの動きに躍動感が感じられます。
クリックすると元のサイズで表示します
ついでに観た作品でしたが、1本目に観た映画よりも純粋に楽しめました。

キャラクターのセリフがスペイン語?なのか、私には良く分からなかったので雰囲気で察するしかありませんでしたが、表情がもう少し豊かに描かれていると、より楽しめたかもしれません。 星は3つです。
0

2015/8/2

進撃の巨人 実写版  映画・ドラマ

埼玉県央部、今日も過酷な暑さです。 学校等の夏休みも中盤に差し掛かり、新作映画の公開が続きます。 今日は地元シネコンで映画をハシゴして来ました。 1本目は昨日からロードショーになった映画「進撃の巨人」です。
クリックすると元のサイズで表示します
公開初日の昨日の時点で既にネット上には多くの酷評が掲載されていて、正直観に行くか悩んだのですが、観ないと評価は出来ないので・・・ 例によって・・・って、原作マンガがアニメ化もされて有名なので・・・

配役、俳優の演技力、監督の評価等、確かに世間の評価にもうなずける部分が多分にあります。 ただ、そもそも日本人が外国人を演じている時点で、原作とはかけ離れてしまうことぐらいは理解して観なくてはと思っていました。

そういった意味で、私は「進撃の巨人」という日本人の演じる海外作品の舞台を観に行ったのだと思うようにしました。 舞台スペースが限られているので演出の関係から原作マンガやアニメのようなスケール感や表現が出来ないために・・・

様々な制限がある舞台を観てると思えば、設定とか街並みや背景だとかというようなものはさておいて・・・ あとは表現力次第、って・・・この時点で皆さんこれはどうなんだ?と思うでしょ?

進撃の巨人が実写化されるにあたって注目するのは、やっぱり立体機動装置を使った空中戦をどのように描くかでしたが、ハリウッド映画の得意とするSFXに対して、この映画の中では未だに特撮でしかありませんでした。

つまり言葉は悪いですが、とても雑でチャチというしかなくて、アベンジャーズ等のアクション物の表現力に比べると、あまりにもレベルが違い過ぎます・・・ こんなことなら最初からハリウッドに任せれば・・・って思いました。

テレビドラマの映画化であれば、ドラマの雰囲気と世界観を踏襲したスケール感なのは致し方ないと思って観ていられますが・・・ オリジナル映画作品として観るには完成度が低すぎる感が拭いきれません。

原作やアニメとは同じ題名の違う時間軸の作品と割り切るしかなかったです。 厳しいですが星は1つ、9月に公開予定の後篇は恐らく観に行かないでしょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ