2015/9/4

出発  映画・ドラマ

定時に仕事を終えて帰宅後、シャワーを浴びてから旅行準備を確認し、20時10分に埼玉県央部を出発。

今回は、裏近畿から北陸方面を2泊5日で城、神社、景勝地、ダム、古刹等を巡りつつ、B級グルメを堪能する旅になります。

圏央道の北本桶川ICから高速に入り、東名、新東名、伊勢湾岸、東名阪、名神、中国自動車道を経て、播丹連絡道路の 和田山ICで下りて、最初の目的地である兵庫県朝来市の立雲峡を目指します。

夕食を食べていないので21時11分、途中の圏央道の厚木PAに初めて寄り、
クリックすると元のサイズで表示します
日本各地のB級グルメが食べられるという「B-1グランプリキッチン」で、
クリックすると元のサイズで表示します
福島の「なみえ焼きそば」と、名古屋勤務時に食べられなかった三重の「津ぎょうざ」を食べてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
焼きそばは、バラ肉こそ多いものの他の具はモヤシだけ、麺は普通の焼うどんをソース多めにしたものでした。 本場物もこんなかんじなのでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
津ぎょうざは大きさに圧倒されますが、それ以外に特徴は無く、
クリックすると元のサイズで表示します
単純に具の多い揚げ餃子でした。

23時15分、
クリックすると元のサイズで表示します
トイレ休憩で寄った静岡SAの「天神屋」で、少し早目の夜食に「静岡おでん」を食べてみました。 当初はもう少し先の浜松SAにある天神屋で食べるつもりだったのですが、浜松SAの「天神屋」が閉店しているとの情報があったので・・・
クリックすると元のサイズで表示します
静岡おでんは、聞いていたより汁も薄くて黒はんぺんも玉子も無くて、代わりに厚焼き玉子をとりましたが、甘くてもて余してしまいました。

この後も、01時15分刈谷PA着、名古屋めしが懐かしくなって土産に「味噌煮込みうどん」と「つけてみそ」を購入。
クリックすると元のサイズで表示します
東名阪の信楽あたりから山間部に霧が出てきたので、雲海の竹田城に期待が膨らみます。

朝方04時25分頃に給油で寄った加西SAのフードコートで、
クリックすると元のサイズで表示します
朝食に兵庫県長田名物の「月見ぼっかけ丼」を食べてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
甘い牛肉辺がほんの少し、圧倒的にコンニャクが多く、これも殆ど持て余してしまいました。

SAを出たら夜が白々と明け始めていたので、真っ直ぐ最初の目的地である立雲峡へ向かいます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ